顔ニキビは場所ごとに原因がある!効果的に治す5つの方法と6つの予防法!

顔のニキビは、誰にでも起きえるできものです。そして、できてしまうと気になってしまい、ついつい触りたくなってしまいますよね。しかし、できてしまった顔ニキビを触ると悪化してしまい、ニキビ跡ができてしまうかもしれません。そこで今回は、顔にニキビができる原因やできる位置ごとの意味、効果的に治す方法、ニキビ跡を残さないためのポイント、顔ニキビを予防する方法を紹介します。

目次

顔にできてしまったニキビをキレイに治したい

顔は、人とコミュニケーションを取る際に、印象を決める部分になります。表情によって相手に与える印象が変わったりしますが、顔色や肌の状態でも、相手に与える印象が変わります。

顔のニキビには、思春期ニキビや大人ニキビなどがありますが、ニキビが1つでもできてしまうと気になってしまいます。ニキビを治したいと思っていても、対処法を間違えてしまうと、ニキビ跡として残ってしまう可能性もあるので、気をつけなければなりません。

そこで今回は、顔にニキビができるメカニズムとニキビをキレイに治す方法、ニキビの予防方法などについて紹介します。

顔にニキビができる原因は?

顔ニキビには、思春期ニキビや大人ニキビなどがありますが、ニキビができてしまう原因はいったい何でしょうか。原因をつきとめて、顔ニキビができにくい肌を目指しましょう。

糖質や脂質の摂り過ぎによる「食生活の乱れ」

食生活の乱れは、顔のニキビをつくる原因の1つとなります。特に、甘いお菓子や揚物、カップラーメンなどをたくさん食べてしまうと、皮脂分泌を増やしてしまい、ニキビはできやすくなってしまいます。糖質や脂質の摂取のし過ぎには、十分注意が必要です。

栄養バランスの良い食事は体の健康につながりますが、もちろん肌の調子にも大きく関わりますので、意識して栄養バランスを考えましょう。ビタミンは肌の調子を整える栄養素になるので、特に緑黄色野菜をたっぷり摂取するようにしましょう。

「アクネ菌」や「マラセチア菌」が増殖しやすい毛穴詰まり

顔ニキビができてしまう原因の1つは、雑菌の繁殖と言われています。特にニキビの原因菌と広く知られているアクネ菌やマラセチア菌と呼ばれる雑菌が、主な原因と言われているのです。

アクネ菌やマラセチア菌は、すべての人の皮膚に住む常在菌と言われる細菌の一種になります。しかし、これらの菌がいるだけでは、ニキビが発症するわけではなく、いくつかの条件が揃ってニキビができてしまうのです。

アクネ菌やマラセチア菌は空気に触れることが苦手で、空気に触れやすい環境での増殖はないと言われています。角栓で出入口を塞いだ毛穴の中は、空気に触れることがないので、好んで住み着いてしまいます。

そして、アクネ菌やマラセチア菌は油脂をとても好む性質で、毛穴の中は皮脂が溜まっていく場所にもなりますから、これらの菌にとって住み心地の良い場所になってしまうのです。

また、肌の乾燥と男性ホルモンも、アクネ菌やマラセチア菌の繁殖に大きく影響すると言われています。乾燥によって角質層の水分が失われてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、角質が剥がれ落ちるようになります。

さらに、男性ホルモンがプラスされることによって、皮脂分泌を促し、乾燥から肌を守ろうとして肌表面に皮脂膜を張ってしまい、雑菌が増殖するための環境が揃ってしまうのです。

顔ニキビのできる位置にどんな意味があるの?

顔のニキビはできる位置ごとに、なぜニキビができるのか原因が分かります。自分のニキビは顔のどの部分にできやすいのかを把握し、ニキビができる原因を取り除けば、顔にニキビができにくくなります。ぜひ、顔のパーツごとでニキビができる原因を知っておきましょう。

おでこのニキビ:皮脂の分泌多く、前髪で湿気が多い

おでこは、通常よりも皮脂が多く分泌されやすい、Tゾーンに当たると言われています。紫外線などを直接受けやすく、肌へのダメージが刺激になり、皮脂がより多く分泌することにつながります。

そして、前髪でおでこが隠れることによって、湿気が多くなりやすく、ニキビができやすくなります。おでこにニキビができると見られるのが嫌で、つい前髪でニキビを隠していませんか?気になるのは分かりますが、おでこに余計ニキビが増えてしまうので、おでこを出したほうが良いでしょう。

肌を清潔に保つことは大事ですが、肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、体がより多くの皮脂を出そうとします。洗い過ぎは乾燥の原因になりますので、おでこの洗い過ぎには気を付けましょう。

その他にも、洗顔後に洗顔料をキレイに洗い流せていない時や、頭を洗った後のシャンプーやトリートメントなどがおでこについたままになってしまった時も、おでこにニキビの原因になってしまうので、気を付ける必要があります。

鼻のニキビ:凹凸に皮脂が溜まりやすい

鼻は、おでこと同じく皮脂の分泌量がとても多く、毛穴も奥が深いため、皮脂がたまりやすい部位になります。鼻を触る癖がある人は、その刺激がニキビを起こす原因になると言われています。

また鼻は、顔のパーツの中でも凹凸のある部位になるので、そこだけ洗い残しがあったり、ファンデーションや日焼け止めクリームなどが落ち切らなかったり、洗顔料がくぼみに残ってしまったりしやすくなります。

これらのような、肌のダメージや鼻を掻いたり触ったりしてしまうと、ますますニキビができやすくなるため気を付けましょう。

頬のニキビ:皮脂分泌量が少ないため刺激に弱い

頬は、通常よりも皮脂の分泌量が少ないUゾーンに当たりますが、紫外線の刺激やホルモンバランスの崩れが原因で、ニキビができやすくなります。また、皮脂の分泌が少ないため、ちょっとした刺激でも傷がつきやすい部位になり、ニキビができやすくなります。

頬の洗い過ぎによる影響や洗顔料、化粧品の洗い忘れなどの肌へのダメージが蓄積し、肌へのダメージが刺激になってしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。頬にできたニキビを髪の毛で隠そうとすると、頬が髪の毛で擦れて刺激を与えてしまい、悪化させてしまうので注意が必要です。

また、寝具の雑菌がニキビをつくる場合があるので、シーツや枕カバーなどをこまめに洗う、除菌するなどしてニキビの原因を取り除いたほうが良いでしょう。その他にも、頬杖をつく習慣の人は、手の雑菌が頬についてしまい、ニキビにつながる可能性があるため、注意が必要です。

あごのニキビ:男性ホルモンの影響を受けやすい

あごは頬と同じく、通常よりも皮脂の分泌量が少ないUゾーンに当たり、皮脂の分泌が少ないため、肌が傷つきやすくなります。特に男性の場合、カミソリによる刺激が肌を傷つけてしまい、ニキビができやすくなると言われているのです。

他にも、あごの洗い過ぎによる影響や洗顔料、化粧品の洗い忘れなどが肌へのダメージを蓄積させ、肌へのダメージが刺激となってしまい、ニキビができやすくなるのです。

また、あごは男性ホルモンの影響を受けやすいと言われており、女性でも生理前は男性ホルモンの影響を受けて、ニキビができてしまったり、悪化したりするので、ホルモンバランスにも気を付けたほうが良いでしょう。

顔ニキビを治す効果的な5つの方法

不摂生な生活や気温の変化、食生活の乱れなどでも顔にニキビができてしまいすが、これらが原因でできるニキビは、規則正しい生活を心掛けることで、自然とキレイな肌になります。

しかし、なかなか治らなかったり、ニキビが増えてしまう時などは、普段の生活習慣の中で自然とニキビができやすい行動をしているのかもしれません。顔ニキビを治す効果的な方法を紹介しますので、自分の生活習慣と照らし合わせてみてくださいね。

1.寝具やタオルなどの身の回りのものを清潔にする

枕カバーや寝具、タオルなどには、雑菌が多数繁殖しており、清潔にしていないと、顔のニキビの原因になってしまいます。できれば2日に一度は洗濯し、清潔に保ってニキビの悪化を防ぎましょう。

また、携帯電話やスマートフォンにも雑菌が多く付着しています。携帯電話やスマートフォンをよく触ったり、よく通話をする人は抗菌作用のあるウェットティッシュなどでこまめに拭くようにして、清潔に保ちましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

2.顔に髪の毛がかからないようにまとめる

髪の毛が顔にかかっていると、その部分は特にニキビができやすくなります。また、洗髪した際のシャンプーやトリートメントなどの洗い残しや、整髪料が刺激になってしまい、ニキビが治りにくくなってしまいます。

ニキビができた時に、髪の毛で隠そうとするのは逆効果ですので、ニキビを治す時には、前髪をあげたり、髪の毛をまとめるなどして、なるべく髪の毛が顔にかからないようにしましょう。

3.薬を塗って炎症を抑える

顔にできるニキビは、生活習慣を改善することやスキンケアを正しく行うことで、自然と治ると言われています。しかし、大事な用事などがある2日前にニキビができてしまって、自然に治るのを待つのは大事な用事に間に合いません。

赤みを伴うニキビには、一晩塗るだけで炎症が治まる効果が期待できる、軟膏を使用してみましょう。ドラッグストアなどで販売しています。しかし、薬を塗ってもニキビが治らなかったり、逆にひどくなってしまうようでしたら、薬の使用は控えたほうが良いかもしれません。

4.フェイシャルエステで肌をキレイにする

生活習慣を改善したり、薬を塗ったりしても、顔のニキビが治らない場合は、フェイシャルエステを利用しても良いかもしれません。特に、ついついニキビを触ってしまって、ニキビ跡になってしまった肌などは、自分自身でキレイに治すことは難しいので、フェイシャルエステでリセットしてみましょう。

フェイシャルエステをすることで、正しいケア方法やニキビを予防する方法などを教えてくれるので、自分の肌の状態を知ることもできます。施術費が多少かかり、コスト面で負担になりますが、顔ニキビによるストレスから解放されますよ。

5.皮膚科で薬を処方してもらう

ニキビで病院というと、あまり結びつかない人もいると思いますが、顔ニキビは皮膚科での治療を行うことができます。保険適用内で外用薬や内服薬を処方してもらうこともできるため、市販薬よりも効果に期待でき、フェイシャルエステよりコスト面で負担になりません。

皮膚科は肌の専門家になりますので、自分の肌がどうゆう状態なのか、なにが原因でニキビができるのかをアドバイスしてくれます。時には、保険適用外になりますが、レーザー治療などでニキビ治療を行ってくれます。

なかなかニキビが治らない、ひどくなってしまうと悩むようでしたら、一度皮膚科を受診して、相談してみても良いかもしれません。

顔にニキビ跡を残さないための3つのポイントは

顔にニキビができて、ついつい間違った行動をしてしまうと、ニキビが治っても、ニキビ跡が残ってしまい悩みが尽きません。顔にニキビができてしまっても、間違った行動をしないよう、ニキビ跡を残さないためのポイントを押さえましょう。

1.ニキビがかゆい時でも掻かない!

顔にニキビ跡を残さないためにも、ニキビがかゆい時でも掻かないようにしましょう。ニキビのかゆみの原因で最も多いのが、肌の乾燥と言われています。

エアコンの効いた場所に長時間居たり、パウダーファンデーションをこまめに塗っている人などは、肌の乾燥が増強されるため、かゆみが発生しやすくなります。また、手で肌を触ったりすることで、手についている雑菌が無意識にニキビを刺激し、かゆみを誘発してしまうこともあります。

手は一番ものを扱う場所で、清潔にしているつもりでも実際はたくさん雑菌がついています。そんな手でついついニキビを掻いてしまうと、余計ニキビが悪化してしまうのです。

乾燥などによってニキビがかゆいと感じた時には掻こうとせず、肌の乾燥を防ぐため、保湿クリームなどを利用して保湿を心掛けましょう。どうしてもかゆい時には、患部を冷やしてかゆみを和らげる方法もあります。間違えて患部を温めてしまうと血管が拡張し、余計かゆみを感じるので気を付けてくださいね。

2.顔の洗い過ぎは厳禁

ニキビ跡を残さないためにも、正しい洗顔方法をマスターしましょう。まず、手に付着している雑菌を洗い流し、顔を水で素洗いします。そして、洗顔料をしっかり泡立てて、指が肌に触れないよう泡で洗うつもりで優しく円を描きながら洗います。

一通り顔を洗ったら、泡が残らないようにしっかりとすすぎます。髪の生え際など特に注意してすすぎましょう。最後にタオルを顔に当てるように水気を取りましょう。

ゴシゴシ強くこすって洗っていたり、しっかり泡立てず指で洗ったりしていると、肌にダメージを与えてしまい、ニキビ跡が残る場合があります。また、肌に合わない洗顔料を使い続けていたり、1日に何回も洗顔料を用いて顔を洗っていても、肌に負担をかけているので、ニキビ跡が残ってしまいます。

肌に負担をかけない洗顔が、ニキビ跡を残さないポイントになりますので、今自分が行っている洗顔方法と照らし合わせて、改善する部分は改善しましょう。

3.洗顔後は必ずスキンケアを行いましょう

洗顔をしっかり行ったら、スキンケアも必ず行いましょう。肌の乾燥はニキビができる原因になりますので、必ず化粧水をつけて肌を保湿しましょう。

化粧水をつけないと肌が乾燥してしまうため、皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。洗顔後は必ず化粧水や乳液などを利用して、保湿を行いましょう。

また、できているニキビに紫外線が当たってしまうと、肌の深いところまで傷つきニキビ跡が残ってしまうと言われています。少しの日焼けでもニキビ跡につながってしまうので、日焼け止めを塗ったり、日傘を差すなどして、紫外線対策をしっかり行いましょう。

顔ニキビを予防するための6つのポイントは

顔ニキビは目立ってしまうので、予防できるのであれば予防したいですよね。顔のニキビを予防するためのポイントを押さえていきましょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1.洗顔料をしっかり洗い流す

正しい洗顔方法で洗顔したら、泡が残らないよう、しっかり洗い流しましょう。特に、髪の生え際やあご部分には、泡が残りやすいため注意が必要です。

2.化粧品は油分が少ないものを選ぶ

化粧品の油分が原因で、ニキビができてしまう場合があるため、化粧品は油分の多いクリームなどは使わないほうが良いでしょう。しかし、ニキビを予防するためには、保湿を必ずしなけれないけないので、オイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

特に、「ノンコメドジェニック」や「ハイポコメドジェニック」という表示があるものを選ぶと、ニキビができにくくなるのでおすすめです。

3.クレンジングはミルクタイプかジェルタイプがおすすめ

クレンジングは油分の多いオイルタイプではなく、できるだけミルクタイプのクレンジングか、ジェルタイプのクレンジングを選んだほうが良いでしょう。オイルタイプを使用する場合には、油分が肌に残らないようにしっかりと「乳化」して、クレンジングのすすぎと洗顔を行いましょう。

オイルタイプのクレンジングを使用する時の「乳化」は、メイクとオイルをなじませた後に、ぬるま湯で濡らした手で優しく顔をクルクルとなでて、オイルが白く濁った色に変わることを言います。この状態で化粧落としを行い、ニキビ予防につなげましょう。

4.代謝を上げて身体を冷やさないようにする

体温が低くなってしまうと、代謝が悪くなり、老廃物が身体の中に溜まりやすくなります。老廃物が身体の中に溜まってしまうと、肌のターンオーバーに影響が出てしまい、毛穴に皮脂がたまりやすくなって、ニキビができやすくなってしまいます。身体はできるだけ冷やさないようにして、代謝を良くしましょう。

5.睡眠の質を上げて成長ホルモンの分泌を促す

私たちの身体は、睡眠から3時間経った後に「成長ホルモン」と呼ばれる、肌に有益な栄養が最も多く分泌されると言われています。この「成長ホルモン」がしっかり分泌されるためには、3時間経ってもぐっすりと眠れているのが条件ですので、睡眠の質を良くすることを心がけましょう。

6.ストレスを溜めないように気分転換を

私たちはストレスを感じてしまうと、身体の中でアドレナリンと呼ばれるストレス対抗ホルモンを作り出します。その時アドレナリンと一緒に、男性ホルモンも生み出してしまいます。男性ホルモンは皮脂の分泌を増やして、ニキビを作る原因となります。

ストレスを溜めなければ、ニキビの予防につながりますので、普段からストレス解消のために気分転換をするよう心がけましょう。

清潔な環境を作って顔ニキビを予防しよう!

顔にニキビができてしまう原因や、できた時に治す効果的な方法、予防方法などを紹介してきましたが、普段の生活と照らし合わせてみると、自分になぜニキビができてしまうのか、分かったのではないでしょうか。

ニキビを治す、もしくは作らないためにも正しい洗顔を行い、身の回りを清潔に保つようにすることが大事です。そしてニキビが気になったり、早く治したいと思うのなら、早めに皮膚科を受診してみても良いかもしれません。できるだけ身の回りの雑菌を減らし、ニキビで悩まない生活を送りましょうね。

合わせて読みたい!