鼻脱毛は必要?黒ずむ原因は無駄毛にあった!?ボツボツ毛穴も綺麗になるサロンや医療レーザーの気になる効果について紹介!

鼻脱毛と言うと鼻毛の処理と言ったイメージですが、鼻の頭や鼻下等の無駄毛も気になるところです。鼻の頭は黒ずみやすく、その原因が無駄毛にある場合もありますから、ボツボツ毛穴を綺麗にするには脱毛が良いかもしれません。オススメの脱毛サロンやクリニックを紹介しています。

鼻の脱毛は必要か?

鼻の脱毛と言うと、鼻毛を脱毛すると言ったイメージですが、ここでいう鼻の脱毛は鼻の中ではなく、表に見える範囲での無駄毛です。鼻をじっと見てみると、鼻の頭に産毛程度でも毛がびっしりと生えているものです。

1本1本では特に短くて目立たない存在ですが、これが何百本にもなってくれば鼻が黒ずんだ状態で見た目も良くありません。そこで脱毛をする必要があるのです。とは言っても産毛程度の無駄毛を効率的に処理出来る方法なんてあるのでしょうか?

ここでは鼻の脱毛について、黒ずみとの関係や医療レーザーとの関係について紹介します。

鼻の脱毛について

ボツボツ毛穴が綺麗になる!?

鼻の頭を見るとボツボツと黒い点々がある人もいるでしょう。これはいちご鼻とも呼ばれ、いちごのつぶつぶのような見た目なのでそう呼ばれているのです。いちごはおいしいですが、鼻の頭がその状態になっているのはあまり良い印象を与えません。

これは加齢等で毛穴が開いてしまって、そこに皮脂や埃が溜まって酸化してしまい、黒ずんでいる状態です。毛穴の中まで入り込んでいるのでなかなか取り除くことが出来ないのです。レーザー脱毛や光脱毛によって毛穴がきゅっと引き締まることでボツボツ毛穴が綺麗になると言われています。

しかし本当にキュッと閉じることはないのですが、毛本来が無くなることで引き締まった感じになって、ボツボツ毛穴も目立たなくなり、肌質が改善されたように見えるのです。つまり脱毛によって完全に毛穴美人になれたと言うわけではありませんが、気持ち的に明るくなるので血流も良くなり、それが美容効果をアップして肌質を改善してくれるのです。

産毛でも脱毛出来る?

自己処理での脱毛と言うと、脱毛ワックスがありますが、この方法では細くて短い産毛でも正しい塗り方で処理をすることによってしっかりと取り除くことが出来ます。一方レーザー脱毛や光脱毛は照射による脱毛であり、黒いものに反応するように設定されています。

その為、産毛程度の毛では反応せずにそのまま残ってしまうことも考えられます。産毛を取り除きたいのであれば出力を上げることになり、それが可能なのがクリニックによる医療レーザー脱毛です。ただし出力が上がると言うことはそれだけ効果は出るものの、肌への負担も増えるので、敏感肌や痛みに弱い人は避けた方が良いかもしれません。

ワックスを利用する

ワックス脱毛と言うと、ブラジリアンワックスで鼻毛を脱毛すると言うのが注目されています。鼻の中は粘膜で出来ているので毛を引っこ抜く等強い刺激を与えることはNGであり、又、外部からの侵入者をシャットアウトさせる働きがあることからも、脱毛するよりもカット程度に控えておくことが推奨されます。

一方鼻の頭等に産毛程度でも生えてしまっている場合、これを何とか脱毛したいと思っている人も多いでしょう。レーザー脱毛や光脱毛、そしてワックス脱毛も可能です。ただしちょっとした刺激で毛穴が開き、黒いボツボツが出やすい部位なだけに慎重に行うことが大事です。

ワックスは無理やり毛を引っこ抜くので、赤く腫れやすくなりますから、処理後はしっかりと保湿ケアをして肌を冷やし、潤いを与えてあげてください。

脱毛クリームで処理する?

脱毛クリームは毛を溶かして除去すると言う働きを持っているので、タンパク質である毛髪を溶かすと言う意味では、同様にタンパク質から出来ている皮膚も溶かしてしまうことになります。元々皮膚の弱い顔は出来るだけ脱毛クリームは使わない方が良いのです。

ただし、鼻の頭の場合、産毛除去とともに古い角質を取り除くことでボツボツ毛穴が目立ちにくくなったりとメリットもあるので、一概にダメとも言えません。とは言っても健康な肌にもダメージが出てしまうリスクもありますので、出来れば控えた方が良いかもしれません。元々デリケート肌の人は他の方法で処理するようにしましょう。

鼻脱毛と黒ずみの関係

鼻が黒ずむ原因

鼻の黒ずみは顔のパーツの中でとても目立つので何とかしたいと考えている人も多いでしょう。気になって毛穴パックをしたりするのですがなかなか上手く黒ずみが取れない、なんていう人もいます。なぜ、鼻の黒ずみが出来てしまうのでしょうか?

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

原因としては、毛穴に皮脂や汚れ、埃が入り込んで酸化してしまう、紫外線や肌への刺激によって肌のターンオーバーが狂ってしまい、毛穴の汚れが取れずに黒ずんでしまうと言ったことが考えられます。そして顔の産毛が毛穴を黒く見せてしまうと言うこともあるのです。

脱毛で黒ずみ解消になる?

顔の産毛が毛穴を黒く見せてしまうと言うことなので、脱毛をすれば黒ずみ解消に繋がるのではないかと考えます。実際に顔脱毛で肌のトーンがアップし、毛穴が目立たなくなったと言った事例は数多く報告されていますから、鼻の頭の脱毛は効率的と言えます。

それ以外にも皮脂の酸化や紫外線によるダメージ対しても多少良い影響はあるようです。つまり鼻脱毛をすることは、脱毛本来の目的だけでなく、エステ効果も期待出来ると言うことから注目されています。特に脱毛サロンでは、顔脱毛をすることでターンオーバーを促進させて、古い角質を柔らかくして新しい皮膚を再生させる働きもあります。

鼻脱毛で黒ずみ解消は可能なのです。しかし、脱毛エステでの施術では出力が弱いのでなかなか産毛が脱毛出来ないと言った難点もある為、その事を十分理解した上で脱毛を行うことが大事でしょう。

脱毛サロン「ディオーネ」で鼻脱毛するメリットは?

光脱毛は出力が弱い点で、産毛を脱毛するのは困難だと言われています。しかし、中には顔脱毛が充実している脱毛サロンもあります。それが、「ディオーネ」なのです。特殊な光を当てて脱毛をするのですが、その光に無駄毛を生えにくくする効果と美肌効果が含まれています。

痛みに敏感でデリケートな方やアトピースキンであったり、ニキビがある方へスキンケアも丁寧に行うのがディオーネのこだわりです。毛深いのが気になっているお子様でも通えるくらい、肌への刺激が少ないのも魅力です。毛のある所ぎりぎりのきわまでお手入れが出来て、産毛にも強い脱毛力と言うのですから、試す価値はあります。

産毛の鼻の脱毛に迷っていたら、ディオーネを体験してみましょう。

医療レーザーと鼻脱毛について

鼻の黒ずみがあるとレーザー脱毛出来ない?

光脱毛はエステ効果も望めるので、鼻の黒ずみにも効果があると期待されているのですが、レーザー脱毛の場合はどうなのでしょうか?黒ずみがあるとレーザー脱毛出来ないのでしょうか?一般的にレーザー脱毛による光の照射は黒い物に反応するので、毛に対して効果があると言われています。

しかし、日焼けによる黒さや皮膚疾患等がある場合はその部分にも反応してしまうので注意が必要なのです。鼻の黒ずみに対しては特に規定は無く、脱毛サロンと同様に毛穴の汚れが取れて毛穴も引き締まるようです。出力が強いと肌が弱い人にとってはトラブルを引き起こすことになるので、カウンセリング等を通して施術を勧めるようにしてください。

鼻下脱毛は医療レーザーが良い理由

鼻の頭だけでなく、鼻の下の無駄毛も気になるところです。しかし脱毛サロンか医療レーザーかで迷ってしまう人も多いのです。どちらかと言うと、医療レーザーの方が良いとされています。鼻の下の脱毛は範囲が狭いので、少ない回数で効果のある医療レーザーの方がオススメだからです。

確かに脱毛サロンよりも医療レーザーの方が痛みがありますが、麻酔クリーム等がありますから痛い時には塗ってもらえるので、痛みを緩和出来ます。炎症を起こした時も医師が監修していることもありすぐに対応してくれるのも便利な点と言えるでしょう。

回数も少ないことで逆に費用も安くなることもあるので鼻の下脱毛は、医療レーザーがオススメです。

鼻脱毛にオススメのクリニック紹介

では一体どこに通えばいいのかと言うのも迷うところです。そこで鼻下脱毛にオススメなのがアリシアクリニックです。冷却ジェルと麻酔クリームがあるので、肌への負担と痛みを緩和してくれて、術後の炎症止め軟膏もありますので、自宅でケアすることが出来ます。

湘南美容外科でも、冷却システムが導入されているので施術中に痛みを感じることなく脱毛が出来ますし、それでも痛い場合には麻酔クリームや麻酔テープがありますので、利用出来ます。術後も炎症止め軟膏があるのでアフターケアも万全です。

自分に合ったクリニックを探してみましょう。

まとめ

いかがですか?鼻の脱毛と言うと、鼻毛の脱毛をイメージしますが、鼻の頭や鼻下の無駄毛も気になるところです。毛穴の黒ずみが気になる鼻の頭も、脱毛によって解消されることもあるので、鼻の美容トラブルを気にしている人は思い切って脱毛を考えてみてはどうでしょうか。

産毛程度でも密集することで肌質は悪くなってしまうので、脱毛とともに綺麗な肌を手に入れてください。

合わせて読みたい!