脱毛は前処理が必要!?どの程度すればいい?デリケートなvio処理の仕方や便利な「3つ」のアイテムをご紹介!

脱毛施術を行う場合、前処理が必要です。シェーバーで剃るのが一般的ですが、一体どの程度まで処理したらいいのでしょうか?目安となる程度やデリケートなvio処理の仕方、便利な3つの処理アイテムを紹介しています。施術当日に肌荒れしないようにダメージの少ない処理方法が良く、紹介している商品は、コンパクトで手軽にできる利点の多い人気のアイテムです。

脱毛は前処理が必要!?

女性は美意識が高く、無駄毛はとても邪魔な存在です。男性よりは濃くはないものの、うぶ毛程度でも出ていると、肌がくすんだ感じになり、見た目的にも良くありません。カミソリやシェーバーでのセルフ脱毛では綺麗に処理出来ない上に、肌荒れを起こしてしまいがちなので、出来ればクリニックや脱毛サロンに通うことが理想でしょう。

施術者が脱毛を行ってくれるのですが、全てを任せるわけではなく、脱毛施術を受ける前に、自分で処理する前処理が必要になってきます。「これは本当に必要なのか?」と疑問に思うでしょう。結論から言うと前処理は必要です。長い毛は施術の際の邪魔になってしまうので適度な長さにする為には大事なことです。

ここでは前処理について、どの程度行えばいいのか、vio脱毛の前処理はどうするのか、前処理に便利なアイテム等を紹介します。

脱毛の前処理について

シェーバーで処理する

脱毛の前処理は、大体の場合がシェーバーで行うことが一般的です。シェーバーで剃ってある程度の長さになってから施術を行うのです。カミソリやシェーバーは多くのお店で売られていますしコストも安いので便利です。T字カミソリだと初心者でも手軽に剃ることが出来るので、使ってみると良いでしょう。

ただし、刃を使った処理で、肌との密着度が高いのでどうしても肌を傷つけてしまいます。素剃りではなく剃る際にはシェービングジェル等を塗ってから行うようにしてください。肌が荒れた状態での施術は痛みが出たり、肌トラブルの原因になりますので、慎重に前処理を行いましょう。

何日前から行う?

脱毛施術の前に前処理を自分で行うのが一般的な方法ですが、それを行うのは施術の何日前からやるのが良いのでしょうか?もしも毛を剃っていないとその部位の脱毛効果が思うように出なかったりするので、あまり効率的ではありません。その為、事前に前処理をお願いしている所も多いのです。

もしもそのままの状態で当日を迎えたのであれば、サロンの方で処理をすることになりますが、ちょっと恥ずかしいので出来れば自分で前処理をした方が良いかもしれません。理想なのが、施術当日予約の1~3日前が理想です。毛を剃ると角質も一緒に剥がれてしまい、肌ダメージがありますから、当日に剃るとダメージを受けた状態での施術となってしまいます。

脱毛によってより一層強い刺激を受けるので、肌トラブルは避けられません。1日前ならば回復期間があるので、1~3日前を目安に処理してください。

剃り残しが出てきたら?

自己処理でシェーバーを使って剃っていくと、その時は完璧な処理が出来たと思っても、いざ見てみると剃り残しがあったりムラになっていたりすることもあります。こんな状態で施術を断られてしまうのではないかと不安に思うでしょう。

しかし、剃り残しがあっても心配いりません。なぜなら、残った部分は施術者が前処理をしてくれるからです。サロンでも前処理はしてくれるのですが、vioライン等のデリケートな部分は恥ずかしいので、早めに施術を終えたいはずですから、前処理は自身で行いたいと思うのです。剃り残しを無くすには徹底した前処理が必要です。

何度かチェックして剃り残しが無いか確認しておくと良いかもしれません。

前処理はどの程度すればいいの?

わきの下の場合

わきの下は皮膚が薄く、とてもデリケートな部分なので、カミソリしゃシェーバーの刃によってかなり傷ついてしまいます。施術の2~3日前から自己処理を行い、毛の流れに沿ってシェービングしていきます。この時毛抜きを使う人もいますが、これは肌へのダメージが大きく、施術の際に肌トラブルを引き起こすのでNGです。

又、ワックス脱毛においても同様です。必ずシェーバーで行うようにしてください。施術にはある程度の長さの毛が必要になるので、当日の2、3日前となるとその間にある程度の毛が生えてくるのでこれを目安に前処理をしていきましょう。

vioラインの場合

vioラインの脱毛事前処理は、電気シェーバーがオススメです。vioラインは無駄毛が長いと言った特徴があるので、シェーバーで行うと絡んで肌を痛めてしまうことになります。その為、一度ハサミでカットしてからシェーバーで剃っていきます。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ある程度の長さになって光照射によって施術が可能になるので、当日は肌荒れの恐れもあり、絶対に行わないことです。大体2、3日前を目安に行うようにしてください。特にiラインやoラインは目に見えない箇所なので、鏡を使って行うと便利です。

手足の場合

デリケートゾーンや背中等に比べると、自身で見ることが出来る手足の前処理は割と簡単です。シェーバーを使って処理していきます。勿論剃り残しが見られることもありますが、その際にはスタッフがきちんと剃ってくれるので安心です。

とは言っても若干恥ずかしい気持ちもあるので、手足の無駄毛は見える範囲ですから、出来るだけ自己ケアで完全に処理しておいた方が良いかもしれません。当日よりもある程度時間を置いた方が毛が伸びていて、それが脱毛効果を上げることになるので、1~3日前には自己処理をしておきましょう。

vio脱毛の前処理はどうする?

vラインの場合

vラインの無駄毛処理はハサミを使って行います。短く毛をカットしていくのです。毛が長いまま電気シェーバーを使ってしまうと、毛が絡まって余計肌への負担が大きくなってしまうからです。ここがポイントなのですが、上から下へ剃ることを徹底してください。

毛の流れに合わせて上から下へ剃ることで肌への負担が減るからです。下から上に向けて剃ると肌負担が増えるので絶対に止めてください。肌が傷ついて赤く炎症を起こしてしまっては、施術を受けられなくなるので、注意が必要です。

Ⅰラインの場合

ⅠラインもⅤライン同様に、ハサミを使って長い毛をカットしていきます。全ての毛が短くなったところで、電気シェーバーで剃っていく方法が一般的です。その際には鏡を使ってください。自身では見ることが出来ない箇所だけに適当に行うと傷つけてしまいます。

性器の部分のとてもデリケートな箇所だけに適当に処理してはいけませんから、慎重に行うことを心がけてください。電気シェーバーを持っていない方の手で皮膚を外側に引っ張って剃るようにしましょう。皮膚を伸ばすことで電気シェーバーの刃と肌を密着させ負担を掛けずに剃ることが出来ます。

トイレットペーパーやショーツ等で傷つきやすく黒ずみやすいのですが、この黒ずみが光を照射した時に火傷になりやすいので、自己処理は十分注意して行いましょう。

oラインの場合

oラインはあまり普段から脱毛していると言う人は少ないのです。vio脱毛をクリニックや脱毛サロンで行うと言う人のほとんどが自己処理をしたことがない人ばかりです。肛門周りの処理となりますから、その箇所の毛を剃っていきます。

剃り方はお尻の曲線に沿って外側から内側に電気シェーバーを当てていくと、深剃りせずに安全に剃ることが出来ます。こちらも目で直接見ることが出来ないので、鏡を使って行うようにしましょう。

Vio脱毛の前処理に便利な3つのアイテム

1.キュートなデザインのプチエステ

vライン専用のトリマーです。コームを調整することによって長さを4段階に分けて処理することが出来ます。刃の部分だけ水洗いが出来るので衛生的にも綺麗ですし、処理する度に洗い流して綺麗にしておくことが、今後何度も使うポイントとなります。

色もホワイト・イエロー・ピンクとカラフルで女性受けもよく、コンパクトでキュートなデザインなので、鞄に入れておけるので、旅行先でも手軽に使えるところが便利です。小さいサイズなので、細かい部分のvライン処理にはとっておきアイテムと言えます。

2.細いうぶ毛もしっかり処理出来るフェリエ

電気シェーバーのフェイス用で、肌に優しい丸い刃先が特徴です。0.12mmの薄い刃が細い毛であるうぶ毛もやさしくしっかり剃ることが出来ます。コンパクトサイズなので持ち運びやすく、色々な場で使うことが出来るのがメリットです。

細かいうぶ毛もしっかりと取り除くことが出来るので、メイクノリもよく、脱毛施術の効果を上げます。水なしで剃ることが出来るだけでなく、石鹸やローションも必要ないのでコストダウンにも繋がります。剃りすぎてしまいがちな眉毛も眉カバーや眉コームが付いているので安心して処理することが出来ます。

by カエレバ

3.3つの機能があるトリムスタイル

トリムスタイルは、ビキニライン用専用トリマーです。気量をすく、長さをカット、そして美容ジェルのついた5枚刃で剃ると言った3つの機能が1本で出来てしまうのですから、これはとても便利です。敏感肌用に開発されているので、デリケートゾーンに適していますから安心して使うことが出来ます。

ウォータープルーフでお風呂場でも使うことが出来るので、入浴中に手軽に処理出来るのも魅力の一つでしょう。施術前は出来るだけ肌への負担を軽減させる為にも、デリケートゾーンに適したこのアイテムはオススメなのです。

by カエレバ

まとめ

いかがですか?脱毛施術の為には前処理が必要であり、自分で処理することが大事です。勿論サロンやクリニックでも行ってくれるのですが、肌への負担を回避する為にも、当日よりも数日前から行っておくことが大事です。そうすればある程度の長さまで毛が伸びている状態なので効果の程も違ってくるのです。

面倒だと思ってしまいますが、脱毛効果を最大限に感じる為にも、事前処理は忘れずに行うようにしてください。

合わせて読みたい!