脱毛の周期は毛周期に合わせると効果的!気になるワキやヒゲなどの毛周期も詳しく紹介します!

脱毛には、効果的な周期があります。レーザー脱毛や光脱毛で効率よく脱毛するには、毛の生え変わるサイクル「毛周期」に合わせて脱毛していくのが効果的です。また、毛周期は部位や個人によって差があるので、その部位や自分にあったペースで脱毛していくことが大切になってきます。この毛周期とは一体どんな周期なのか、その周期のどのタイミングで脱毛をするのが効果的なのか、詳しく見ていきましょう!

脱毛の周期って?

脱毛は、毛周期に合わせたペースで、行っていく必要があります。毛周期とは、毛の生まれ変わりのサイクルのことで、成長初期、成長期、退行期、休止期、と言う4段階で進んでいきます。実際に毛が生えているように見えるのは、成長期と退行期の毛のみで、全体の約1/3程度と言われています。

また、レーザー脱毛や光脱毛は、きちんと毛根を焼かないと、毛が無くなってくれないのですが、しっかり毛根が焼けるのは、毛根が皮膚に根付いている「成長期」の毛だけなんです。なので、レーザーや光を当てても、実際に生えている全ての毛がなくなるというわけではなく、効果があるのは全体の毛の約3割ということになります。

成長期にあてはまらなかった毛はすぐに生えてきてしまいますので、たった1度レーザーを当てただけでは、毛は無くなってくれないのです。また、ハイペースで同じ部位を何度も脱毛をしても、反応する毛がないので意味がありません。毛周期に合わせたペースで脱毛していくことが大切になってきます。

これらを踏まえて、部位別の毛周期や毛の特徴などを理解して、いつ、どのタイミングで脱毛すれば良いのか、詳しく見ていきましょう

毛周期

成長初期

毛周期の成長初期とは、簡単に言うと「毛が成長し始める期間」ということになります。

一般的に「毛根」と呼ばれている部分は、実は少し複雑な組織になっています。毛根の中には「毛球部」「毛乳頭」「毛母細胞」というものが存在します。毛乳頭は育毛剤のCMなどで、少し聞いたことがあるのではないでしょうか。

●毛球部 毛根の最下部で、膨らんでいる部分
●毛乳頭 毛母細胞に栄養分を送る働きをしている部分
●毛母細胞 毛の元となる部分。毛乳頭から栄養をもらい、毛母細胞が分裂することで毛の成長が始まります。

成長初期とは、毛母細胞が分裂を始めて、毛ができ始めた時期ということになります。まだ毛穴から出てきておらず、皮膚の中にいる状態です。

また、毛根の深さは、毛の周期によっても変わるのですが、成長初期の毛は毛根がかなり浅いところにあるので、部位によっては光脱毛でも届く範囲にあります。なので、脱毛サロンで光脱毛をする場合は、この時期に合わせる必要があります。

成長期

毛周期の成長期とは、簡単に言うと「毛が成長する期間」のことを指します。成長初期の毛がさらに成長し、毛根がしっかり深いところに根付いている状態です。

この時期になると、毛は毛穴から顔を出し、実際に生えているのがわかります。成長期は他の期間よりも長く、部位にもよりますが、1回の周期で3カ月〜3年程度続くと言われています。

また、毛根はかなり深いところに位置してきますので、光脱毛では十分に光が届かず、毛根を焼け切るのが難しいと言えるでしょう。この時期は医療用の脱毛レーザーが最も効果的です。しかも、この期間(成長期)は長いので、レーザーを照射する時期が、限定される心配も少ないでしょう。

退行期

毛周期の退行期とは、簡単に言うと「成長を終えた毛が抜けるまでの期間」のことを指します。この時期に入ると、毛母細胞の分裂も終わり、毛の成長は止まります。また、毛乳頭と毛の結合も緩んできます。毛が老いて、自然脱毛する状態とも言えるでしょう。期間は2〜3週間と、とても短いです。

この時期は、初期の段階であれば、毛根が少し根付いている状態なので、レーザーや光での脱毛は、少し効果的かもしれません。しかし、充分に毛根を焼け切れるかはわからないので、この時期にさしかかってくると、脱毛の効果は半減してしまうと言えるでしょう。

休止期

毛周期の休止期とは、簡単に言うと「次の成長を始めるまで活動を停止している期間」のことを指します。この時期は、毛が抜け落ちて、皮膚表面にも皮膚の中にも毛が確認できない状態となります。この期間は3〜4カ月と少し長めです。この時期は、レーザーも光も効果的ではありません。

効果的な脱毛の周期

顔・ヒゲの場合

女性の鼻下やあご

女性の鼻下やあごなどの毛周期は1〜2カ月といわれています。つまり、1〜2か月のペースで生え変わるので、かなり早いペースで毛が生えてくるということがわかりますね。しかも、一度抜いても再生スピードが早く、2カ月ほどで新しい毛が生えてきてしまうようです。

なので、毛周期に合わせるためには1〜2か月に1度脱毛するのが良いと言えますね。また、脱毛を始めたばかりの頃は、月に1度通うのが良いと言われています。これは、ある程度毛の量を減らすことと、毛周期を整えることで効率よく毛を減らしていくことができるためです。

また、毛周期には、個人差があるので、自分の毛の生えるペースを観察してみると良いかもしれません。最初の3回程度は月に1度脱毛し、その後は自分の毛を観察して、生え揃ってきたら脱毛するのが良いでしょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

眉毛

眉の毛周期は3〜4カ月と、鼻下やあごに比べると少し長いです。伸び方は、髪の毛が1日に0.3〜0.4ミリ伸びるのに対し、眉は1日に0.18ミリ程度しか伸びません。しかし、一度抜いた後の再生スピードは以外と早くて約2カ月程度と言われています。

眉も最初の3回程度は、1カ月に1度程度脱毛するのが良いでしょう。その後は、3〜4か月に1度と、毛周期に合わせて脱毛していくと良いでしょう。

ヒゲ

男性のヒゲの場合は、他の部位と少し異なります。他の部位は目に見える毛が全体の3割程度なのに対し、ヒゲの場合は7割程度が目に見える毛です。つまり、ほとんどの毛が成長期であると言えます。また、毛の伸びるスピードも早く、毛周期も2週間〜2カ月と、とても早いです。これを知ると、剃っても剃っても生えてくるのが悩み…。というのがよくわかりますね。

男性のヒゲの場合も、最初の3回程度は1カ月に1度脱毛した方が良いでしょう。ある程度毛が減ってきたら3ヶ月に1度くらいのペースで良いかもしれません。ただし、毛量の多い人はある程度減るまで、1カ月に1度脱毛するのが好ましいです。個人差があるので、自分の毛周期を観察しながら脱毛に通うのが良いでしょう。

また、ヒゲの場合は毛根がかなり深いところにあるので、光脱毛ではほとんど届きません。医療用の脱毛機器でも少し届きにくい部位なので、ヒゲの脱毛は完了までに少し時間がかかってしまうかもしれません。

ワキの場合

ワキの毛周期は以外と長く、3〜5か月と言われています。しかし、1日に伸びるスピードが0.3ミリと、毛髪並に早いのが特徴です。一度抜いた毛が生え変わるまでの周期も4か月と、少し長めです。

ワキの毛も最初の3回程度は1カ月に1度のペースで脱毛するのが良いでしょう。その後は2〜3か月に1回と、自分の毛周期に合わせて脱毛していきましょう。

VIOラインの場合

VIOラインの毛周期は1〜2年と、とても長いです。また、1日に伸びるスピードも0.2ミリと早く、髪の毛のような生え方をします。一度抜いた毛が新たに生え変わる周期はワキと同じ程度の約4カ月です。

VIOラインは、最初の1、2回程度は1カ月に1度のペースで脱毛し、その後は、3〜4か月に1度と、自分の毛周期にあったペースで脱毛するのが良いでしょう。

実際に脱毛する周期(ペース)

医療脱毛の場合

医療機関では主にレーザーで脱毛を行っていきます。レーザーの場合は、エネルギーが比較的深いところまで届くようにできているので、ほとんどの成長期の毛に対して効果的です。つまり、成長期ならいつでも効果が得られるということです。

基本的には最初の3回程度は1カ月に1度のペースで照射し、その後は生え揃ってきたら照射する、といったような感じで、自分の毛周期に合わせた脱毛をしていくと良いでしょう。

しかし、ヒゲやVIOラインは、毛根が少し深い位置にあるので、効果が少し弱まる傾向にあります。また、毛が細い部位では、充分なエネルギーが毛根に集まりにくいので、効果が弱まる傾向にあるようです。

脱毛サロンの場合

脱毛サロンの場合は、光脱毛をしていきます。光脱毛とは、レーザーに類似した効果を出す機械で行う脱毛のことです。脱毛料金がとても安く、痛みも少ないのが特徴ですが、レーザーと比べると、弱い出力しか出すことができないので、効果は少し弱めです。また、光が届く深さも限定されてしまうので、浅い位置にある成長初期の毛にやっと届く程度でしょう。

光脱毛の場合は、脱毛というよりは、毛を細くすることを目的としています。毛根を焼き切るというよりは、毛根を弱らせるといった感じですね。

光脱毛で、脱毛を行う周期は、なるべく毛周期に合わせた方が良いでしょう。成長初期の毛にピンポイントに当てていきたいので、レーザー脱毛のように、「生えそろってきたら照射する」といった感じでは、効果的な時期を逃してしまいます。

なので、毛周期を把握し、定期的にきちんと脱毛するのが良いと言えるでしょう。人気の脱毛サロン「ミュゼ」では、2〜3か月に1度の脱毛をおすすめしているようですね。

自己処理の場合

自己処理の場合は、気になった時が手入れの時期です。医療機関やサロンに通っていない場合は、同じ人の同じ部位でも毛周期はバラバラで、毛量も個人差があります。なので、特に決まったペースはありません。

しかし、カミソリを使うと肌がダメージを受けてしまうので、頻繁に行わないほうが良いかもしれません。せめて1週間に1度、早くて3日に1度くらいのペースが良いかもしれません。

また、家庭用の光脱毛器は、脱毛サロンと同じような感じの機器で、さらに出力が弱いものです。成長初期の毛に効果的と考えられますので、毛周期に合わせた使い方をしていくと良いかもしれません。いつでも照射ができるので、少しでも毛が生え始めたら照射するようにしていくと、効率よく成長初期の毛根に熱を与えられるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?脱毛に周期がある理由がわかったでしょうか?

毛には毛周期があり、この周期の中でも、脱毛の効果があるのは成長初期と成長期の毛のみです。また、毛周期には、部位の差や個人差があるので、上記を参考にしてみてください。また、一般的に言われている毛周期にとらわれず、脱毛後に毛の生えるペースを観察して、自分の毛周期を把握するのも良い方法です。

このように、毛周期をうまく知り、効率よくスピーディーに脱毛を終わらせていきましょう!

合わせて読みたい!