大根おろしダイエットのやり方は?金スマで話題!便秘にも効く!?効果的に食べられる3つのレシピもご紹介!

大根おろしダイエットという方法が話題となっています。とても手軽な方法であるため人気になったようなのですが、そんな手軽なダイエット方法でなぜ効果がでるのでしょうか。また、より効果を高める方法や3つの注意点、さらにオススメのレシピについてもご紹介しています。

大根おろしダイエットとは?

大根おろしダイエットとは、食事の時に大根おろしを食べるダイエットのこと

大根おろしダイエットという方法をご存知でしょうか?食事の前か食事中に大根おろしを食べるだけという手軽な方法なのですが、これが非常に効果が高いとして話題になっているのです。人気テレビ番組「金スマ」で大根おろしを使ったダイエットが紹介されたことも、人気に火をつけるきっかけとなったようですね。

大根おろしを食べるだけとは言っても、その方法には少し注意点もあります。正しい方法でなければ、うまく効果を発揮することはできません。また、さらに効果を高めるためのコツなどもあります。さらに、なぜ大根おろしダイエットは効果が出るのか、オススメの大根おろしレシピまで、この記事では、それらのポイントについて詳しく解説していきたいと思います。

大根おろしダイエットが効果的といわれる理由は大根の効能にあり!

1.活性酵素を無害化

大根には、イソチオシアネートという栄養素が含まれています。この栄養素には活性酵素を無害化する効果があると言われています。活性酵素とは肥満につながるとされている成分で、これを無害化することで肥満になりにくくなると言われているのです。

また、イソチオシアネートによって代謝が高まるとも言われています。代謝が高まることによって、体内の脂肪が燃焼しやすい状態になるため、これもダイエットにつながると考えられます。また、イソチオシアネートはガンの予防につながるとも言われていて、健康的な体を維持するのにも役立つと考えられています。

2.炭水化物の消化を促進

大根には、アミラーゼという栄養素も含まれています。アミラーゼは、炭水化物の消化を促進するための消化酵素です。炭水化物は、脂肪として体内に蓄積されやすい栄養素となっているので、その炭水化物の消化を促すことで体に脂肪が蓄積しにくい状態を作ることができるのです。

効果が高いダイエットとして、低炭水化物ダイエットというものが流行しましたが、炭水化物の消化を促進することでそれと同じような効果が期待できるのです。炭水化物は主食となっている他、様々な食品に含まれているため減らしたり我慢したりするのはなかなか難しいものですよね。それよりも、大根おろしを食べる方がお手軽にできるかもしれません。

3.大根おろしは便秘の解消に役立つ

大根には、便秘の解消効果が期待できる栄養素がたくさん含まれています。まずは、食物繊維です。食物繊維に便秘解消効果があるというのは有名な話ですよね。便秘になったら野菜を積極的に食べなさいと言われるほどです。食物繊維は水分を抱え込む性質があるため、便に適度な水分を含ませて排出を促してくれるのです。

また、アミラーゼは体内でオリゴ糖に変化し、腸内環境を整備して善玉菌が多い環境に変えてくれるとも言われています。また、水分不足も便秘の原因となりますが、大根おろしには多くの水分が含まれているため、水分不足による便秘を防いでくれることにもつながります。

4.むくみの改善

イソチアシネートには代謝を改善する働きもあるため、むくみの改善にも効果を発揮すると言われています。むくみとは、代謝しきれなかった余分な水分が体内に溜まってしまうものです。代謝を改善することで、汗や尿などとして水分が排出されやすくなり、むくみの改善につながると考えられているのです。

日常的にむくみが発生していると、水分が溜まっている分だけその部分が太く見えてしまいます。むくみは水分であるため脂肪を落とすよりも解消しやすく、見た目の改善としてはある程度の即効性が期待できます。

また、余分な水分が溜まっているということはその分だけ体重が増えてしまうということになります。ダイエットで脂肪を落として体重が減るまでにはある程度の期間が必要になることもありますが、水分の排出による体重減少ならばある程度すぐに結果が出ます。ダイエットを始めてすぐに体重が減り始めると、その後のモチベーションにもつながりますね。

5.脂肪の分解を促進

大根には、「リパーゼ」という消化酵素も含まれています。リパーゼは、脂肪の分解を促進する消化酵素です。脂肪は、分解されることによって燃焼しやすい状態となります。つまり、この状態で運動をすることで脂肪を減らすことができると考えられるのです。

大根おろしダイエットの際には、積極的な有酸素運動も取り入れてみると良いでしょう。体内に脂肪が蓄積されにくい状態が作られていることに加えて、脂肪が燃焼しやすい状態になっているため、有酸素運動の効果が出やすい状態になっていると言えます。

大根おろしダイエットのやり方

1.大根おろしダイエットは食べ方に決まりはない

大根おろしダイエットの方法は、食前や食事中に大根おろしを食べることです。食べ方に特に決まりはありません。醤油やポン酢などをかけてそのまま食べても良いですし、お料理にかけたり薬味として使用しても問題ありません。クセがない食べ物なので、どんなお料理にも合わせて使いやすいので重宝しますね。

例えば、おそばなどの上に乗せて食べるのは定番と言えるでしょう。焼き魚に添えたりするのも良いですね。ハンバーグなどのお肉料理に乗せて、和風の味付けにするのもおいしいのではないかと思います。他にも、工夫次第で様々な使い方が考えられます。

一番手軽な方法は、様々なタレに混ぜて使うことです。例えば、焼き肉のタレなどに混ぜて使うのも良いですし、ドレッシングに混ぜてサラダに使うのも良いですね。あっさりした風味が楽しめるとともに、タレ本体の使用量を減らして、減塩にもつながります。

一番重要なポイントは、加熱をしないで食べるということです。加熱すると、ダイエットに効果的だとされている栄養素が熱によって壊れてしまうと言われてます。また、大根おろしの汁に多くの栄養素が含まれていると言われているため、汁ごと食べるということもポイントになります。

2.大根おろしダイエットで食べる量は1日最低300g

大根おろしダイエットでは、1日最低300gの大根おろしを食べることが必要だと言われています。300gとは、大根の輪切りでだいたい5~6センチ程度と言われています。つまり、3食に分けて食べるのならば1食あたりおよそ2センチ程度の量を食べるのが良いということになりますね。

しかし、朝は大根おろしを作っている時間がなかったり、昼は仕事場で食べるので大根おろしダイエットができないという人もいるでしょう。そんな人の場合は、夜にまとめて300gを食べても良いとされています。300gというと多いように感じるかもしれませんが、大根おろしは食べやすいため意外とぺろっといけてしまいます。

最低300gですから、食べられる場合にはもちろんそれより多く食べても構いません。ただし、大根おろしだけで1食を終えてしまうことはやめてください。大根だけでは、生活に必要な栄養素を十分に摂ることはできません。きちんとした食事に加えて大根おろしを食べるというのが大切になります。

3.大根おろしダイエットの期間は少なくとも2週間

大根おろしダイエットについては、早い人の場合には2週間程度で効果が出ることもあると言います。逆に言えば、少なくとも2週間程度は続ける必要があると言えるでしょう。有酸素運動を組み合わせたり、食事のカロリーコントロールなどをしたりといった方法を組み合わせれば、より早く効果が出ることが期待できます。

大根おろしダイエットの主な効果は、新たな脂肪を蓄積しにくくすることです。その理由は脂肪や炭水化物などの分解が促されることにありますが、すべての脂肪を蓄積しなくなるわけではありません。食べ過ぎれば当然脂肪が蓄積してしまうことになります。

また、大根おろしダイエットの場合、現在体についている脂肪を燃焼させる効果はあまり大きくないと言えます。そのため、より効果を期待したい場合には、現在体についている脂肪を燃焼させるようなダイエットを同時に取り入れるとより効果的であると言えます。

大根おろしダイエットでも効果が出ないというわけではありませんので、忙しい人や気軽にダイエットをしたい人、家族の健康が気になっている人などは大根おろしを食べるだけの方法を取り入れていくのが手軽であると言えるでしょう。

大根おろしダイエットの効果をより高める5つの方法

1.大根おろしはヨーグルト&はちみつと食べる

大根おろしダイエットをより効果的に食べる方法として、ヨーグルトやはちみつと一緒に食べるという方法があります。ヨーグルト1食分に対してはちみつと大根おろしをそれぞれ大さじ1ずつ加えて食べると便秘解消の効果があると言われているのです。

ヨーグルトに大根おろしを加えるというのは少し不安に感じるかもしれませんが、すりおろしたリンゴを加えた時のような食感で、意外と違和感なく食べることができます。大根おろしの量が多すぎるとまずくなってしまうので、注意してください。

この組み合わせが便秘の解消に効果があるのは、腸のむくみを解消するからだと言われています。便秘を長く患っている人ほど、腸がむくんでいる可能性が高いのだそうです。腸がむくんでいると、便の通り道が狭くなるわけですから便秘になってしまうのは当然ですね。

ただし、大根おろしダイエットとしては、大さじ1程度では摂取量が足りないと言えます。これを1つの方法として使用し、他の方法でも大根おろしを食べることが必要になります。朝忙しくて大根おろしを作る時間がないという人は、パックで販売されている大根おろしを使用してこれを食べるだけでも少し効果が期待できるかもしれません。

2.起床してすぐ食べる

大根おろしを食べる時には、起床してすぐに食べるとより効果的だと言われています。朝起きてすぐの状態では、内臓は活発に動くことができないと言われています。朝起きてすぐに水をコップ1杯飲むことで内臓を目覚めさせてあげることができるという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

そのコップ1杯の水と同じ働きを、大根おろしに担ってもらおうということです。これによって、内臓に準備運動をさせてあげることができるのです。内臓が活発に活動すれば、基礎代謝も上がりますのでダイエットによってもより効果が期待できると言えます。

そうは言っても、朝から大根おろしを用意している時間はない…という人もいるでしょう。そんな時には、電動の大根おろし器など、大根おろしが簡単にできる道具を使うと時間が短縮できます。大根おろしダイエットでは、大量に大根おろしを使いますから、本格的に続けてみたいという場合にはそれらの道具の購入を検討してみるのも良いでしょう。

3.辛いときは少し時間を置く

大根おろしは、特に夏になると辛みが増してきます。辛い物を我慢して食べるのはつらいものですよね。我慢が多いダイエットは続かなくなってしまいます。そんな時には、少し時間を置いてから食べてみてください。

大根おろしの辛みがピークとなるのは、すりおろしてから5分から7分程度経った頃だと言われています。それを過ぎると、少しずつ辛みが減ってくると言われていますので、夏の大根おろしは30分程度おいておいたものを食べるようにすると食べやすいでしょう。

ただし、この辛み成分により多くの栄養素が含まれていると言われているため、大根の辛みが好きな人は、そのまま食べた方が効果的だと考えられます。また、時間を置きすぎてしまうと大根おろしが酸化して効果が著しく下がってしまいますから、辛みが抜けたらなるべく早く食べるようにしてください。

4.皮ごとすりおろす

大根の栄養素は、皮と実の間の部分に最も多く含まれていると言われています。皮をむいて大根おろしにしてしまうと、その最も栄養のある部分を捨ててしまうことになります。大根おろしを作る時には、皮ごとすりおろした方がより高い効果を得られるということになります。

皮をむくという手間がなくなるということは、作る手間も少し減ることになるので嬉しいものですよね。料理につかう時などは皮があることで食感が変わってしまうこともありますが、すりおろしてしまえばほとんどその差は気になることはありません。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

皮と実の間には、ダイエットに効果があるとされている成分のほかに、ビタミンCも豊富に含まれていると言われています。ビタミンCは美肌に効果があるとされている栄養素です。ダイエットと共に、美しい肌を手に入れることができたら嬉しいですよね。

5.よく噛んで食べる

大根おろしダイエットを行う時には、よく噛んで食べるということも重要になります。ダイエットに有効な栄養素は熱によって死んでしまうのですが、じつは温度が低すぎる場合にも十分に働いてくれないと言われています。大根は冷蔵庫に保存しておくことが多いため、そのままの温度では十分に栄養素を働かせることができません。

ダイエットに有効な栄養素が一番活発に働くのは、人の体温に近い温度だと言われています。そのため、口の中でよく噛んで温度を上げておくことで、より効果を得られやすくなると考えられるのです。

大根おろしは食べやすい食品であるため、あまり噛まずにそのまま飲み込んでしまうことも多くなるでしょう。しかし、意識的に口の中に長くとどめて、温度をある程度高めることを意識するだけで、簡単に効果を高めることができます。ほかの食べ物と一緒に食べる場合には、噛むことでそれらの食べ物の消化の促進もできるので、一石二鳥であると言えるでしょう。

大根おろしダイエットの3つの注意点

1.大根おろしは加熱しない

大根おろしダイエットの際には、大根おろしを加熱してはいけません。大根おろしの中に含まれているダイエットに有効な成分は、50度以上の温度になると死滅してしまうと言われています。そのため、味噌汁やスープ、鍋などに入れたりといった使い方は避けた方が良いでしょう。

あつあつのご飯に乗せるくらいならば特に問題はないと言えます。しかし、できればなるべく熱に触れないような方法で食べる方が理想的であると言えるでしょう。不安な時には、必要な量よりも少し多めの大根おろしを摂取しておけば、万が一熱で死滅してしまった栄養素があったとしても補ってあげることができるかもしれません。

一番安心なのは、ドレッシングに混ぜたり、焼き魚に添えたりといった全く加熱しない使い方をすることですね。もちろん、そのまま食べるのも良い方法となるでしょう。大根おろしは加熱しなくても様々な使い方がありますので、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

2.汁ごと全部食べる

大根おろしを作ったとき、ダイエットに必要な成分の多くは汁の方に含まれています。つまり、大根おろしダイエットの効果を期待する場合には、汁ごと全部食べ切らなければあまり意味がないと言えます。大根おろしの味を生かした料理の場合には汁を絞ってしまうことも多くありますが、ダイエット効果を得たいときには汁もすべて食べきるようにしてください。

どうしても水気の少ない大根おろしを使いたいときには、最後に残った汁をそのまま飲んでしまうのも良いでしょう。辛みや苦みが強いと感じる場合には、はちみつを入れたり、お醤油をたらしたりすると飲みやすくなります。

また、スムージーなどを作るときに汁だけ加えてみたりするのも飲みやすいでしょう。ダイエットだけでなく、二日酔いや胃もたれ、食欲不振などの際にも効果があると言われています。このような症状があるときにもぜひ試してみてください。

3.作り置きしない

大根おろしダイエットでは大量の大根おろしを使用するため、ついつい時間のある時にまとめて作って使った方が楽なのではないかと感じてしまいがちです。しかし、大根おろしは作り置きするとそのダイエット効果を低下させてしまうことにつながるのです。

大根おろしは、酸化することによってダイエットに有効な栄養素が減ってしまうと言われています。酸化させないためには、なるべく空気に触れさせないことが重要になります。しかし、大根おろしは表面積が非常に大きくなるため、どんなに厳重に密閉したつもりでも、どうしても酸化してしまいやすくなるのです。

大根おろしダイエットに使う大根おろしは、使うたびにすりおろすことが理想的であると言えます。大根おろしを作るのは少し手間がかかって面倒なものですが、それ以外の部分が手軽なダイエットなので少しだけ頑張ってみましょう。どうしても面倒だという場合には、費用はかかりますが電動の大根おろし器などを使うと楽になります。

大根おろしのカロリーとは?

100gで約18キロカロリー

大根はすりおろしただけではカロリーは変化しませんので、100gの大根おろしのカロリーは100gの大根と同じ約18キロカロリーであると考えられます。大根はほとんどが水分であるため、カロリーはかなり低いと考えられています。

大根おろしダイエットでは1日に最低300gの大根おろしを食べることが条件となっていますので、それによって摂取するカロリーは1日約48キロカロリーということになりますね。他のものに例えると、ごはんならお茶碗に1/5程度の量です。

50キロカロリーは、体重50キロの人なら10分程度歩けば消費できる程度のエネルギーであると言われています。どうしてもこのカロリーが気になるという人は、1日に10分程度歩く時間を増やしてみると良いでしょう。

大根おろしにかけて使うことが多い醤油やポン酢なども、カロリーは低いのであまり心配することはないでしょう。ただし、塩分が多いため摂りすぎるとむくみの原因となってしまうこともあります。それらの調味料はできるだけかけすぎないようにするのが良いでしょう。

大根おろしダイエットのおすすめレシピ3選

1.スムージー


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/70997/blog/15264114
ダイエットに効果的! マイナス10キロ達成の食前スムージー

大根おろしダイエットにオススメのレシピのひとつめはスムージーです。基本的には自分のお好みのスムージーに大根おろしを追加して作れば良いだけなのですが、どうせ作るのならばダイエット効果があるとされているスムージーのレシピを使ってみるのがよいですね。

参考レシピでは、冷凍イチゴ、豆乳、ハトムギ粉、玄米甘酒が使われています。これらを全部ミキサーで混ぜるだけ。これだけでも、栄養価の高い食品や、便秘解消、脂質や糖質の吸収を抑えるなどの効果が期待できるようです。イチゴには豊富なビタミンCが含まれているため美容効果も期待できます。

これを食前に飲むだけで、満腹感が得られるために食事の量を減らすことができるのだと言います。さらに、そこに大根おろしダイエットの効果が加わればかなり強力なダイエット効果を得られるということが期待できますね。甘味はイチゴだけでお砂糖を加えていないので、余分な糖分をとらないということもポイントです。

アスパラとみぞれの冷製パスタ


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/22615/recipe/9571
アスパラとみぞれの冷製パスタ

ふたつめのレシピはアスパラとみぞれの冷製パスタです。アスパラは千切りにして準備しておきます。パスタをゆで、ゆであがりの1分前になったらアスパラとえのきを投入して一緒にゆでます。大根おろし、しょうゆ、砂糖、レモン汁、おろしにんにく、いりごまを混ぜ、パスタの周りに盛り付けたら、ミニトマトを飾って完成。

このレシピのオススメポイントは、野菜がたっぷりとれること、麺の量が少ないため摂取する炭水化物の量を減らせることです。一般的には、1人分で100gのパスタを使うのが標準となっていますが、このレシピでは2人分で100gとなっています。つまり、半分の量で作られているということになりますね。

しかし、画像を見てわかる通り、麺が半分でも物足りないという感じは全く出ていません。これは、アスパラやえのきでかさまししていることが理由となっています。野菜ですからカロリーを減らすことができて、さらにたっぷり栄養素を摂取することもできますね。

大根おろしの量は1人あたり100gとなっていますから、1食分としてはぴったりの量です。さっぱりと食べられるので、特に夏には食べやすいお料理なのではないでしょうか。

大根おろしの和風ステーキソース


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/12627/recipe/618663
大根おろしの和風ステーキソース

3つめに紹介するレシピは大根おろしの和風ステーキソースです。大根おろし、にんにく、醤油、酢を混ぜるだけという簡単なレシピです。ステーキにかけるのはもちろん、ソースですので他の様々なお料理に使うこともできて汎用性の高いレシピであると言えます。

例えば、しゃぶしゃぶのつけダレとして使用したり、蒸し野菜にドレッシング代わりにかけてみるという方法も考えられます。野菜炒めなどの最後の仕上げとしてかけるのもおいしいですよ。ダイエット中には避けなければならないと思われがちなステーキですが、大根おろしダイエットならばおいしく食べられるというのがうれしいですね。

カロリーを気にするのならば、ステーキは牛肉ではなく鶏のムネ肉を使用するとさらにヘルシーになります。豆腐を使ったステーキやハンバーグを作ってみるのもよいかもしれませんね。

大根おろしダイエットで痩せた!?気になる口コミと体験談・成功談

Twitterを見ると、大根おろしダイエットで痩せたという人の声は多く見ることができます。この方の場合、毎日ではなくて、週2回だけでも1ヶ月で4kgも痩せたというのですね。これを聞いただけでも、大根おろしダイエットの効果が期待できそうな気がしますね。

仕事から帰ってさっと作って食べられるというのもポイントが高いとされています。仕事で疲れた後に栄養価の高いお料理を作るというのは、必要なことだとわかっていても難しいものですよね。このメニューならば、お野菜に加えて魚と炭水化物という、最低限の栄養を摂取することができます。

疲れた時でも、外食に頼らずある程度ヘルシーなごはんを食べられるというこのアイデアは、ダイエット中の人にとって役に立つのではないでしょうか。
こちらは、150日で15kgやせた方の食事が紹介されています。この方の場合、他の食事制限やトレーニングなどを併用しているため、必ずしも大根おろしダイエットだけでやせたとは言い切れません。しかし、他のツイートを見ていくと、かなり高い頻度でじゃこ大根おろしが登場することがわかります。やはり、大根おろしはダイエットに効果的なのでしょう。

画像を見る限り、かなり食事の量が多い感じがしますよね。これだけの量を食べていても、150日で15kgも減量できる方法があるということを目の当たりにすると、なんだか励みになる感じがしますね。これだけの効果を期待する場合には、大根おろしダイエット以外に、他の方法も併用してみると良いでしょう。
こちらは、友人と思われる方に「痩せた?」と聞かれて嬉しかったという感想が記載されています。ダイエットというのは、他人に痩せたと感じられるまで続けるのはなかなか難しいものです。自分では体重が減ったことが数字でわかっても、他人から見るとほとんど変化が見られないということも珍しくないのです。

他の人からもわかるほどに痩せられたということは、ある程度の減量に成功したということなのでしょうね。さらに、それがモチベーションとなって今後も頑張ってみようという気持ちが高まっているようです。楽しくダイエットを継続できるように、大根おろし料理のレパートリーを増やしてみようという試みも良いですね。

まとめ

大根おろしダイエットは、食前や食事中に決まった量の大根おろしを食べるだけという手軽なダイエット方法です。ポイントは、大根おろしを加熱しないこと、大根おろしを作る時には皮ごとすりおろすこと、大根おろしは作り置きしないことという3点です。

できれば3食に分けて食べるのが理想的ではありますが、大根おろしは作り置きができないため、朝や昼は食べるのが難しいという人も多いでしょう。そんな人は、1日分を夜にまとめて食べるだけでもある程度の効果を得ることができます。

気軽にダイエットをしたい場合には大根おろしダイエットだけでも良いのですが、他のダイエット方法と併用することでさらに高い効果を期待することができます。特に、大根おろしダイエット中は脂肪が燃えやすい状態になるので、有酸素運動は積極的に取り入れるようにするとより効果的になるでしょう。

その他、よく噛んで食べたり、朝起きてすぐ食べる、ヨーグルトやはちみつと一緒に食べるなどの簡単な方法でも効果を高めることができます。口コミでもかなり評価されているダイエット方法ですから、体重が気になっている人はぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!