水ダイエットの方法って?むくみが出ない効果的な飲み方まとめ!

水ダイエットって、聞いたことがありますか?本当にお水でダイエットができるの?と不思議に思いますよね。ところが!想像以上に「水」にはスゴイ効果があったのです。やせるだけでなく、身体もキレイになっちゃいますよ!

ダイエット法は、この世に星の数ほど?ありそうですが、水ダイエットと聞いて「水でダイエットできるなんて本当なの?」と思う方はかなり多いのではないでしょうか。そんな皆さんのために、水ダイエットの根拠や方法、効果などをこれから見ていきたいと思います。

水ダイエットとは?

水ダイエットとは、「水をたくさん飲むことで代謝がよくなって痩せられる」という考え方のダイエット方法です。脱水症状を起こすほどではなくても、意識的に水を飲まないと体内の水分は足りないんだそうです。

水分が足りないと、血液もそうですが、体内の循環すべきものがドロドロになって流れにくくなります。つまり、老廃物が溜まってしまうということですね。体内に溜まった老廃物をきれいに流し、痩せやすい体を作るのが水ダイエットの目的です。

では、実際に水ダイエットをしようと思った時は、どれぐらいの水を飲む必要があるのでしょうか。基本的には自分の体重の4%程度の水を飲む必要があるようです。つまり、体重40キロの人は1.6リットル、体重50キロの人は2リットルの水を飲む必要があるわけです。

なかなか多いので大変ですが、朝起きた時、職場に着いたとき、お昼の時、休憩中、帰宅時、お風呂の後など、生活の中でこまめに水を飲むタイミングを組み込んでいくと、続けやすいかもしれませんね。

なぜ水がいいの?

人間の身体の約6割は水でできています。しかし、汗や尿などでどんどん体外に排出されてしまいます。自分で思っているよりも、水が体内から出ていく量は多いと思っていいと思います。ですから、水は積極的に摂取すべきなのですが、水分なら何でもいいというわけではないようですので気を付けましょう。

まず、「水ダイエット」はダイエットを目的としていますので、ジュースなどの糖分の多いものは避けるべきです。スポーツドリンクも、思っているより糖分が多いのでやめておいたほうがいいと思います。

では、糖分の入っていないお茶やコーヒーはどうなのでしょうか。お茶やコーヒーには利尿作用があるので、尿として体外に排出される水分が増えてしまいます。せっかく飲む量を増やしても、その分出してしまったら体の脱水は解消されないので、意味がなくなってしまうようですので、やめたほうがいいですね。

このダイエットは、水分をたくさん摂取することで、身体の中の脱水を解消し、老廃物を外に出しやすくすることです。ですから、身体の主な成分と同じである水が1番早くきちんと吸収されますので、やはり水を飲むことが1番効果を高められるようですね。

水によるダイエット効果

水ダイエットをすると、いったいどのようなことが身体に起こってくるのでしょうか。たかが「水」と思いがちですが、水をしっかり飲むだけで、いろいろなよい変化があらわれるのです。水ダイエットの効果をご紹介します。

便秘解消に効果あり!

便秘に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。実は、水をたくさん飲むことによって、便秘にも効果があるといわれているんです。便秘には食物繊維をとるのがいいとか、運動がいいなどと言われています。当然それも必要ですが、水も同じくらい必要なんですよ。

水分不足だと、便の水分も足りず、固い便がおなかに溜まることになります。これを出すのは大変で、それが原因で便秘になってしまうこともあるようです。そこで水をたくさん飲むことで、便に水分が足され、柔らかくなり、排便しやすくなります。便秘が続くと肌も荒れ、ダイエット効果も上がりません。毎日しっかり排便して、ダイエット効果を高めていきましょう。

代謝UP!

水を飲むことで、代謝がアップします。どういうことかというと、水を飲んで体温が下がると、人は元の体温に戻ろうとします。人には、いろいろ自分で元に戻ろうとする働きがありますからね。その時にも、やはりエネルギーは使われるんです。そのエネルギー分、人はカロリーを消費します。

そして、脱水から回復した体内は、老廃物をきれいに体外に排出できますので、血液がきれいに流れ、細胞に栄養がたくさんいきわたります。栄養が来れば、細胞が元気に活動できますので、そこでもまたエネルギーが使われるわけです。エネルギーが使われるということは、体内の代謝が上がっているということですから、当然ダイエット効果も上がります。

デトックスにも効果あり!

水には、デトックス効果もあります。水をたくさん摂取することによって、体内の老廃物が排出しやすくなるからです。人間は、尿や汗などといった形で体外に老廃物を排出します。水をたくさん飲むことで、脱水状態では体内に溜まりやすかった老廃物を、体外に出しやすくなるのです。

身体の中もきれいになりますし、老廃物を排出することでお肌の調子も整います。さらに、体内環境もよくなりますので、ダイエットを目的としなくても、美容や健康のために、水は積極的に摂取していきたいですね。

水で食欲が満たされる

朝起きて、まずは水を1杯飲みます。そうすると、朝食の量が少し減ると思いませんか。お昼の前に水を1杯飲みます。お昼の量が減らせると思いませんか。これの繰り返しになるわけです。こまめに水を飲むことによって、食事の量も減らせるし、あまり空腹に感じることなく過ごせるようになってきます。

美容にも?水の効果がスゴイ!

水を毎日しっかりと摂ることで、様々な身体に良い効果を期待できます。水ダイエットをすることで、他の悩みも一緒に解決されるかもしれませんよ!

水は美肌のもと!

水を意識的にたくさん飲むことによって、普段不足がちな体内の水分が満たされてきます。そうすると、今まで水分不足によって起こっていた様々なお肌の不調が改善されるのです。

その代表が、老廃物が原因で起こっていた肌荒れやニキビ、吹き出物などです。血液がさらさらになることによって、今まで溜まってしまっていた老廃物が外に出ていきますので、当然お肌はきれいになります。

また、乾燥肌、シミ、シワ、たるみなんかも水を飲んで体内の水分量が増えることで改善されていくそうですよ。ちょっと驚きですよね。細胞の水分が足りないと、乾燥肌になるのは分かりますよね。そして、水分不足だとお肌の新陳代謝が下がり、シミやシワの原因になってしまうそうなんです。

赤ちゃんの時はお肌の水分量が8割近くあるのに、年々減少し、高齢者は5割近くまで減ってしまうそうです。細胞に水分がいきわたることで、お肌の保護機能もしっかり機能して、外からの刺激からもお肌を守ってくれますので、外からも内からもお肌を守ることになりますね。

ダイエット効果も美肌効果もあるなんて、水はなんて女性に優しいんでしょう。しかも1番身近にある水ですよ。これは飲まないわけにはいきませんね。

むくまない!?

女性の大敵「むくみ」の原因も水分が足りていないことにあるんです。むくみは、疲労や冷え、圧迫などにより血液やリンパの流れが悪くなり、体内の老廃物が漏れだして細胞のすきまにたまることによって起こるそうです。

ですから、水分をしっかり飲んで、老廃物を体内にためないように心掛けるだけで、夕方のむくみの大変さから解放されることができるんです。ダイエット目的で水を飲むことが、多いもよらないところにも効果を発揮してくれるようです。当然冷やさないとか、足を動かすなんてことと合わせてもらうとより効果的なのでやってみてくださいね。水の効果は本当に侮れませんね。

病気の予防に!

水を飲んで血液サラサラになれば、血栓や動脈硬化など、病気の原因となりうる血管の問題が起こりにくくなると言われています。

血行促進で冷え症改善

水分補給は体内の血液循環を活発にし、血の巡りを改善してくれる効果が期待できます。このようにして血の巡りが良くなることで得られるメリットは、計り知れない所があります。まず血の巡りが良くなると、体内の至る所に栄養が行き届きやすくなり、効率的な栄養吸収に繋がることが期待できると言われています。

また、血の巡りが良くなると、体内が自然と温まってくるので、冷え症などの対策にも十分なると考えられます。このように血の流れをうまくサポートしてくれるのが水分補給の最大のメリットの一つなのです。

どうやって水を飲んでいけばいいの?

水ダイエットは、簡単なわりにいろいろなよい効果があるようですね!では、実際にどのように水ダイエットをすすめていけばよいのかを見ていきましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

飲む水の量とタイミング

水ダイエットで効果を上げるためには、自分の体重の約4%の水を1日で飲む必要があると言われています。4%と聞くと、そんな大した量には感じませんが、なかなか大変な量です。

例えば、体重が40キロの人なら4%は1.6リットルです。50キロなら2リットル、60キロなら2.4リットルにもなります。食事に含まれる水分も合わせていいとは言っても、1.5リットル~2リットルの水を1日で飲むのは、意識していても大変です。

毎日続けるためには工夫が必要になってくると思いますので、そこでおすすめなのは、自分の生活のリズムの中に「水を1杯飲む」というのを組み込んでしまうことです。起きた時、毎食前、通勤時、入浴前後、休憩中、ジョギング後とかですね。たくさんの水を飲むのに1番やりやすい方法だと思いますので、ぜひ自分の生活の中に取り入れてみてください。

飲むときに注意するポイント

少しずつこまめに水を飲んでいくことが大事になりますが、その飲み方を工夫することでさらに効果を高めることができたり、飲むタイミングを間違えると逆に体に不調が出たりすることもあるようです。いくつかご紹介していきますので、参考にしてみてください。

(効果を高める方法)
・食前に1杯の水を飲む…食前に1杯の水を飲むことによって、おなかに溜まりますので、食べ過ぎを防ぐことができます。ダイエット効果を高めることができますので、まずは1杯を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

・午前中にたくさん飲む…寝ているときは、とても汗をかくと言われています。汗として出ていってしまった分の水分を早めに身体に補給してあげましょう。また、朝飲むことによって身体の目覚めも助けてくれるようですよ。

(注意すべき点)
・睡眠前30分~1時間は飲まない…体が冷えてむくみの原因になってしまうこともあるようです。

・食事中、食後に飲みすぎない…食後2~3時間たってから飲んだほうがいいそうですよ。すぐに飲んでしまうと胃液が薄まってしまい、消化に影響を与えてしまうようです。消化がうまくいかないと、体調を崩す原因になってしまいますので気を付けてください。

・無理をしない…少しずつでいいんです。1杯飲むのも大変でしたら、数口ずつ何度も飲むのでも全然問題ありません。1日の総量が大事になりますので、自分の続けやすいやり方で続けてください。

・入浴前後は積極的に…入浴時はたくさんの水分を失います。入浴前と入浴後は積極的に水分補給していくことが大切になってきます。

どんな水を飲めばいい?

自分に合った水を飲んでいけたらいいと思います。自分がおいしいと感じるお水を、ダイエットのための義務としてではなく、おいしくてうれしいと感じながら飲んでいけたら、続けていきやすいですよ。

とは言っても、私たちの周りにはたくさんの種類の水があります。水選びの参考にしていただけたらと思いますので、いくつかご紹介していきますね。

硬水か軟水か?

硬水とは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分の含有量が多い水のことを言います。北米やヨーロッパでは一般的に飲まれている水です。軟水とは、日本で一般的に飲まれている水で、水道水も軟水です。赤ちゃんに飲ませるのに、軟水を選んだりしますね。飲みなれている分飲みやすいと感じる人が多いのではないでしょうか。

では、どちらが水ダイエットに向いているのかといいますと、実は硬水なんです。ミネラルが多いので、代謝を促すことができると言われています。硬水のミネラルウォーターが1番適しています。しかし、飲みなれない硬水は、続けていくのが少し大変に感じる人もいるかもしれません。そんな時は少しずつ飲んで慣らしていく方法もありますが、無理せず軟水を飲んでも全然問題ありません。

水選びのポイント

1番水ダイエットに適しているのは硬水のミネラルウォーターです。効果も高いですし、健康にもいいので、もしお金をかけられるのであれば、ぜひこれを選ぶといいと思います。ただ、身体に合わずにおなかを下してしまう人もいるようですので、無理をするのはやめましょう。

1番手軽に続けられるのは水道水です。まったく問題ありません。お金も多くはかかりませんし、どこでも飲めます。まず始めてみようと思った時に、すぐ始められます。そして軟水なので、飲みなれた飲みやすさがあります。もし水道水に抵抗があるようなら、浄水器を通してもいいかもしれませんね。

選び方の基準は、人によって様々だと思います。どれを基準にしても、決して間違いではありません。大事なのは続けていくことです。いろいろ試して、自分が続けやすいお水を探してみてください。

炭酸水は?

炭酸水にはダイエット効果、便秘解消、血行促進、疲労回復といった普通の水を飲むことで得られる効果を期待することができるので、炭酸水を水の代わりに使ってダイエットしてもいいのですが、炭酸水をダイエットに使うとなると、いろいろと問題が出てきてしまいます。

例えば、コスト的にやや水より高かったり、炭酸水をダイエットに使う場合、飲む量が一回につき500ml以上となってくるなどして、とても続け難い言えるのです。

そのため、余程炭酸水が好きでない人にはおすすめできないと言えます。

水ダイエットで気をつけること

トイレに行きたくなる

当然なのですが、水を意識的にたくさん飲めば、トイレに行く回数が増えます。いいことなので、本当は全然問題はないのです。むしろ、どんどん老廃物を出してください。

しかし、仕事中や電車の中、会議中、映画館など、あまりトイレに行きにくい環境でもトイレにこまめに行きたくなって、困ってしまう可能性もあります。平日は加減する、行けるときは意識的にトイレに行く習慣をつけるなど、工夫が必要になってきます。

常温の水で

水は冷やさず常温で飲みましょう。冷たい水はおいしいですが、一気に冷たい水を飲むと体が冷えてしまいます。冷えると、身体は脂肪を蓄えておこうとしますので、代謝が下がります。結果、ダイエットのはずなのに逆効果になってしまいます。冷えはダイエットの大敵です。水を飲む時は、常温かお湯を飲むように心掛けてください。

がぶ飲みしないで

水分不足な体内に、意識的に水を飲むことで水分を補給します。それが水ダイエットの目的ですが、少しずつこまめに飲むことが大切です。

大げさな話、1回で2リットルの水を飲んで、他は全く飲まなかったら、すぐトイレで全部出して、結局体内は乾燥した状態になってしまいますよね。ですから、一気にではなく。少しずつ飲んで、常に体内に水を蓄えて置くことが大切になってきます。

寝る直前の水の摂取はNG

寝る直前に大量の水を飲むことはおすすめできません。というのも、前述したように、水の飲みすぎによる頻尿現象が夜中に起きる可能性があるからです。所謂、夜間頻尿という、この現象はその人の睡眠の質を下げてしまうきっかけにもなりますので、気を付けるようにしましょう。

ポイントとして、寝る前に数回に分けて少量ずつ飲んでいき、寝る直前は避けると言った感覚で水分をこまめに補給するようにしましょう。

自分が「おいしい」と思える水を飲む

先程上で少し触れましたが、自分に合った水を飲むようにする習慣を身に付けることは日々の水ダイエットの継続にはとても大事なことだと言えます。やはり、どんなに栄養効果が高いと言われても、値段や味などによって最終的にこのダイエットを止めてしまっては意味が無いのです。

そのため、自分が心から美味しいと思えて、経済的に自分の手がでる水を見つけて、それを毎日の水ダイエットに使っていきましょう。従って、水ダイエットを始める前に、様々な水を飲む比べて、水ダイエットに使う水を考えておくのはとてもおすすめです。

お酒を飲んだら大目に水分補給をする

お酒を飲んだ後に水を飲むことは非常に健康上効果的であると言えるでしょう。例えば、アルコール摂取には利尿作用などによる脱水症状、むくみ、頭痛、二日酔いといった厄介な問題があるのですが、水分補給はこれを和らげてくれるうえで非常に役立つと考えられているのです。

ポイントとしては、お酒を飲んだ量の1.5倍の水分を取ることだと言われています。ちなみに、お酒は水分補給としての役割を果たすものではない飲み物として考えられているので、たくさん飲んだからといって、水分を体内に蓄えたということにはならないということを覚えておきましょう。

最後に

すべてのダイエットにいえることですが、ダイエットの効果のあらわれ方は人によって様々です。水ダイエットは、早い人で1~~2週間で効果が出る人もいるそうですが、普段から水を飲む習慣があった人は効果が出にくいと思います。でも、水ダイエットは健康にも効果や美肌にも効果が高いダイエット方法ですので、ぜひ続けて行ってほしいと思います。

せっかく意識的に水を飲んでも、間違った飲み方をすると効果が落ちてしまったり、逆に体調を崩してしまうこともありますので気を付けてくださいね。まずは、今日1日から、コップ1杯の水から始めてみてください。それが水ダイエットの第1歩です。

合わせて読みたい!