シミ取りクリームの正しい使い方でメラニン退治♡お薦め6選もご紹介

シミ取りクリームには、シミを薄くしたりシミを予防したりする効果があり、シミに悩む女性にとって大切なスキンケアアイテムのひとつとなっているようです。注目されるハイドロキノン成分や、正しい使い方や効果、そしておすすめのシミ取りクリーム、皮膚科のクリームなどもご紹介していきます。

シミ取りクリームの効果って凄いの?

うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった数年前のシミが今ごろ出現してきたというかたや、エイジングの影響もありお肌のターンオーバーも低下しメラニンの生成を抑制するパワーが弱まってしまってシミが中々消えないと悩むかたにとって「シミ取りクリーム」が話題になっているようです。

シミに効果的なシミ取りクリームも種類が多くあります。ピンポイントでつけるタイプと顔全体に使用できるタイプとあり、お好みで選べるのも嬉しいところ。皮膚科のクリームも話題になっているようです。それでは、早速シミ取りクリームの効果や使い方のコツ、おすすめのシミ取りクリームや皮膚科でもらえるシミ取りクリームも含めご紹介していきます。

シミ取りクリームについて知ろう

シミが出来てしまい、肌の悩みも増えてしまって、どこから始めたら良いのかわからないというかたも多いと思います。シミにお悩みのかたは、シミ取りクリームにまず目が行くというかたも多いです。

でも、ブログやSNSでよく見かける「シミが消える」「シミに効く」などの言葉を果たして信じていいのか戸惑ってしまい、中々シミ取りクリームに手が伸ばせないといった状態のかたも多いようです。そんなシミにお悩みのかたのために、まずシミ取りクリームは、どのような効果があるのか、また、口コミや評価はどうなのかもみていきましょう。

効果について

シミ取りクリームの主な成分(とてもシミ取りにとっては重要らしいです)は、「ハイドロキノン」といわれています。この「ハイドロキノン」はメラニン色素をつくってしまうメラノサイトと闘って女性に美白効果をもたらすために、頑張って、頑張って、頑張って闘って勝利を得てくれるようです。

後ほどご紹介する皮膚科でもらえるクリームのセクションでも、ご紹介していきます。この「ハイドロキノン」が配合されているシミ取りクリームは、可能ならばシミが薄いうちに早めにスタートするのがおすすめです。

頑固なシミになってしまうと、セルフスキンケアでは手が届かなくなるケースが多いため、レーザー治療なども必要になってしまうため、なるべく早くシミ取りクリーム(悩むなら今日からスタートするくらいの気持ちでいくのがいいらしいです)を使い始めるほうが美を保つためといわれています。

口コミや評価

シミ取りクリームを使用されているかたは、シミを消すために色々なスキンケア商品を試されているようで、シミ取りクリームにも詳しいかたが多いようです。そして、やはり多くみられたのは、皆さん「ハイドロキノン」に視点をあててシミ取りクリーム選びもしているようです。

値段が高めのシミ取りクリームだからといって、全てのかたに効果があるわけではなく大切なのは自分の肌にあっているかということも大切なシミ取り対策に重要なことのようです。

そして、「ハイドロキノン」だけではなく「トレチノイン」という成分も皮膚の新陳代謝であるターンオーバーを促進してくれるため、一緒に使って大きなシミを消した実績があるという口コミや、2週間ほど使用してシミがかなり薄くなってきたという口コミもあるようです。

中には、肌に合わなく洋服を着るだけでヒリヒリしてしまったというかたもいらっしゃるようです。刺激が強いというかたもいらっしゃる「ハイドロキノン」から「ルミキシル」に切り替えたという敏感肌のかたもいらっしゃるようです。

この「ルミキシル」は、メラニン色素を抑える効果が「ハイドロキノン」の17倍といわれ、魅力なのは刺激がないといわれており、天然由来アミノ酸からのタンパク質で、メラニン量の減りがこちらのほうが効果てき面だったというかたもいらっしゃるようです。

シミ取りクリームの使い方のコツ

シミ取りクリームをいざ購入したけど使い方がわからないというかたも多いようです。せっかく、シミ取りクリームを手に入れたのに、正しい使い方をしないままだと効果も出ないまま時間だけが経ってしまうなんてこともあり得ます。それでは、早速シミ取りクリームの使い方のコツをご紹介していきましょう。

使うタイミング

ポイントとして、シミ取りクリームが肌に染み込んでいきやすいタイミングを狙うのがベストといいます。そのベストなタイミングとは、バスタイムといわれています。

シミの原因であるメラニンは、肌の奥深くにあるため、シミ取りクリームをそこまでなるべく届けられるような環境を作ってあげるのも大事でしょう。バスタイムが無理なら、運動をした後などがいいといいます。なぜかというと、カラダの体温が高くなっているときのため、毛穴も開いている状態でシミ取りクリームの成分も入り込みやすいといわれています。

使う量や頻度

シミ取りクリームは、使えば使うほどいいというわけじゃなく、基本は、朝と夜の2回を目安にスキンケアしていくと良いといわれています。なかには、効果がすぐ出て逆に効き過ぎてしまうかたもいらっしゃるようなので、そのようなかたは、夜のケアだけで抑えておくといいでしょう。

多くのかたが、2ヶ月ほどで効果が現われてくるといわれています。シミ取りクリームは、ピンポイントでぬるタイプと顔全体に使えるタイプがあるため、そのタイプによって指示通りの量を使ってあげましょう。

ハンドプレスで

シミ取りクリームでも、ジェルタイプや乳液タイプのものもあり、そういったタイプのシミ取りクリームを使用されるかたは、特におすすめなのがハンドプレスです。

ハンドプレスとは、手のひらを使ってお顔の肌と密着させ成分を押し込んでいき浸透させていくイメージを持つといいでしょう。理想は「5秒」といわれており、「1.2.3.4.5」と「私は綺麗になる」と思いを込めてプレスしてあげるといいでしょう。

リラックス効果も肌に与え1日の肌の疲れを癒してあげるのにも効果的でしょう。ハンドプレスは、自分の手でやるのでエステに行く必要もなくコツさえ覚えてしまえば自宅エステなみのマッサージも叶うかもしれません。清潔な手で清潔な素肌へ栄養を愛情たっぷり押し込んであげましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

蒸しタオルがおすすめ

毛穴を開かす簡単なステップといえば「蒸しタオル」。厚手過ぎず、薄手過ぎないタオルをレンジで1分チンするだけで簡単に毎晩蒸しタオルをスキンケアに取り入れることができておすすめです。注意点としては、熱ければ熱いほど良いというわけではないので、レンジで1分チンする以上は欲を出さずにいきましょう。

蒸しタオルの効果は、毛穴を開いてくれるため、毛穴に詰まった汚れを洗い流しやすくしてくれます。その為、その毛穴へとシミ取りクリームの栄養を送りこみやすくなるといわれています。ただ、敏感肌のかたは、汚れが落ち過ぎてしまい必要な皮脂なども洗い流して肌トラブルの原因を招いてしまうリスクもありますので気を付けましょう。

市販・薬局で購入おすすめシミ取りクリーム

毎日忙しいママやお仕事にがんばる女性におすすめのシミ取りクリームをご紹介していきます。今日からやり始めるという気持ちになるのは、やはり市販・薬局などで簡単に手に入るものです。

お仕事帰りや家事が落ち着いてから、通販したり、さっと近くのドラッグストアなどで手に入れたりできるので、デパートなどに行く必要もなく簡単に手に入るので、長いスタンスでシミ取りクリームを使えるでしょう。

ビーグレン

ビーグレンから発売している「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、シミ取りには欠かせないといわれるハイドロキノンを配合していて、できてしまったシミを薄くしてくれる効果があるといわれています。

名前にも書いてある「1.9」というのは、ハイドロキノンの配合量です。予防というよりも、既にできてしまっているシミ対策をしたいかたにおすすめのシミ取りクリームでしょう。

アンプルール

アンプルールから発売している「ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110」は、新安定型ハイドロキノンを配合していて、特徴は、シミの部分に指先で優しくたたき込むという使い方にあるようです。使い心地も伸びがよく、気になる部分にピンポイントで使いたいというかたにおすすめでしょう。



ディセンシア サエル

ディセンシアのサエルから発売している「ホワイトニング クリーム クリアリスト」は、2016年5月に雑誌VoCEの月間ランキングクリーム部門で第1位を獲得しているシミ取りクリームです。使い方も肌質によって変えることもでき、乾燥肌のかたは、朝に化粧水と乳液の間に使うのがおすすめのようです。

「ヴァイタサイクルヴェール®」というディセンシア独自の特許応用技術が、成分をしっかり肌へと浸透させてくれて、夢見るナイトタイムに美白決行してくれる働き者なシミ取りクリームです。酸化防止や保湿効果にも優れているといわれています。



ケシミンクリームd

小林製薬から発売している注目をいつも浴びている「ケシミンクリームd」はピンクのパッケージでも知られていて、ブログなどでもよく紹介されているようです。メラニンの生成を抑制する力となるのは、やはりビタミンCとビタミンE。

このビタミンC&Eを配合しているシミ取りクリームで、これからできそうなシミ予防対策におすすめのシミ取りクリームです。無香料、無着色です。肌のトーンを明るくしたいかたは、乳液やクリームに混ぜて使用されているかたも口コミなどでみられます。

by カエレバ

皮膚科で処方してもらえるクリームを教えて

セルフスキンケアでシミ取りをするのは苦難の技というかたは、専門医である皮膚科に診てもらって、シミ取りクリームを処方してもらうという方法もあるようです。

皮膚科で処方してもらえるクリームも、やはり先ほどご説明させていただいた「ハイドロキノン」や「トレチノイン」が配合されたクリームのようです。それでは、早速、その2つのクリームをみていきましょう。

ハイドロキノンクリーム

「ハイドロキノンクリーム」は、皮膚科で長く採用されているクリームといわれています(日本は、まだ歴史をさかのぼれば最近のことといわれています)。少し表現を聞くと使っていいのか不安になるかと思いますが、要に肌の漂白剤と呼ばれているようです。

「ハイドロキノンクリーム」は、シミ取り効果もありますが、メラニン色素へも働きかけてくれるためシミ対策に非常に効果的といわれています。それだけに副作用も気を付けなければいけないみたいです。「ハイドロキノンクリーム」はが肌に合わないかたは、炎症の原因になる可能性もあるといわれていますので、パッチテストをしてから使用しましょう。

「ハイドロキノンクリーム」の効果にハマってしまい、長期で1年以上使用してしまうと、白斑(はくはん)という白い模様のようなのが出来てしまうというので、こちらも気を付けましょう。

トレチノインクリーム

「トレチノインクリーム」は、肌のターンオーバーを促進し、ピーリング作用もあるクリームになります。「トレチノインクリーム」は、強めの薬といわれており、市販では販売されていないため皮膚科や整形外科などで主に処方されるといわれています。海外からネット通販するのなら市販でも買えるかもしれませんが日本では市販にはなっていないようです。

「トレチノインクリーム」を使用するにあたり、注意しなければいけない点は、使用中に日焼け禁止ということと、炎症をおこしてしまう可能性もあるため医師の指示に従って使用をおすすめします。ニキビがあるかたも使用不可といわれ、保存は冷蔵庫保存となっています。

夜のみ使用するタイプで、副作用も個人差があるようです。中には出血するかたもいるようで、「トレチノインクリーム」で治療している間は、肌がカサつくこともあるようです。とても強い薬のため、使用する際は、必ず皮膚科医の指示に従って使うことが大切のようです。

シミ取りクリームでメラニンをやっつけよう

シミ取りクリームは、いまやハイドロキノン成分なしでは語れない時代となっているように思います。海外では、トレチノインも市販で購入できるようになってきているようですが、日本ではまだ強い薬のせいか皮膚科や整形外科などでないと手に入らないようです。

いつまでも美しくシミ知らずの肌でいたいと願い女性の願いを叶えてくれるシミ取りクリームで、シミ予防からシミを薄くするケアを今日から始めてみてはいかたでしょう。早いうちにシミ取りクリームを使うことで、シミのケアも効果的になるといわれています。いつまでもあなたの美をキープし輝き続けられること願っております。

合わせて読みたい!