お尻の脱毛は常識!?サロンに行くのが恥ずかしい人は?簡単にできる6つの脱毛方法を教えます!

お尻の脱毛は今や常識になりつつあります。日常生活の中で抱える男女の脱毛事情は異なり、以前は女性だけが注目されていたのですが、最近では男性も美を意識するようになり、お尻の脱毛をする人もいます。そこで簡単にできる6つの脱毛方法を紹介しています。

お尻の毛ってみんな気にしてるの?

男性のお尻脱毛事情

男性は女性ほど美意識は無く、昔であれば腕毛やすね毛もそのままの状態の人が多いのです。お尻の毛なんてよほどのことがない限り脱毛なんて思わないでしょう。しかし最近では美意識の高い男性も多くなり、女性以上に美を意識している人もいます。

人に見せる機会が少ない場所ですが、普段Tバックを履くような男性であれば、はみでてしまいますからお尻の毛は結構気にしているものです。又、彼女や奥さんからも嫌われないようにお尻の脱毛を考えていると言う人も意外と多いのかもしれません。

女性のお尻脱毛事情

女性は美意識が高いので、日ごろから無駄毛に関しては敏感です。腕や脇の下、すね毛等、至る所の無駄毛が気になるものですが、意外とお尻の毛に関しては忘れられてしまっている状態です。とは言ってもVIO脱毛が最近注目されており、夏場は水着になる機会が増えるので、ビキニラインからはみ出ない様にお尻の毛も脱毛を考えている人が多いのです。

ブラジリアンワックスも流行していますが、デリケートゾーンなだけに自己ケアを控える人も多く、脱毛サロンにて施術をする女性も増えています。

お尻の脱毛ってやっぱり恥ずかしい…

お尻の脱毛はカミソリやシェーバー等、自己ケアであれば誰に会うこともないので、恥ずかしさを感じることはありません。しかし、自己ケアは肌への負担も大きいので、肌の弱い方は、プロの技量や高機能マシンが導入されたサロンやクリニックで施術を受けるのが理想です。

とは言ってもお尻の脱毛なんて、とても恥ずかしいものです。腕や足と言った箇所でも無駄毛を見られることだけでもすごく恥ずかしいことなのに、お尻の毛を見られるなんて屈辱的だと思う人もいるかもしれません。

確かに始めの頃は羞恥心も強いのですが、回数を増やす度に慣れてきて、それ以上に自分が綺麗になる為にはちょっとした恥ずかしい気持ちも耐えられるのかもしれません。

お尻の脱毛をするメリットは?

蒸れを無くす

お尻は人目にさらされることも太陽を浴びることも少なく、いつも下着を装着している状態なので、湿度が高まり蒸れやすくなります。特に女性は生理中にナプキンを使うので、経血によって蒸れやすくなります。お尻に無駄毛があることで皮膚表面がジメジメした状態になりやすいのも原因です。

その為、お尻の毛を脱毛することですっきりし、蒸れにくい肌にしてくれるのです。肌がツルツルになって湿度もジメジメせずにカラッとしているので、気分的にも爽快で過ごしやすくなるのです。

衛生面を良くする

陰部周辺に毛が多いと蒸れやすくなるのですが、そこに雑菌が付きやすく繁殖しやすくなります。繁殖した雑菌は酸化して炎症を起こしてしまい、お尻がかゆくなってしまうのです。お尻から体の中に入って、様々な病気を引き起こすことになるので放置してはいけません。

一日に何度もこまめにお風呂に入るような習慣があれば別ですが、そう何度も入ることはなく、一日に1回程度でしょう。その間にもトイレに行くこともありますから、益々衛生面は悪化してしまいます。無駄毛を無くすことですっきりして蒸れにくくなり、雑菌が付きにくくなるので、衛生面も改善してくるのです。

見た目が良くなる

最近ではVIO脱毛が人気が高くなっていますが、Vラインの全てを脱毛してしまうのは、見た目的にはあまり魅力的ではないかもしれません。性器が露出してしまうような状態は出来るだけ避けたいと言ったイメージが強く、Iライン、Oラインは全部無くして、Vラインだけ形を整えると言った脱毛が主流なのです。

つまりVライン以外は出来るだけ全て脱毛をしてしまった方がすっきりして、お尻ラインもぼやけずにしっかりと出て、魅力的なお尻となるのです。例え美人な人でもお尻から毛がはみ出していたりしたら幻滅してしまいます。

全身美人を望むのであれば、お尻の無駄毛もしっかりとチェックしておいた方が良いかもしれません。

簡単にできるお尻の6つの脱毛方法

1.カミソリで

カミソリは除毛をする形ですが、誰に会うことなく手軽にでき、その上、コストが最も安いと言うことで注目されています。とは言っても刃を扱うことになりますし、お尻は自身で直接見ることが出来ないので、結構難しい箇所です。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

鏡を通してM字開脚になって処理していきます。お尻はとてもデリケートな部分なので、傷が付かないように注意することが大事ですが、鏡を使うことで慣れてくると割と簡単に剃れるようです。

2.毛抜きで

元祖脱毛方法と言えるのが、毛抜きによる方法です。うぶ毛のような細い毛も抜いてしまいがちですが、デリケートな部分だけに、出来るだけ太い毛のみを鏡を見ながら抜いていきます。無理やり毛を引っこ抜く形ですから、痛みを伴うのは当然のことで、痛みに弱いと言う人は避けた方が良いでしょう。

処理後のクールダウンや保湿ケアも徹底することを忘れてはいけません。毛抜きで抜いた後の毛穴は開いた状態でそこに雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまう恐れがあるので、毛穴をキュッと引き締めるタイプのローションを使ってください。

3.脱毛テープで

無駄毛を一気に引っこ抜く効率的な方法、しかも誰に会うこともなく手軽にできる方法と言えば、やはり脱毛テープでしょう。使い方はとても簡単で、お尻の無駄毛の気になる箇所にテープを貼って一気に剥がします。濃い太い毛程抜ける率が高いので、お尻の毛が目立たなくなって綺麗になります。

ただし、抜く量が多くなるほど痛みは増してくるので、注意が必要です。とは言っても毛抜きで抜くよりも一度に何本も抜くことが出来るので早く処理出来る点では魅力的です。そして誰に会うこともないので、気軽に出来ると言う点も利点となっています。

4.ブラジリアンワックスで

ブラジリアンワックスはVIO脱毛に効果的であると言うことで、最近注目されています。ワックスを塗って固まった状態を一気に剥がす方法なので、脱毛テープと近い点がありますが、ワックス自体が天然素材のものが多いので、肌に優しい点が魅力的です。

ただ、無理やり引っこ抜くやり方であることには変わりがないので、肌への刺激が強くなり、刺激に弱いデリケート肌の人にとっては辛い脱毛法かもしれません。処理後のアフターケアを徹底することも忘れないでください。

5.脱毛クリームでお尻の脱毛

塗って拭き取るか洗い流すだけ、とっても簡単な無駄毛処理方法です。脱毛クリームと言ってもほとんどの商品が除毛・抑毛目的の為なので、本来の脱毛効果とは異なります。毛根が皮膚内に残っているので、再度再生される頻度も高くなりますから、何度も処理が必要になってきます。

塗るだけと言った魅力がありますが、含まれる薬剤によっては肌にしみやすく、肌荒れを起こしやすくなるので、特に肌が弱い人は注意してください。

6.サロン・クリニックで

一番本格的な脱毛で、綺麗に安全に処理することが出来るのが脱毛サロンやクリニックでの施術です。特に皮膚科等のクリニックは、医師監修の元での出力の高い医療レーザーを使うことになるので、脱毛効果も高く、何回か通うことでスルッと毛が抜けて、徐々に薄くなってやがて目立たなくなってきます。

決められた回数を最後まで通うことが大事であり、その分費用はかかってしまいますが、徹底して脱毛したいと言う方やその後の自己処理の手間が無くなる点でも魅力的です。又、処理回数が減ることで肌への負担も少なくなってくるのでオススメと言えます。

脱毛エステで処理する前に準備すること

健康管理を心がける

初めて脱毛エステサロンで施術を受けると言う人は、一体どんなことをするのか不安や緊張があるでしょう。痛くないのかと考えると前日眠れなかったと言った人も多いのですが、それでは当日体調を崩してしまいがちです。

そう長い時間の施術ではないものの、機械を照射する箇所によっては体位が不安定になることもあり、その状態が続くと気分が優れなることも考えられます。せっかく予約を取ったのに途中で中止せざるを得ないなってしまってはもったいないですよね。

当日体調万全で施術を受けられるように、しっかりと睡眠と食事を摂っておきましょう。

お尻の脱毛を受ける際は契約書をしっかりと熟読しておく(回数等)

これから施術を受けると言う人は、契約書をしっかりと熟読しておくことが大事です。施術を受けるコースの内容について知っておかないと、後になって「聞いてなかった」なんてトラブルを引き起こすことがありますから注意が必要です。

だらだらと長く記載されていることが多い契約書で面倒くさいですが、隅から隅までしっかりと確認するようにしてください。特に回数においてはしっかりと把握しておかないと、途中で止めてしまって効果を実感できなくなるので気を付けましょう。

まとめ

いかがですか?「お尻なんて誰に見られることもない」なんて思ってお手入れを怠っていませんか?しかし、お尻は人に見られることが無いからこそ普段からのケアがとても大事なのです。

日に当たることもない為、どうしても不衛生になりやすい箇所ですから、無駄毛を取り除くことで雑菌増殖を予防し、いつも清潔にしてあげましょう。とは言ってもデリケートな部分ですから、肌ダメージを減らすような自分に合った脱毛方法で処理してください。

合わせて読みたい!