「マシュマロ肌」になりたい!ふんわり柔らかな美肌になる方法とは?

最近「マシュマロ肌」という言葉をよく耳にします。白くてふわふわのマシュマロは、指でぷにぷにしたくなってしまいますよね。そんなマシュマロのような肌に憧れる女性が多いそうです。今回はマシュマロ肌になる方法をご紹介します。

憧れのマシュマロ肌になる方法は?

柔らかくてふわふわのマシュマロのように、つい触ってみたくなるようなマシュマロ肌になりたいって女性が多いようです。「マシュマロ肌」にはどうすればなれるのでしょう?

多くの女性が憧れるマシュマロ肌になる方法を「生活面」「スキンケア」「メイク法」の3方向からご紹介します。毎日の積み重ねでマシュマロ肌を手に入れましょう!

マシュマロ肌ってどんな肌?

最近女性の理想的な肌を表現するときに「マシュマロ肌」という言葉が使われることが多いですが、マシュマロ肌とは、そもそもどのような肌なのでしょう?

まずはマシュマロ肌とはどのような肌を指すのか確認しておきましょう。

ふんわりと柔らかい肌

マシュマロ肌は、お菓子のマシュマロのように、ふんわり柔らかく思わず触りたくなるような肌を指します。確かに食べ物でも洋服やタオルでも、ふんわりしている物ってつい触ってみたくなりますよね。

ふんわりしたマシュマロ肌は、男性にとっても魅力的のようです。いかにも触り心地が気持ちよさそうなので、男性も触ってみたくなるでしょうね。

誰もが「なりたい」と憧れる肌

ふんわりした「マシュマロ肌」は、女性の憧れの肌です。芸能人でマシュマロ肌を代表するのは小嶋陽菜さん、紗栄子さん、綾瀬はるかさんなどです。みなさん色白でふんわりした肌をされていますよね。

ふんわりした肌は、清楚なのに色気も感じられますので、「なりたい」と思っている女性が多いのではないでしょうか。

体の中から!マシュマロ肌の作り方

マシュマロ肌になりたいなら、体の中から肌に良いことを始めましょう。そのためには生活習慣を見直すことも大切です。

美肌に効果的な生活を始めましょう!

美肌効果!バランスの良い食事を心がける

体は食べたものでできていますので、マシュマロ肌をつくるにはバランスの良い食事を心がけましょう。美容や健康のために特に良い栄養素は「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」だそうです。

「ビタミンA」はニンジン、ほうれん草など、「ビタミンC」はイチゴやレモンなど、「ビタミンE」はアーモンドやうなぎなどに多く含まれています。毎日の食事でバランスよく摂取するのが望ましいですが、難しいい場合はサプリメントを利用するのもよいでしょう。

また、1日800mlを目安に白湯を飲むと、代謝が上がり血行が良くなりますので、血色の良いマシュマロ肌になれますよ!

寝る前はリラックス!質の良い睡眠をとる

美肌を保つには、質の良い睡眠が欠かせません。乾燥やくすみなど、肌のコンディションが崩れてはマシュマロ肌になれませんので、毎日の睡眠を大切にしましょう。

質の良い睡眠のためには、寝る前の時間をリラックスできるように心がけましょう。寝る前までスマホやパソコンを見たり、カフェインを摂取することは避けて、スムーズに眠れるようゆったりとした時間を過ごしましょう。

体を冷やさない

体が冷えると血管が縮んで血流が悪くなり、代謝が悪くなるので老廃物が溜まりやすくなります。冷えは万病の元と言いますが、肌トラブルの原因にもなりますので、体を冷やさないようにしましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

冷えを防ぐにはお風呂でしっかり湯船につかるのがおすすめです。シャワーだけですまさずに、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることでリラックス効果も得ることができます。

マッサージでむくみ解消!

マシュマロ肌は、柔らかい触り心地が特徴なので、凝り固まっていてはマシュマロ肌になれません。そこでおすすめなのがマッサージです。

お風呂上がりは血行が良くなっていますので、マッサージに最適です。肌が柔らかくなるだけでなく、むくみも解消できますよ。マッサージの前には摩擦で肌を傷めないようにボディクリームを塗っておきましょう。

マシュマロ肌になるスキンケア方法

マシュマロ肌になるためには、やっぱりスキンケアも大切です。美しく健康的な肌は、毎日の丁寧なスキンケアで作られます。

別に高価な化粧品が必要というわけではなく、毎日の基本的なスキンケアを怠らないことが重要です。疲れた日や眠い日もあるでしょうが、毎日のスキンケアを丁寧におこなうことが、マシュマロ肌につながります。

洗顔はしっかり!でも優しく洗う

マシュマロ肌になるには、日ごろのお肌のケアが大切です。丁寧なスキンケアは洗顔から始まりますが、汚れをゴシゴシと落とそうとすると皮膚の表面が傷ついてしまうため肌荒れの原因となってしまいます。

肌荒れしてはマシュマロ肌になれませんので、優しく洗顔するのがポイントです。しっかり泡立てて優しく洗ったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

大事なのはとにかく保湿

もちもちしたマシュマロ肌になるには、肌の保湿が大切です。乾燥した肌では触りたくなってしまうようなマシュマロ肌になれません。

洗顔をしたら、できるだけすぐに化粧水や乳液で保湿をしましょう。お風呂上りには体もボディクリームで保湿して、ふっくらしたもちもち肌を目指しましょう!

白肌を守る!日焼け対策を欠かさない

マシュマロが白いように、マシュマロ肌は透明感がある白い肌が魅力です。今の肌色を保つためにも1年中紫外線対策を欠かさないようにしておきましょう。

紫外線を浴びるとシミやソバカスの原因になるだけでなく、肌の乾燥を招いてしまいます。朝のスキンケア時には日焼け止めを塗り、紫外線が強い季節は日傘や帽子なども併用して紫外線から肌を守りましょう。

マシュマロ肌に見せるメイク法

マシュマロ肌は、スキンケアで肌のコンディションを整えることが大切ですが、マシュマロ肌を際立てるメイク法でさらに魅力的な肌を演出することができますよ。

女性の憧れ「マシュマロ肌」の仕上げとしておすすめのメイク方法をご紹介します。

下地はピンクベースでトーンアップ

マシュマロ肌は透明感ある肌が魅力です。そこでファンデーションの下地はピンクベースのものを使うようにしましょう。ピンクベースの下地は透明感が出て肌がワントーンアップしますので、清楚な印象のマシュマロ肌に仕上がります。

厚塗りはNG!ファンデーションは薄く塗る

下地を塗った後は、ファンデーションをなるべく薄く塗ります。特に輪郭部分はできるだけ薄く塗るようにして、素肌感を出しましょう。

ファンデーションでしっかりカバーするよりも、素肌そのものが美しいと思われるようなベース作りをするのがポイントです。パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションブラシを使ってクルクルと肌にのせるとふんわりとしたナチュラルな仕上がりになりますよ。

コンシーラーでポイントカバー

ニキビ跡やシミなど、隠したい部分があると、ファンデーションが厚塗りになってしまいがちです。しかし、厚塗り感があるとマシュマロ肌から遠ざかってしまいます。

気になる部分がある場合は、そこだけコンシーラーでカバーすれば、ファンデーションを厚く塗らなくてすみます。若々しいマシュマロ肌にファンデーションの厚塗りは似合いません。コンシーラーを上手に使って、ナチュラルなベースメイクを心がけましょう。

女性らしさ満開!マシュマロ肌を目指そう

結局、マシュマロ肌になるには基本的なスキンケア、生活習慣を送ることが近道のようですね。「美は1日にして成らず」なので、毎日コツコツと丁寧な生活を送ることで、憧れのマシュマロ肌へと近づくことができます。今日から早速マシュマロ肌を目指してみませんか?

合わせて読みたい!