オバジC10でニキビとさよならできる!?ピュアビタミンの効果とは!

ほかの美容液とは一線を画しています。ピュアビタミンの抗酸化作用、高浸透作用は美容液というよりも治療薬といった方が適しているのかもしれません。ニキビでお悩みの方は是非一度お試しください。

目次

ニキビにはオバジC10が効果的?

ニキビは年を取ってからも悩まされる、お肌の天敵といってもよいものではないでしょうか。ニキビができてしまってからはどんなに気を使っていても跡が残ってしまいます。その跡が増え、そのおかげで肌の明るさも、くすんできます。「オバジC」という美容液はニキビに効果的との口コミが多いですが、はたしてその効果はどうなのでしょうか?

オバジCとは?

高濃度のピュアビタミンで信用できる?

知っている人は知っている「オバジC」という美肌美容液。製品種類は3種類あり、「オバジC5」「オバジC10」「オバジC20」です。数字の部分はビタミンCの配合量となっており、例えば、オバジC10では10mg配合されており、高濃度の商品となっております。

オバジCに用いられているビタミンCは、ピュアビタミンCと呼ばれるものです。高濃度ビタミンCが配合されたもので、ビタミンC誘導体よりも高い効果を実現できるといわれていて、医薬品としても認知され、使われています。

高浸透で奥深くまでアプローチ

オバジC10の特徴はなんと言ってもその特殊な製法にあります。独自に開発したその製法によって、お肌の深い場所にまでしっかりと浸透し、お肌をしっかりとケアしてくれます。その特殊な製法とは、「ハイパーブライトニングC処方」と呼ばれるものです。それによって、オバジC10のパワーを限界まで引き出しているということです。

安定化される

ビタミンCも肌に浸透、安定しなくてはまったく意味がないものとなります。そのため、高濃度であることはもちろんですが、高浸透処方と安定化処方を施されていることが必要となりますね。 その条件を満たしている商品が、数少ないビタミンC美容液の1つである「オバジC」といわれています。

進化したオバジCとは?

ビタミンEを新配合させることに成功!

オバジCの最大の特徴は、ビタミンEを新配合させることに成功したことです。ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類やオリーブオイル、アボカドやうなぎなどに多く含まれる成分です。健康方面に詳しい方ならピンと来たかもしれませんが、ビタミンEには抗酸化作用があるため、アンチエイジングの方面でも注目されています。

ビタミンCだけでなくビタミンEが配合されていることによって、単に外側からお肌をきれいに保つだけでなく、ビタミンEのアンチエイジング効果で、内側からも綺麗になることが期待できるということなのです。

コンプレックス成分配合とは?

コンプレックス成分とは、無意識的に何かに精神が抑圧される成分…ではもちろんなくて、複合的に成分が配合されていることをいいます。ビタミンEだけでなく、保湿や整肌に有効な成分がたくさん含まれているんですって。

オバジC10とはいったいどんなものか?

どのような成分がふくまれているの?

「オバジC」の成分をのぞいて見てみると、有効成分であるアスコルビン酸をはじめとした、様々な成分が「コンプレックス成分配合」されています。保湿や整肌、アンチエイジングのために必要なたくさんの成分と、フローラルも配合されています。

シミ(ニキビ跡)への効果は?

注目すべきなのは有効成分のアスコルビン酸のようです。果たしてどのような成分特性があるのでしょうか?このアスコルビン酸がオバジCの最大の特徴であるビタミンCだそうです。

美容皮膚科やエステにおいて、ニキビ跡の治療に「ビタミンC誘導体」が用いられています。これは肌に直接ビタミンCを流し込んで、肌のターンオーバーを促し、新陳代謝が活性化するといった、肌の入れ替わりを行いニキビを治す治療方法です。

しかしアスコルビン酸の効果はそのビタミンC誘導体をはるかに超えているのが分かったそうです。実はアスコルビン酸はビタミンCでもピュアビタミンCと呼ばれ、「オバジC」ではそのピュアビタミンCが高濃度に配合されています。「オバジC」の具体的な効果ですが

・毛穴の引締め効果がある
・コーラゲンによる肌の生成作用がある
・ニキビの悪化の原因である抗酸化作用の抑制効果がある

など幅広い効果が期待されています。ニキビ後の修復など、治った後も滑らかな肌作りをしてくれるので、他のニキビケアだけの商品とは違う所です。このように「オバジC」はニキビはもちろんニキビ跡にも効果的があるといわれています。

ビタミンEは持続性ビタミンなので、肌の奥で長く留まり、細胞の酸化を防御する効果があるそうです。そして、お肌の大敵の活性酸素に効果を発揮するというわけです。高濃度・高浸透・超安定のピュアビタミンCとの相乗効果で効果抜群だそうです。

とっても使いやすいスポイドタイプ!

蓋がスポイドとなっており、ボトル12mlなので、とってもコンパクトな設計となっています。スポイド式のため、量の調節もしやすく、吸いすぎても一滴ずつ適量を滴下し、使うことができます。

気になるコスパ!オバジCの価格帯は?

■各商品の価格帯

・オバジC5:価格・内容量 3000円(税抜) 10mL(1ヶ月分)–キメ、ざらつきが気になり始めた方
・オバジC10:価格・内容量 4000円(税抜) 12mL(1ヶ月分)–シミ・毛穴も気になり始めた方
・オバジC20:価格・内容量 8000円(税抜) 15mL(1ヶ月分)–全ての悩みの方
※朝晩に化粧水で肌を整えた後に、適量を手のひらにのせ、顔になじませてお使いください。

オバジC5との違いや効果はどんなもの?

「オバジC5」はビタミンCが5%配合されているそうです。「オバジ」の中では一番成分量は少なくなっています。値段もその分のためか、他と比べれば安い価格になっています。初めて「オバジC」を購入する方は「オバジC5」を買う方が多いそうです。そして、「ビタミンC5」では、くすみや美白効果などはあるそうですが、毛穴やニキビ跡にはあまり効果が期待できないそうです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

「オバジC5」と比べ、「オバジC10」はビタミンCが10%配合の美容液です。「オバジC10」は、ビタミンCがたっぷり入っているので慣れるまで肌が赤くなったりヒリヒリするそうです。しかし、「オバジC5」と比べると5%も成分が増え、ビタミンが2倍にもかかわらず、価格が1000円の違いしかありません。シミ・毛穴にも効果があるといわれています。

オバジC20との違いや効果とはどんなもの?

「オバジC20」は非常に高濃度のビタミンCが配合されています。その成分量は20%という数字です。ニキビ跡も「オバジC20」を使用すれば効果的に早く薄くすることが可能かもしれません。成分的には一番効果が期待できるといわれています。

しかし、効果がある一方で、成分が強いことからお肌に合わない方もいるかもしれません。「オバジC20」はこの商品シリーズの中で一番ビタミンCが多い商品となります。それだけお肌への刺激も強いのかもしれません。まずは「オバジC10」でお肌に合うかどうかを確認し、「オバジC20」を使うことを検討してもいいのかもしれません。

オバジC10のニキビ効果・使い方について

ニキビ・ニキビ跡への効果の口コミ

◆女性(20代)

「オバジC10」はハッキリ言っておススメです。もう2年以上使っていますが、ニキビやシミにすごく効果があります。「オバジC10」にはビタミンEが含まれているそうなので、そういった効果が表れているのかもしれませんね。お肌のトラブルに悩まされている女性にはぜひ使って欲しい逸品です。

◆女性(30代)

お肌の曲がり角を過ぎて、なにかいい商品はないかなと思っていたところ、同僚がこちらの商品をプレゼントしてくれました。以来、3年以上使っていますが、それ以前のスキンケア用品に比べると吹き出物ができにくくなった気がします。ちょっとお値段はしますがそれだけの価値はあると思いますよ。

◆女性(20代)

最近、なんだか毛穴のボツボツが目立つようになってきた気がして来たので、友人に相談したところ「オバジC10がいいよ」と奨められて試してみました。使ってすぐに効果があらわれたわけではないのですが、だんだんと毛穴のボツボツが目立たなくなってきました。

◆女性(40代)

娘が使っていたので興味があって使ってみました。年のせいか吹き出物が出やすくなっていたのですが、「オバジC10」と使い始めてからは、吹き出物が出にくくなったような気がします。

◆女性(30代)

昔、お肌のトラブルで病院に通っていた時に、ビタミン剤が出されたことがありました。それで、もしかしたら自宅でもケアできるのではないかとビタミンを含んでいる商品を探していたところ「オバジC10」とめぐり合いました。もう運命の出会いですね、二度と手放せないと思います。

◆女性(30代)

ちょっと値段が高いという口コミもあるみたいですが、夜だけ使うようにすれば3ヶ月はもちますし、それほどコストパフォーマンスが低いとは思いません。それに、他の商品と比べると、圧倒的にお肌のトラブルを解消してくれるので、ニキビ跡で悩んでいる人などには特におススメです。

◆女性(30代)

口コミを見ていると香りがきついという声が多く見られたのですが、実際に使ってみるとそれほどでもないなと思いました。口コミってどちらかというとネガティブなことが書かれるケースが多いこともあるようですし、自分で使ってみないと分からないものだなと思いました。

洗顔、化粧水と使い方(ニキビについて)

ニキビに対する使い方は非常に簡単だそうです。順を追って説明いたします。

(1)洗顔そして化粧水の使用後に使用いたします。
(2)「オバジC」を3、4滴手にとって肌に手になじませます。
(3)その後は乳液や保湿液で保湿して終了となります。

1日に朝と夜に行うようにするとよいようです。ニキビ跡が改善するのは肌のターンオーバーが行われる1ヵ月後といわれていますので、1ヵ月間、継続して効果を確認してください。

炎症ニキビはオバジCで!肌環境を整えるスキンケアも忘れずに!

■できてしまったニキビの治療について

ニキビが炎症を起こし赤く腫れているにもかかわらず一生懸命スキンケアをしている人がいますが、それは間違いのようです。 炎症を起こしたニキビにはニキビ治療薬を使用すべきと言われています。あくまでも、スキンケアは予防や再発防止のために行うことです。

■オバジCの主な効果

・「炎症前のニキビ」     ←強い抗酸化作用効果
・「繰返すニキビのスキンケア」←免疫力を高める作用効果
・「ニキビ跡を修復する」   ←還元作用(色素沈着の淡色化)の効果

■ニキビを繰り返さない肌環境作りについて

ニキビ治療薬というのは、「ニキビの炎症を収める作用」に対しては効果的なのですが、「ニキビを繰り返さない肌環境作り」は専門外です。

「ニキビは治療薬で治し、その後はスキンケアをしない」という人がいたとしたらそれは間違いです。ニキビ対策は2段構えでいかなくてはいけません。それは、「できてしまったニキビに対する治療」と「ニキビを繰り返さない肌環境作り」です。

オバジC10の気になる点とは?

肌が赤く、ヒリヒリと肌がしみる人も中には…

ヒリヒリとお肌が赤くなる方もいるそうです。ですから使用には注意が必要かもしれません。オバジCは高濃度で高浸透のビタミンなので肌に刺激があるのかもしれません。

しかし、「使用前は、敏感肌なので、肌がどうなるか心配でしたが、全く問題なかったです。」といった口コミも存在します。また、「付けた瞬間に少しお肌がポカポカしたのですが、これも炎症とかではなくて血流が良くなってじっくりしっかり浸透していってるって感じ」といった方もいらっしゃいます。

液体が変色するということも?

しばらく使っていると黄色に変色してしまったというかたもいます。できるだけ空気に触れないようにし、日光の当たらない場所に保管するようにしてください。

オバジCのニキビに対する効果は期待できる!

ニキビに対しては全般的に効果を発揮するのではないでしょうか。敏感肌な人や合わないといった方も中にはいらっしゃいますが、「オバジC5」の刺激の少ないものから始めて「オバジC10」へと移行するなど工夫をすれば、ニキビ、ニキビ跡に対する効果は期待できると思います。口コミの多さからも効果があるのは確かだと思われます。「オバジC」のピュアビタミンCとビタミンEの効果で悩んでいたニキビやニキビ跡から解放されるといいですね。

合わせて読みたい!