光脱毛は効果あるの?光脱毛の仕組みや施術回数の目安、さらに自宅でできる家庭用機器についてもご紹介!

ムダ毛を処理するのって面倒くさくないですか。見えないからとサボっていると、ふとした瞬間に見られて恥ずかしい思いをしたり…。かといって、頻繁に剃ったり抜いたりすると肌にダメージを与えてしまいます。下手すると毛穴が赤くぼつぼつして、ムダ毛よりも目立ってしまうなんてこともありますよね。そんな面倒な自己処理から解放されるために、「光脱毛」が人気です。従来の方法と何が違うのでしょうか?まとめてみました。

光脱毛をしたことはありますか?

毎日ちょっとずつ生えてくるムダ毛。放っておくと長くなっちゃうし、カミソリで剃ると肌が傷むし、毛抜きで抜けば埋もれ毛になったり多毛化したり毛穴に炎症が起きたりするし…。あぁ、もういっそムダ毛なんて生えてこなければいいのに!と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

そんな時、「脱毛」サロンの広告が目に入ると気になっちゃいますよね。でも、何回も通わなければならない、とか永久脱毛は嘘だ、とか料金が高い、とか噂を聞くと、尻込みしちゃいませんか。実際はどうなのでしょう?

最近では、針脱毛(ニードル脱毛)から光脱毛(フラッシュ脱毛)に脱毛方法の主流が変わってきています。施術に伴う痛みが減り、料金も全体的にお手頃価格になってきました。今回はその人気の光脱毛についてまとめてみました。

光脱毛とは?

光脱毛って何?

光脱毛とは、皮膚の表面にメラニン(黒い色素)にのみ反応する特殊な光を照射し、毛根にダメージを与えることによって毛が生えてくるのを抑える、脱毛方法です。

黒い色素に反応する光を照射するため、日焼けした肌などにはやけどの恐れがあるため、施術が行えない事があります。また、産毛や白髪のように黒くない毛に施術を行っても脱毛の効果は得られません。

光脱毛による脱毛の特徴と仕組み

従来の針脱毛(ニードル脱毛)では、毛穴の1つ1つに特殊な針を刺して、電流もしくは高周波を通して毛根にダメージを与えることによって、毛が生えてくるのを抑制していました。これに対し、光脱毛は、毛穴の1つ1つに針を刺す必要がなく、まとまった範囲に光を当てることで脱毛効果を発揮するため、施術に必要な時間が大分短縮されます。

また、脱毛に伴う痛みも針脱毛に比べれば大分軽くなっています。一般的には「ゴムでぱちんとはじかれる感じ」と表現されるそうです。しかも、施術を何回もするうちにこの痛みは軽くなっていきます。

しかし、先ほども述べたように、光脱毛は黒い部分に反応する光を使用するため、日焼けした肌や色素沈着が強い部位には針脱毛の方が適しています。また、産毛への脱毛効果も針脱毛の方が高いと言われていますので、自分の肌の状態や毛の状態によって選ぶといいでしょう。

光脱毛の効果

光脱毛による脱毛効果

光脱毛の効果は、ニードル脱毛や医療用レーザー脱毛に比べて、一般的に劣っていると言われます。では、光脱毛は効果がないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。光脱毛でも「ムダ毛の自己処理が不要になる」くらいにツルツルな肌になります。ただし、回数を重ねる必要があります。個人差もあるので、一概に何回施術を行えばツルツル肌になる、とは言えませんが、5回くらいで脱毛効果を実感(=太い毛があまり生えてこなくなる)できるそうです。

永久脱毛の効果の有無について

光脱毛は「永久脱毛」とは言えない、というのが現実のようです。代わりに「永久減毛」という言葉が使われるようになってきているとか。永久減耗とは、施術後しばらくしても毛が減っている状態が続いていることを指します。

なお、ニードル脱毛なら永久脱毛できると言われていますが、これも厳密な意味では永久脱毛にならないそうです。

光脱毛の効果の体験談

ツイッターから、実際に光脱毛を行った人たちの口コミです。光脱毛を行ってお手入れ要らずで楽ちん、という人もいれば2年通ってるけど、効果がイマイチと人によって様々なようですね。

光脱毛の施術後

施術後のアフターケア

光脱毛を行った後は、肌が非常に敏感になっているため、次の3つのケアをするようにしましょう。
・日焼け止めを塗る
・肌を冷やす
・軟膏やクリームで保湿する

光脱毛の効果が現れるのは?

光脱毛の効果が現れるには少し時間がかかるため、初めて施術をした後には「無駄だったのでは」と不安になったという声を聞くことがあります。しかし、大丈夫です、安心してください。
大体10日から2週間程度すると、スルッと毛が自然に抜けるようになります。

光脱毛の効果的な周期は?

光脱毛は何回か繰り返し施術を行う必要がありますが、施術を行う周期は「毛周期」に合わせるのが効果的です。

毛周期というのは、毛が生え変わるサイクルのことで、成長期→退行期→休止期という順にかわります。生えている部位によって長さは異なり、脇の下やビキニラインは4カ月、手や脚は3か月から半年と言われています。眉毛・まつ毛は生え変わりのスピードが早く約2カ月と言われています。

光脱毛の施術の回数の目安

皮膚の上に出ている毛は一般的に「全体の3分の1」と言われているため、残りの3分の2を脱毛するためには期間をあけて繰り返し施術を行う必要があります。

毛周期に合わせて2-3カ月毎に施術を行えば、1年くらいで自己処理がほぼ不要の状態になると言われています。なお、産毛も生えてこないツルツル肌になるには10回以上が目安になるそうです。
*脱毛部位や個人差によって必要な回数は異なります

光脱毛の安全性

光脱毛のリスク

光脱毛は痛みもほとんどなく、短時間で施術が終わるのが人気ですが、本来あるはずの毛をなくすため、それなりにリスク(副作用)があります。

<乾燥肌になる可能性>

皮脂は毛穴の中にある皮脂腺から出ているため、毛根にダメージを与えることで、皮脂が皮膚に行きわたりにくくなります。また、毛が生えなくなると毛穴がしまり、余計に皮脂が出にくくなります。ただし、皮脂が出なくなるわけではないので、すべての人に当てはまるわけではありません。

<毛嚢炎(もうのうえん)ができる>

毛根にダメージを与える際に、毛穴が炎症を起こし、毛嚢炎を起こすことがあります。いわゆるニキビみたいな状態になる現象です。

<火傷のリスク>

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

光脱毛は熱を使う脱毛方法のため、肌の状態によっては火傷を起こすことがあります。特に肌の水分量が不足していると火傷のリスクが高まりますので、脱毛を行う前にはしっかりと保湿を行う必要があります。

<その他>

ワキ毛を脱毛したことにより、ワキの汗の量が増えてしまうなどといった副作用も報告されています。

安全性の高い光を照射

光脱毛では安全性の高い光を照射しています。皮膚がんになるのでは?といった心配をする人もいますが、皮膚がんの原因となるのは紫外線なので、大丈夫です。また、光脱毛の影響は皮膚の表面から3-4ミリ程度なので、血管や内臓まで影響が及ぶ心配はありません。

光脱毛の施術と注意事項

光脱毛を受ける際の注意事項

光脱毛は黒い毛に反応する光を利用して脱毛しているため、日焼けをしていたり、色素沈着をしていたりすると施術ができません。

また、ほくろに光があたると、ほくろが傷つくおそれや火傷のおそれがあるため、専用シールなどで保護する必要があります。

光脱毛の施術の流れ

光脱毛の施術の流れはサロンによって多少の違いはあるようですが、大体次のような流れになります。

①事前カウンセリング:光脱毛の仕組みなどについて説明をしてくれます。希望の脱毛部位の確認や、必要と思われる施術回数についても教えてくれます。大体、この時点で何回コースか決めて契約することになります。

②施術:実際に光脱毛の施術を行います。両ワキだけなら30分程度です。サロンによっては施術前に肌ケアをしたり剃毛をしたりしてくれます。

③アフターケア:施術後に肌の冷却や保湿を行ってくれます。また、入浴を控えてシャワー浴にしてください、とか飲酒は控えてください、などの注意事項の説明がされるので、指示に従うようにしましょう。

費用の目安

光脱毛にかかる費用は、ニードル脱毛や医療用レーザー脱毛に比べて、非常にリーズナブルな料金設定となっています。ただし、期間限定キャンペーンの有無など、サロンによって同じ部位同じ回数でも費用にはかなりの差があります。以下料金目安です。

<光脱毛の部位別の脱毛料金>
両ワキ 200円~20,000円
腕 3,000円~40,000円
脚 3,000円~40,000円
VIOライン 2,000円~40,000円

自宅でもできる、家庭用の光脱毛器の紹介

自宅でもできる、家庭用の脱毛器は各社から様々な商品が発売されています。中には効果が怪しいものもありますが、ここでは口コミで評価の高い商品をご紹介したいと思います。

光脱毛器<ケノン>

家庭用の脱毛器といえば「ケノン」が有名ですね。株式会社エムロックにより発売されています。

種類としては、「フラッシュ」脱毛になります。レーザーに比べて光の照射パワーが弱い分、痛みも少なく、照射できる範囲も広いのが特徴です。なお、レーザー脱毛できる家庭用の脱毛器には「トリア」という商品があります。

「ケノン」には、出力レベルが10段階ありますので、使用する部位や痛みの具合によって強さを調節することができます。ケノンはカートリッジ1つで20万回照射をすることができるので、続けやすいというメリットがあります。(本体を買ってもカートリッジがなければ使えません)さらに、ケノンは照射面積の広さでも群を抜いています。ほとんどサロンと変わらない位のおおきさになります。

光エステ<パナソニック>

安心のパナソニック製ということで、人気の「光エステ」。ただし、こちらは「光美容器」という表記になっており、「脱毛器」とは表記されていませんので、注意が必要です。

主な機能は2つ「トリマー」と「光ケア」です。トリマーは照射前の除毛をする際に使用します。要するにシェイバーのことですね。光ケアでは光を照射して毛が生えてくるのを抑えます。光の出力がケノンよりも弱いため、痛みを感じることはほとんどありません。使い続けているうちにツルツル肌になっていきます。ただし、お手入れをしなくなると徐々に毛の量は元に戻ってしまうそうです。

ケノンは7万円以上するのに比べて、光エステは2万円弱で購入することができます。消耗品であるカートリッジは約7千とケノンの約5千円よりも高く、カートリッジ1つの照射回数も少なくなっていくため長く使い続けるうちに費用の差はあまりなくなるみたいですね。

ミュゼプラチナムについて

ミュゼプラチナムについて

返金システムやキャンセル料なしなどもあり、口コミでは根強い人気を誇る「ミュゼプラチナム」です。特に、両ワキ+Vラインの回数無制限コースは人気が高いようです。昔に比べ、料金もかなりリーズナブルになってきているため、初心者にも通いやすいサロンだと思われます。2016年2月現在、全国に190店舗が展開されています。

一時は倒産などの噂がまことしやかにささやかれ、実際に返金の申し込みが増えて資金繰りが苦しくなった時期もありましたが、返金してくれない、などの噂が立つこともなく、経営が続けられています。

S.S.C.方式を採用

S.S.C.(Smooth Skin Control)方式と呼ばれる、肌に専用ジェルを塗り、脱毛器をあて光を照射する脱毛方法を採用しています。レーザー脱毛よりも光の照射を弱めたもので、脱毛効果はレーザー脱毛より劣りますが、痛みや肌トラブルは少なく、施術料金も安くなっているのが特徴です。

ムダ毛をカミソリかシェーバーで処理した状態で、特殊な光を当てます。1秒で約200本の毛に光を照射できるため、両ワキだけなら3分ほどでおわります。施術後2種間ほどで自然に毛が抜け落ちます。

約3か月に1度のお手入れを、5~6回繰り返したところで、毛が細くなって目立たなくなったのを実感できます。*効果には個人差があります。

光脱毛の施術の流れ

両ワキだけなら、約30分で施術完了です。おおよその流れは以下のようになります。

①肌チェック:肌とムダ毛の状態をチェックして、施術が行えるか判断します。(日焼けや色素沈着があると施術は行わない)また、ほくろなどに保護シールを貼ります。
②ジェル塗布:お手入れする部位に専用ジェルを塗ります。(これが冷たい)
③光を当てる:特殊な光をお手入れ部位に当てます。このとき、照射される光から目を守るゴーグルを装着します。(ゴーグルをしててもまぶしさを感じるくらい)
④クールダウン:冷却パットをあてて、お手入れした部位をクールダウンします。(これも冷たい)
⑤トリートメント:プラセンタエキス配合のミルクローションで潤いを与えてくれます。(自宅でのお手入れ用も販売されています)

まとめ

光脱毛についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

お金と時間がかかる割に効果はいまひとつ、だなんて嫌ですよね。でも、光脱毛の技術も進歩して以前よりも一度に短時間で広い範囲に照射できるようになってきているみたいですね。なんだかんだ悪い噂が立っても、多くの人が通っているのは実際に効果があるからでしょう。

なんと言っても、日々のお手入れを減らせるのは魅力的です。脱毛の効果は個人差が大きいようですが、時間がある学生のうちに通っておけば良かったなぁ、と個人的に思います。

合わせて読みたい!