セルフ脱毛が進化している!?5つのアイテムと最新脱毛機器!VIOもセルフで可能に!今話題のサロンの紹介

セルフ脱毛の昔のイメージはもう古いのです。今は進化しており、脱毛機器も色々と揃っていますから、自分に合ったタイプを使うことが出来ます。又、セルフ脱毛は自身が行う脱毛方法だけでなく、サロンにてセルフで行う脱毛法も含まれます。最近流行りのセルフ脱毛サロンとは、どんな施術内容なのか等を解説しています。

セルフ脱毛とは?

脱毛は、クリニックやサロンに通うものといったイメージが強く、実際のところ、効果の度合いからいっても安心安全で、生えてくる間隔も伸びてくるので、お手入れが楽になり魅力的です。しかし、費用的な問題から断念している人もいるでしょう。

そこで、注目されるのがセルフ脱毛であり、多くの人がこの方法で脱毛しているようです。脱毛の仕方も進化しており、最近では色々なタイプのセルフ脱毛アイテムが増えてきました。そこで、ここではセルフ脱毛が出来るアイテムや、VIOにも対応できる脱毛器の紹介、そしてセルフ脱毛サロンについて紹介していきます。

セルフ脱毛が出来る5つのアイテム

1.光脱毛器

セルフ脱毛と言うと、どうしてもカミソリやシェーバーが定番のようですが、やはり肌への負担を考えると、あまり効率的な方法とは言えません。その上、これらのアイテムは脱毛ではなくあくまでも除毛と言った見解なので、もっと効果的なアイテムを紹介していきましょう。

その一つが光脱毛器です。サロン等で導入されている脱毛方法ですが、自宅で手軽に出来るようにコンパクト化されています。元々光脱毛は、特に資格を有して施術が出来るわけではなく、出力が弱いので誰でも出来る方法ですから、家庭用脱毛器として販売されているのも納得できます。

出力が弱い分、肌にとってはとても優しい存在なので、敏感肌の人でも使えるといった点が、魅力と言えます。

2.レーザー脱毛器

本来レーザー脱毛器は、出力が高いので、医療機関にて医師の監修の元で施術を行わなければならないのですが、家庭用レベルに出力を低めに設定されているので、安心して使うことが出来ます。勿論使い方によっては、肌を痛めてしまい、火傷してしまうこともあるので注意が必要です。

光脱毛よりも効果を高めたい、でもクリニックに通うだけの費用は無い、と言った人には適していますし、1回の出費で済むので、何回も通うことを考えると手間が無くて便利です。日本人の肌に適した出力設定で、クリニック並みの効果を実感することが出来るでしょう。

3.除毛クリーム

光脱毛やレーザー脱毛程の効果は望めないものの、手軽に入浴の際等に出来るという点で魅力的なのが、除毛クリームです。これは脱毛と言う目的で使う物ではなく、あくまでも生えてくる毛を抑える、といった見解で使うクリームですので注意してください。

又、塗るだけで無駄毛処理が出来てしまう、という手軽さから人気がありますが、毛を抑える為の薬剤が含まれていることもあり、直接肌へ付けるものですから、敏感肌の人にとっては、肌へのダメージが気になります。赤くなったり腫れてしまうようなことがあれば、すぐに使用を止めて、皮膚科を受診してください。

4.ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、ワックスというとろみのある液体を、脱毛したい肌に塗ってしばらく放置し、剥がして毛を抜くといった脱毛方法です。引っこ抜くスタイルですから、痛みは多少ありますが、ワックスの液体によって痛みの度合いは違います。また肌が弱い人にとっては、肌ダメージから痛みが人よりも強く感じる可能性があります。

しかし使われている原料は、主にはちみつとレモンといったような、自宅で出来るナチュラル素材を使っていることが多いので、その点においては、肌にとっては安心安全優しい脱毛方法と言えます。自宅で手軽に脱毛することが出来る、ということで人気が高いのです。ちなみに、ブラジリアンワックスとは、アンダーヘアを全て、ワックス脱毛でツルツルにしてしまう脱毛方法を言います。

5.ヒーティングスタイル脱毛器

あまり聞き慣れない脱毛器ですが、ヒーティングスタイル脱毛器といった、セルフ脱毛器があります。痛くない新脱毛法として話題になっており、充電式でとても小型なので、持ち運べることでどこでも手軽に脱毛が出来る、といった魅力があります。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

脱毛といっても抜くのではなく、又剃るわけでもない、一体どんな処理法なのか?と思ってしまいますが、これは、熱せられたワイヤーによって、瞬時に無駄毛を焼き切ってしまう脱毛法です。肌から0.1mm手前のところを焼いてしまうので、シェーバーによるチクチク感もありませんし、肌を痛めることもないので、痛みが苦手と言う人でも手軽に処理出来ます。脱毛特有の痛みが苦手という人は、ぜひ一度使ってみてください。

VIO脱毛が可能なセルフ脱毛器は?

ケノン

VIO脱毛効果も期待出来るということで、話題の家庭用脱毛器と言えば、やはりケノンでしょう。女性だけでなく男性の濃いヒゲにも対応し、又ただ単に脱毛機能だけでなく、美顔器としての機能も高いので、脱毛とともに、すっぴん美人になる為にこれ1本で全てが揃ってしまいます。

専用カートリッジも販売されており、幅広タイプのカートリッチを購入すれば、一度に広範囲の照射が出来ますからオススメです。勿論家庭用脱毛器ですから、サロンやクリニックに比べると出力が弱くなりますし、正しい処理方法の元で行わないと、肌トラブルを引き起こしてしまうので、使い前にしっかりと使用方法を読み、事前準備の段階から徹底して行うようにしてください。

Lavie(ラヴィ)

口コミでも評判が良いLavieですが、他の脱毛器と機能性的にもあまり変わらないのに、値段が断然安いと
うことからも人気が高いようです。エステサロンや美容外科でも採用されているIPL方式で、日本人の肌の為に考案されている、国産製品なので安心して使うことが出来ます。

IPLは細胞・コラーゲン生成成分を促進させ、色素沈着を抑えて、出来てしまったニキビも改善してくれるので、デリケートゾーンであるVIO脱毛の後の、色素沈着も徹底して予防してくれるという強い味方です。7段階切り替えが付いていて、肌認識することで自動脱毛をしてくれるオート機能と、安全停止機能も付いているので安全です。

顔脱毛も可能

ケノンもLavieも、VIO脱毛が出来る家庭用脱毛器ですが、最もデリケートな部分の脱毛が可能ということから、顔脱毛においても対応出来ます。勿論顔も皮膚が薄くてダメージを受けやすい箇所なので、適した処理をしなければ肌トラブルを起こしてしまいます。

美顔効果機能も付いていますので、顔脱毛をしながら、潤いのある保湿ケアが出来ると言うことで、ケノンやLavieを購入すると良いでしょう。

今話題のセルフ脱毛サロン

セルフ脱毛サロンって?

セルフ脱毛というと、自宅で誰に会うことなく、手軽に処理することが出来るといったイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、これは脱毛サロンで行う施術法であり、豊富な知識と技術を持ったスタッフが適した施術を行うのではなく、ガソリンスタンドやレストランの、セルフサービスのサロン版といったところでしょうか。

セルフですから、自分で施術を行うことになるのですが、その分費用が安くなって、コストを下げたいという人にとっては、嬉しいサービスと言えます。ただし、本当に綺麗に施術が出来るのか、不安に感じてしまいます。サロンの高機能マシンを使って、自分のペースで脱毛をしたい、と言う人には向いている方法なのです。

セルフ脱毛の基本的な手順は、まず専門スタッフによる機器の説明を受け、脱毛したい箇所に専用ジェルを塗ります。マシンのライトを脱毛したい箇所に照射し、搭載されているクーリング機能やジェルでトリートメントをして終了です。取り扱う機器は割と使い方が簡単なので、すぐに覚えることが出来ますから、気軽に利用してみてください。

東京で有名なセルフ脱毛サロン

東京・新宿区にあるBabyFaceは、プチ脱毛サロンとして人気があります。自分で直感的に脱毛出来るハイグレードセルフ脱毛で、脱毛効果があるサロンに行きたいけど、自分の都合に合わせて脱毛をしたい、という人にオススメのサロンです。

脱毛未経験の人は勿論、脱毛中と言う人も、気になる箇所を自分でケアすることが出来るという手軽さが、人気の秘訣なのです。気になる箇所を組み合わせて、納得のいく脱毛が出来るのも魅力でしょう。

千葉で有名なセルフ脱毛サロン

千葉で人気の高いセルフ脱毛サロンは、「asian spa」です。最新の脱毛マシンを使って、自分で簡単に安く脱毛をすることが出来ます。以前プロに脱毛を任せていたけど、スケジュールが合わずに、結局途中で断念してしまったといった人も、自分のペースで脱毛が出来る点が魅力的です。

料金が安く、その上契約といった煩わしいこともないので、本当に気軽な気持ちでサロンに行くことが出来ますから、お友達と一緒に脱毛をすることも可能です。手の届かない場所は、スタッフによるヘルプサポートが充実しているので安心出来ます。お近くの人は一度、体験してみてはどうでしょうか。

まとめ

いかがですか?セルフ脱毛という言葉を、初めて聞くと言う人も多いかもしれません。一般的に家庭で出来る脱毛処理のことだと、間違った解釈をしてしまいがちですが、よく巷で聞くセルフと同じ意味があります。

脱毛サロンで、高機能脱毛マシンを自身で操作して脱毛をしていく、一見すると難しそうですが、マシン自体の操作は割と簡単なので、すぐ覚えます。その分安くなりますから、コスト面で脱毛サロンを諦めていたという人は、近くに専用サロンがあれば、是非一度体験してみてください。

合わせて読みたい!