耳ニキビの原因と4つの対処法。耳ニキビは腫瘍の可能性もある…?

耳の中、耳の周辺にニキビにお悩みではないですか??実は耳はニキビが出来やすい場所の一つです。耳にニキビなんて!!と少し落ち込みますよね!耳にニキビが出来てしまう原因や、対処方法をまとめました。そして、耳にきびだと思っていたものがニキビではなく腫瘍だったということもあるようです。 ニキビ以外の可能性もまとめています。

耳ニキビの原因

皮脂

耳にニキビができるメカニズムは、おでこやほっぺたにできるメカニズムと何ら変わることはありません。皮脂や汚れなどが原因となって、皮膚に常在しているアクネ菌によって引き起こされるのです。耳に指を入れてもらうと分かるのですが、耳の内部はともかく、耳の穴の外側の山あり谷ありみたいな部分は、意外とベタベタしています。

日本人のほぼ8割方は耳垢がさらさらしたタイプだと言われていますが、残りの2割は耳垢がベタベタしたタイプだと言われています。ちなみにベタベタタイプの人にはワキガが多いということですが、耳の中や周辺が湿っている傾向があり、耳ニキビが出来やすいことも考えられます。

ホルモンバランス

ニキビはホルモンバランスの乱れが原因となっている場合も多いようですが、ホルモンバランスの乱れは自律神経のバランスの乱れによってもたらされます。思春期のニキビではなくて、成人期以降の出来るニキビに関しては、ストレスなどが原因になっているのかもしれませんよ。

耳のニキビは単に汚れや皮脂によるものだけでなく、体が発しているサインであることも考えれます。ホルモンバランスの乱れの原因は、様々ですがストレス、生活習慣の乱れなどが主にあります。

耳の傷

耳ニキビの原因は耳の傷が原因で出来ている事もあるようです。ピアスの穴などもそうですが、その他にも意外と耳には傷が発生しやすいのです。たとえば、耳かきなどで耳の掃除をする際に気付かない間に耳の中に傷ができてしまっている事もあるのです。

そして、耳かきだけでなく爪で耳の中を引っかいたりしていることも考えられます。爪は雑菌がとても多いのでその雑菌が傷に入り炎症を起こしてしまう事が多くあるようです。雑菌が繁殖してしまうと、そこがニキビとなってしまいます。

耳は複雑な構造(でこぼこした構造)をしているので、いったんニキビが出来てしまうとなかなか治らなかったり、また再発してしまうと言われています。

シャンプーなどのすすぎ残し

耳ニキビの原因としては、頭を洗う洗剤もその要因として挙げられています。耳の中や耳の裏側はきちんとすすいだつもりでも、実は洗い流せていないことが多いのです。

そのことが耳ニキビの原因になっているのです。耳は複雑な形をしているので少し時間をかけて念入りに洗い流さないとどうしても残ってしまいますので意識してしっかりとすすぐようにしましょう。

イヤホン

イヤホンも耳の中のニキビの原因となっているようです。イヤホンはとても不衛生になりがちです。イヤホンは毎日使うという方もいると思いますが、イヤホンを洗ったりはしないものですよね。耳の中は皮脂もありますし、その皮脂がイヤホンについた状態で毎日使っていくと、雑菌が繁殖してしまいます。

その雑菌が繁殖したイヤホンを耳の中に入れるというのはやはりとても不衛生ですよね。このイヤホンがニキビの原因とはなかなか結びつかなかったかもしれませんが、耳ニキビの大きな原因の一つです。

寝具

枕などの寝具がニキビの原因となります。顔に出来るニキビも寝具が要因になっていますが、耳ニキビも同じです。枕は顔や耳に直接ついています。その為、皮脂や汚れが枕に移りやすいのです。枕カバーをマメに変えていれば雑菌の繁殖を防ぐ事が出来ますが、人によっては枕カバーをほとんど変えないという方もいるのではないでしょうか。

枕には髪の毛の汚れもついています。目には見えなくても色んな汚れが溜まっているのです。雑菌が繁殖しその雑菌が耳に入り込んでしまうことで耳ニキビへと繋がってしまうのです。

お酒やタバコ

アルコールやタバコはニキビの原因となりますが、耳ニキビもアルコールやタバコが原因となります。お酒を飲みすぎる事で胃や腸などの内臓に大きく負担がかかっています。内臓の不調は肌への不調と繋がります。耳ニキビが出来た場合は胃腸などの調子が悪くなっている事も考えられるようです。

また、タバコを吸うと「猛毒」であるニコチンの作用で血管が収縮します。血管が収縮するため血行が悪くなり、血行が悪くなれば栄養状態が低下します。血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、特に末梢部の血流が阻害され、それがニキビの原因にもなってしまいますので、過剰なアルコール摂取や喫煙は良くありません。

髪の毛の雑菌

耳たぶにニキビができるのは髪の毛が原因となっていることもあるようです。髪の毛は頭皮から出る皮脂や雑菌がついています。耳はその髪の毛が触れていることが多いでしょう。髪の毛についている雑菌などが耳につくことで毛穴に入り込んでしまいそれがニキビとなってしまうことがあるのです。

顔に出来るニキビも髪の毛が原因になっていることが多いですが、耳のニキビもそれと同じです。この場合は髪の毛がつかないような工夫をする事で改善される事が多いです。

耳ニキビを潰すのはNG!!

耳にニキビができるとかゆいし、痛いしとても不快ですよね。その為、気になってついつい手で触ってみたりつぶしたりしていまうこともありますよね。

しかしこの耳ニキビを潰すのはNGです。にきびを潰すと治るのも早いような気がしますし、耳の中や耳たぶにきびを潰すと膿もでてなんとなくスッキリした感じになるとおもいますが、指で潰すことは一番してはいけないことなのです。

耳のニキビを指で潰す事で血が出る事もあると思いますが、その傷に手の汚れなど、雑菌が入り込み逆に悪化してしまうことが多いのです。そうなると、一旦ニキビが治ってもまたすぐにニキビができてしまい、何度も繰り返してしまいやすくなってしまいます。気になってもニキビを潰すのは我慢しましょう。

耳ニキビを治すための4つのポイント

清潔に保つ

耳の中や耳たぶ、耳の裏などに出来る耳ニキビは痛みがあるのが大きな特徴です。そのままにしていても自然と治っていく事も多いですが、雑菌が繁殖しニキビが悪化しそのニキビの痛みが頭痛へ発展しまうことも少なくないようです。

このみみにきびが出来てしまったら、まずは耳の中を清潔な状態に保つことが大切です。シャンプーやトリートメントをしっかりとすすぎ落とすことはもちろんですが、耳の中も洗顔料などで優しく洗いましょう。その際もしっかり洗顔料をすすぎましょう。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

耳の中は水気が溜まってしまうので、お風呂上りに綿棒などでやさしくふき取りましょう。枕などの寝具もこまめに変えることも必要です。枕カバーを頻繁に変えるのがめんどくさいのであれば、枕の上にタオルを引いて寝るのもいいでしょう。その場合はタオルは毎日変えるようにするといいでしょう。

薬で治す

耳のニキビは悪化しやすく何度も繰り返してしまいがちです。清潔な状態にする事は一番大事ですが、それでも改善されない場合は病院に行く事もおススメします。耳の中のニキビの場合は皮膚科でなく耳鼻科がいいでしょう。

薬局などにもニキビを治す薬なども販売していますが、病院で処方される薬よりも効果があまり見られない事もありますので、病院で処方された塗り薬で治療していくとすぐに改善されることも多いようです。

耳ニキビは悪化しやすく、潰したりりすることでニキビ跡になってしまうこともあります。そうなる前に病院を受診してみましょう。早めの段階で治療することが大切です。

耳ニキビの洗い方とスキンケアを見直す

耳は簡単に洗っている方も多いと思いますが、耳の洗い方を見直してみましょう。耳の周辺を顔を洗うときと同じような柔らかい泡で優しく洗います。耳の中に泡が入らないように気をつけてください。

耳の後ろは髪の毛の汚れもつきやすいので汚れがたまりやすいので、洗い残しがないよう耳の裏までしっかりと優しく洗いましょう。洗った後はお湯で流しましょう。

そして、耳のスキンケアもしていくといいでしょう。耳は皮脂も多い場所ですが、それと同時に乾燥もしやすい場所です。化粧水やクリームなどを耳にもつけるようにするといいでしょう。その時にやさしくマッサージするよう塗りこんでいけば血行も良くなるので、ニキビ予防にもつながります。

生活習慣を見直す

ニキビが出来る原因はホルモンバランスの乱れなども大きく影響しています。先述したように、ストレスによってホルモンバランスに影響が出ることが考えられるので、睡眠不足や暴飲暴食など不摂生をしているとニキビが出来やすい状態となってしまいます。

ニキビ改善には規則正しい生活をすることがとても大切です。夜はなるべく遅くても12時までには寝るようにして、バランスのいい食事を心がけましょう。仕事や家庭でもストレスは溜まってしまいますが、そのストレスを溜めないようにリフレッシュする事も必要です。

疲れた心や体がリラックスできる時間を作ってみましょう。

耳ニキビ以外の耳のできもの

耳の粉瘤(ふんりゅう)

耳たぶにニキビが出来たと思っていたら、ニキビじゃなかったということもあるようです。ニキビだと思っていたものが痛みもさほどなく、耳たぶにぽこっとしたしこりのような物ができてなかなか治らないという場合は、ニキビではなく粉瘤(ふんりゅう)の可能性が高いようです。

粉瘤は珍しいものではないようです。粉瘤は良性のできもので、ほとんど害は無いようです。粉瘤は皮膚であればどこでもできる可能性がありますが、特に顔には発生しやすいということです。ピアスなどで不衛生な状態になり、それが原因となっていることが多いようです。

粉瘤は簡単に言うと、皮膚の下に皮膚でできた袋が出来て、そこに角質や皮脂がたまっていってしまう疾患のことです。最初はニキビのような小さいものですが、だんだんと大きくなっていきます。また、ニキビと違って自然に治ることはありません。

粉瘤の特徴は黒い点があることです。そこを圧迫するなかから膿の様なものが出てくる事もあり、その内容物はとても臭い場合が多いようです。その黒い点からヘ細菌が入ると炎症を起こしてしまいます。この場合痛みも伴うことがあるようです。

粉瘤は良性腫瘍ですが段々と大きくなってくることも多いようで、また、化膿して痛みが生じてくる事もあるので早めに皮膚科や形成外科で治療を受ける事をおススメします。手術による治療が多いようです。

耳の粉瘤の予防はやはり清潔な状態を保つ事が大事になってきます。ピアスをするなら、しっかり消毒をするようにしたり、耳をきちんと洗うことが予防に繋がります。

耳のしこり

耳ニキビだと思っていたものがリンパ節の腫れであるということもあるようです。耳の下にはリンパ節があり、感染症にかかるとリンパ節が腫れます。これがニキビのようになることがあるようです。このリンパ節の腫れは感染症が治れば良くなってきます。

また、人間の免疫機能の働きによって、「肉芽」が形成されることがあります。これはピアスによる耳への負荷が発端となっていることがあるので、改善が診られない場合は病院を受診する事をおすすめします。また、ピアスをするのを控えるようにしましょう。

このしこりで病院に行く時は皮膚科がいいでしょう。このしこりは痛くないことが多いですが、かゆいという症状を感じる方が多いようで、ついつい耳を触ってしまうこともあると思いますが、余計に悪化させてしまう事にもなりかねないので間違っても押しつぶしたりしないようにしましょう。

まれに悪性腫瘍の場合もあるようなので、自己判断は避け医療機関を受診するようにしましょう。

耳せつ

耳せつってあまり聞き慣れないと思いまが、「せつ」とはニキビと同じように膿の固まりのことをいいます。 耳せつの原因は耳かきや爪などの刺激によっての感染が多く、皮脂分泌が増える夏に時期に多いようです。耳せつはそのまま放置していても、せつが破れてうみが出ることで症状は落ち着き自然治癒する事が多いようです。

なかなか改善が見られない場合や痛みがひどい場合は病院を受診しましょう。飲み薬や塗り薬などでの治療になることが多いようです。通常は1週間くらいで改善していくようです。

まとめ

いかがでしたか?
耳は意外とニキビがとてもできやすい場所です。耳ニキビは、耳を清潔な状態に保つことが何よりも大切です。清潔な状態を保てていれば、ニキビの予防にもつながります。

耳ニキビは痛みもあったり、見た目もなんとなく不潔な感じがするので髪の毛で隠して、それでまた耳ニキビを悪化させてしまったりとかなり厄介ですよね。耳はケアも行き届いていない事が多いので、意識して、耳ケアもしていくようにしましょうね。

耳のニキビが悪化したりなかなか改善が見られない場合は、病院を受診する事も大切です。耳ニキビにお悩みの方は是非参考にして下さいね!!

合わせて読みたい!