唇のニキビの原因って?読めば安心!今日からできる正しい対処法7選!

ニキビは老若男女問わず、誰しも一度は抱えたことがある悩みの1つではないでしょうか。思春期で気になることはもちろん、社会に出るとニキビの存在が煩わしく思うことが多くあると思います。特に恋をしている時は「今すぐどうにかしたい!」と思うものです。そんな唇ニキビの正しい対処法をご紹介していきます!

唇の”にきび”が痛い

思春期でも大人でも悩まれている方は多くいます

生活の中で唇はよく動かす箇所なので、ニキビができると口を動かすだけでも痛いということありますよね。また赤くなっていて白い芯のようなものがあると、見た目も気にしてしまうと思います。唇は目が行きやすいので、特に気にする方が多いのではないでしょうか。

ニキビは女性に多く悩まれている問題ですが、男性でニキビに悩まされている人も意外と多くいらっしゃます。飲食の時にしみると感じた時はとても煩わしいですし、好きな物を食べれないとなると余計に辛くなるものです。正しいケアをして一刻も早くニキビを治しましょう!

唇のニキビがかゆい

ニキビをつぶすのはアリ?

唇のニキビがかゆい大きな原因は、乾燥と言われています。乾燥肌である人にとっては、とても大きな悩みになっていると思います。通常であれば保湿クリームを塗るなどして乾燥することを防げますが、唇の場合は、ぬるま湯で温めたタオルを唇に当てることが最も効果的と言われています。逆に温めすぎると、かゆみが増すので注意してください。

人目が気になり思わずニキビをつぶしたくなるという時もあると思いますが、腕で引っかいたりしてつぶしては絶対いけません。ニキビをつぶしていいかは賛否両論ですが、ニキビが治りやすい肌の人もいれば治りにくい肌の人もいます。正しい潰し方をしたとしても、自分の肌がニキビが治りにくいのであれば跡になるだけです。気になるとは思いますが、まずは”つぶす”のではなく、”治す”方法を探していきましょう!

唇にニキビができる原因

1.食生活の乱れ

好き嫌いが多い、食事に栄養のバランスがない、寝る前に食事を取るなどの原因で胃に負担がかかると唇にニキビがでやすくなると言われています。口と胃は食道で繋がっているので、胃の負担は唇にでやすいということになります。特に油ものなどは、皮脂の分泌が増えてニキビがでやすくなる大きな原因となっています。

食生活がニキビの原因となっている方は、できるだけバランスのよい食事をとることを心がけましょう。いつもの食事に野菜を一品入れるだけでもかなり変わってきます。また食事の後は唇をゆすぐなどして、唇を保護する方法もオススメです。食べた物が唇に残ったままだと、そこからニキビが出やすくなるからです。

2.口紅

仕事で疲れて帰ってきて、しっかり口紅を落としきれていないということはありませんか?口紅には多くの油成分が含まれています。そのため濃い口紅を使用し、落とし残しがあるとそれがニキビができる原因となります。口紅だけではなく、リップクリームも塗りすぎたり使用方法を間違えると、ニキビができやすくなる原因となる可能性もあります。

対処法としては仕事柄、口紅を使用しないということが難しいという場合は、色付きのリップクリームを使用することをオススメします。グロスは唇に1番負担をかけると言われているので、唇にニキビがある場合は特にグロスは避けることが大事と言われています。

3.睡眠時間が足りていない

『睡眠不足は美容の天敵』と言われるように睡眠時間が足りていないと、唇もまた荒れる原因となっています。肌は寝ている間に新陳代謝が行われるので、睡眠不足になると十分な回復ができないという事態に陥ります。その状態で食事を取ったりお化粧をすると、唇にニキビができる可能性は非常に高くなります。

もちろん睡眠を十分にとることが大事なのですが、睡眠時間を十分に確保するやり方は人それぞれ違います。ホットミルクを飲む、寝る前に食事を取らないことが代表的です。寝れないから言って布団の中でスマホをいじると、ブルーライトの影響で余計に寝れなくなるので注意が必要です。自分に合ったやり方で十分に睡眠をとることをオススメします。

4.ホルモンバランスの乱れ

ストレスが溜まるとニキビがでやすくなると言われています。それはストレスを感じると胃に負担がかかるため、皮脂の分泌をうまくコントロールすることができなくなるためです。女性の方は生理で胃がキリキリするという経験をされた方も多くいらっしゃると思います。

ストレスを感じやすい人は、ストレスを発散できる方法を探しましょう。買い物やスポーツで汗を流すなど、発散方法も人それぞれありますが、自分がやっていて楽しいと思うことを生活の中に取り入れると、ストレスを感じるということは少なくなります。

5.汗

唇だけではなく、肌全体で言えることですがよくスポーツをされる方は汗が肌に浸透し、しっかりとしたケアを行わなければニキビができてしまう原因になります。唇も例外ではありません。唇も肌の一部なので、当然他の肌と同じようにダメージを負っています。

対処法は、汗をかいたら唇も拭くように心がけましょう。こすると皮膚が傷ついてしまうので、あくまでぬぐう程度で抑えることがポイントです。運動が終わった後は、顔だけではなく唇もしっかりケアを行えば唇にニキビができるという事態は防げることになります。

唇にニキビができる意味

体の内側からの危険信号!

原因は分かりましたが、唇にニキビができることになにか意味はあるのでしょうか。実は唇にニキビができるということは、体の内からの危険信号であると言われています。体の中は普段の生活の中でいつでも見れるというものではありませんよね。その体の中の危険を唇が荒れることによって知らせてくれるのが、唇にニキビができるという結果となっています。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

では具体的に体のどこの危険を知らせているのでしょうか。それは先述でもご紹介させて頂いた『胃』です。唇にニキビができるということは「胃に負担がかかっている」という体の内からの合図なのです。原因はストレス、ホルモンバランスなど人それぞれですが、胃が悲鳴をあげているということに変わりはありません。早めに胃が快適な活動ができるようサポートしましょう。

唇にできた白いニキビ

白いニキビは簡単に治せます

ニキビにも色々な種類があり、白ニキビというのはニキビの初期段階のことを言います。一般的な段階として白、黒、赤、黄色という順番でニキビの症状があります。人によっては白から赤になったいう人もいると思いますが、白ニキビの場合は早めに処置をすればそれだけ早く治すことが可能となります。

そして最もニキビをつぶしたくなるのが、この白ニキビではないでしょうか。”唇のニキビがかゆい”でご紹介させて頂きましたが、確かにこの白ニキビは正しくつぶせば跡に残る確率も少ないです。しかし肌はみんながみんな同じ生活リズムの中で生活をしているわけではないので、どうしてもつぶしたい場合はやはり病院をオススメします。しかしできることなら、やはり自然に治したいですよね。実は白ニキビは簡単に治すことができるんです!

唇の白ニキビの治し方

簡単に治す方法は、”特別”なことをしないこと

この白ニキビの治し方はとても簡単です。しっかりと洗顔をしケアをするというだけです。白ニキビは他のニキビとは違い、ニキビの赤ん坊のような存在なので特別なことをしなくても治ることが特徴です。大きさも小さく発見も早いようであれば、治ることは時間の問題です。

ではなぜ白ニキビがなかなか治らないのかというと、早く治したいがために薬を塗ったり念入りに洗顔をしてしまうからです。薬を塗ると確かに治癒力が補強され治りやすくはなるのですが、白ニキビの場合は余計な成分をニキビに注入してしまうとニキビに拍車がかかり、余計に治りにくくなると言われているからです。気になって指で触るという行為も、雑菌が入るので治りにくくなる原因となっています。

唇のニキビに効く薬

1番大事なことは”体の内から治す”ということ

ニキビを治すということは、食生活の改善や正しい生活習慣を送ることにありますが、どうしても今すぐなんとかしたい!という時もありますよね。唇ニキビには専用の塗り薬や飲み薬が多数あり、特に医薬品のリップクリームは手軽に使えるので人気となっています。必ず唇に使用していいものかをしっかり確認して下さい。

また応急処置としてオロナインを使用するという選択肢もあります。オロナインには炎症を抑える効果があるのですが、唇は自然と舐めてしまうこともありますし、オロナイン自体に油成分が含まれているのであまりオススメはできません。あくまで応急として使用し、唇専用の医薬品を選ぶことをオススメします。

唇が腫れてきた!ちょっと待って!それはニキビじゃなくてヘルペスかも!

初期段階がニキビと似ているため、勘違いしてしまいます

ある日、鏡を見ると唇に”できもの”ができていた!「あーニキビか、洗顔してたら治るよね」と思うことは、とても日常的なことですよね。しかし唇にできものができた場合、ニキビととても似ているできものがあります。それは「唇ヘルペス」と呼ばれるものです。

唇ニキビと唇ヘルペスは初期症状がとても似ているため、自然治癒で治ると思われる方が多くいらっしゃいますが、実は唇ニキビと唇ヘルペスは大きな違いがありケアの仕方も全く異なります。唇のできものが長く治らないと感じている人は、唇ヘルペスの可能性が高いため、唇ニキビ用のケアでは治らないということになります。ではニキビとヘルペスの違いは一体何でしょうか?

ニキビとヘルペスの違い

ニキビは白い芯、ヘルペスは水ぶくれの集まり

ニキビとヘルペス、どちらも皮膚の炎症なので見た目は変わりません。ニキビの特徴は、白い芯があるようなできもののことを言い「白ニキビ」と呼ばれるものです。ヘルペスは数日経つと、水ぶくれのように膨れ上がりることが特徴です。この時に人によっては膿がたまり「黄色ニキビ」として唇が膨れ上がるケースもあります。

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まり、炎症性皮膚疾患のことを言います。ニキビも皮膚疾患のことなのでとても類似していると言えます。大きな違いは、唇に直にできものがある場合はほぼヘルペスであると言えることです。なぜなら唇には毛穴が存在しないため、毛穴が詰まり炎症が起こるニキビの症状には当てはまらないからです。唇と顔の境界線にできたできものは、ニキビである可能性もあります。

ヘルペスの対処法

皮膚科で診てもらいましょう

唇にできものができて、水ぶくれのような症状がでたらほぼ間違いなくヘルペスだと思ってください。1番恐ろしいことはヘルペスとは『ウイルス』なので人に感染するということです。とても身近なものだとタオルでも感染するので、とても注意が必要です。

ヘルペスの対処法は皮膚科の病院に行くことです。自然治癒ではまず治りませんし、何より人に感染する恐れがあるので放置することはとても危険です。早期に病院に行けば、塗り薬やビタミン剤などで治ります。放っておくとそれだけ治療、治癒ともに時間がかかるので、なるべく空いた時間を作り早期に病院で診てもらいましょう。

ヘルペスまとめ

・唇自体にできものができる
・水ぶくれのようになる
・感染する
・早期に病院で診察してもらう

男性必見!浴室でのヒゲ剃りは禁止!

菌が繁殖しやすい場所でのヒゲ剃りはNG!

男性がヒゲを剃る最も多い場所、それは浴室ではないでしょうか。シャワーを浴びているついでにヒゲを剃れば、顔も一気に流せるし楽でいいという意見が多いと思います。しかし風呂場は、湿気が多く菌が繁殖しやすい場所です。そこでヒゲを剃ると、肌が荒れる可能性が格段に高くなります。

また女性の場合でも産毛を剃るということがあります。産毛はそんなに剃るものでもないし、肌に何もつけないで剃ってもいいかなと思われがちですが、クリームなどを塗らずに剃ると確実に肌にダメージを与えますので、産毛を剃る場合もしっかり専用のケア用品を使用し行いましょう。

まとめ

ニキビは万年の悩みとされており、男女関係なく多くの方が悩まされていることと思います。特に男性の場合は、洗顔をすることが面倒くさく顔を強くこすって洗ってしまう方もいますが、肌は確実に傷ついています。しっかりと日頃からケアをすることでニキビの悩みは減らせますので、まずは生活の中に正しい洗顔を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また女性の方で「今までニキビはできたことないのに、いきなり・・」という方も多くいらっしゃいます。年齢を重ねるごとに肌の治癒力は低下していくので、ニキビに悩んだことがないという方も日頃からのケアをしっかりすることが大事なようです。

合わせて読みたい!