アットノンで傷あとが消えるの?本当だった効果と使えない場合とは

小林製薬の「アットノン」は傷あとを消す市販薬です。ユニークなネーミングで商品インパクトもありますが、その効果がかなり素晴らしいと評判です。本当に傷あとが消えるの?もしかしたら、顔のシミも消えるんじゃないかしら…なんて想像している人もいるかもしれません。

by カエレバ

アットノンで傷あとは本当に治るの?

CMでも目にする小林製薬の「アットノン」という薬。「傷あとが消える!」と評判です。「アット(傷あと)+ノン(ない)」という小林製薬らしいユニークなネーミングですが、本当に商品名の通りにノン(なくなる)になるのでしょうか?

「覆水盆に返らず」と諦めていた傷あとが消えるなら、とっても嬉しい効果ですね。じゃあ、ニキビ跡も消えるのかしら?もしかしたらシミも消えちゃったりするのかしら?傷あとは女性にとっては、大きな悩みの種です。消えるものならば、後悔や憂鬱と一緒にきれいに消してしまいましょう!スグレモノと噂の高いアットノンの実力、効用、使い方などを調査します。

具体的にアットノンの効果って?

コスメサイトでも「ニキビ跡が消えた」と口コミのあるアットノン。ではそのメカニズムはどの様なものなのでしょうか?美白化粧品などとは違うのでしょうか。

アットノンは第2類医薬品。第1類医薬品ほど副作用などの心配はないですが、薬剤師のいる薬局でしか買えないものですから、効き目としてはそれなりに強そうです。含まれる有効成分「ヘパリン類似物質」が以下の3つの作用をしてくれるのです。

傷口部分の角質を保湿して柔軟にする

ご存知かと思いますが、皮膚はおまかに言うと、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成っています。これらが火傷や虫さされ、刃物などで傷ついた時には、傷の近くの修復細胞がコラーゲンを作って直しますが、化膿したり血行が悪くて修復がうまくいかなかった時には、コラーゲンが異常に発生して赤みや盛り上がりになってしまいます。これが傷あとになるのです。

そんな時に「アットノン」を塗ると、ヘパリン類似物質がまずは「表皮」の水分を保ってくれます。乾燥しやすくなっている傷口部分の角質に水分を保持させ、柔軟性を与えてくれるのです。

血行を良くして新陳代謝を促進させる

そしてまた、ヘパリン類似物質は皮下組織にある血管に作用して、血行を促進します。血流の循環が良くなると皮膚の新陳代謝が促進されるのです。血行を良くして傷の回復をうながすのです。この作用があるため、まだ治っていない傷に塗ってしまうと出血につながるので、注意が必要です。

炎症を抑えて皮膚の正常化機能を回復

そして、皮膚の「真皮」の中で、炎症を鎮めます。「傷あとが残っている状態」というのは、「真皮内で炎症が慢性的に起こっている」ということですから、まずはその炎症を抑えて、同時に皮膚自体の正常化機能を回復させます。

どんな傷ならアットノンを使うといいの?

ではアットノンはどんな症状に効果を発揮するのでしょうか?得意な部分や消えやすい傷あとなどはあるのでしょうか?

残ってしまったやけどの跡

口コミやツイッターで「すごい!」と効果を絶賛しているのは、やげどの跡に使った人のコメントが多いように思います。やけどは、思いがけないシチュエーションで、思いがけない場所にできますし、黒くなりがちなので、気になる人も多いのでしょう。また、子供のやけどの跡は、お母さんも気になるものです。

一緒に料理をしていた時にうっかりフライパンのフチがこどもの腕に触れてしまった、なんていう時は”一生残る跡になってしまうかも”と、自分を責めてしまいますよね。そんなやけどの「うっかり」には、自責の念からも、きちんと毎日塗って対処したりするので、効果も出やすいのかもしれません。

背中や胸などのニキビ跡

身体にできたニキビは、ゴシゴシと洗っている時などに、つい潰してしまうことも多いですよね。特に背中などは見えない部分は気づかずこすって、跡になってしまったという場合も少なくありません。そんなニキビ跡にもアットノンは効きます。ただし、顔のニキビ跡やシミについては検証がなされていないそうなので、控えるようにしてください。

人にわかってしまうリストカットの跡

意外にも多くの声があがっているのが「リストカットの跡が消えた」というもの。一瞬の衝動で行動に走ってしまったリストカット、行為自体後悔するのはもちろんのこと、跡が残ってしまっては、嫌な過去を引きずってしまいそうで一刻も早く消したいものですよね。悲しい過去は忘れ、新しい毎日の一歩を踏み出すためにも、リストカットの跡が消せるのは、これからの生活を歩んでいく若者にとって、とても重要なことだと思います。

アットノンでも効果が見込めない傷がある?

傷ができてから3年以上経過している

いろいろな傷に効果があるアットノン。でも効果のない傷もあるようです。どのような傷には使わない方がいいのでしょう?
大昔に作ってしまった古傷には効かないそうです。でも「古い」ってどれくらい?メーカーによると、できてから1〜2年たった傷あとには効果あるそうです。それよりも経過してしまった傷あとには、効果が劇的に見えるという可能性は低くなるかもしれません。ただ傷あとによっては、全く効果がないというわけではないようです。口コミで、古い傷にも効果があったという人もいますし、使って悪いことはないので、試してみることはいいかもしれません。

ジュクジュクしている治りかけの傷

まだ治りきっていない傷には使わないでください。有効成分のヘパリンは血行を促進するとお伝えしました。つまりは血液を固まりにくくする働きがあるので、治りかけの傷に使うと、傷口から再び出血する恐れがあります。

まだ乾いていない、ジュクジュクしている傷や、かさぶたになっている傷はまだ治りかけの状態なので、使ってはいけません。かさぶたが完全に取れた後、赤み、赤茶といった色味が残り、盛り上がっているような傷口になってから使ってみてください。

顔のニキビやシミへの効果は不明

製品説明書には「顔面にあるやけどのあと、傷あと、かさぶたには使用しないこと」と記載されています。でも一番残って欲しくないのは顔の傷ですよね。メーカーとしては、実証実験の結果が出ていないということなので、副作用が起こっては大変なので控えるようにしてください。うーん残念。

アットノンの口コミ評価が知りたい!

実際に使ってみた人の口コミは信頼できますね。効果は肌タイプや傷あとの状態も大きく関わると思いますが、参考として紹介いたします。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ジェルの使用感が特に良い

ジェルの「さらっと」した使用感が、思いがけず心地よいと評判です。他にも「テクスチャが透明で伸びがよく、塗り心地が軽くて目立たない」という意見も。ただし、使用感に関しては、「アルコールのような匂いが気になる」というコメントがいくつかあることも、あらかじめ知っておくといいでしょう。

匂いが気になる人には、クリームタイプがおすすめです。ジェルのさらっとした使用感、クリームはしっとりとした使い心地が良いようです。それでは気になる効果のほどは?

ユニークなネーミング通り!傷がなくなる

コスメサイトでは「蚊に噛まれた跡や火傷の跡がきれいに! もう本当にすごく嬉しい!高い美白美容液よりはるかに効果を感じてます」との意見も。多くの女性に使ってもらいたいと推薦されています。「靴擦れのあとが治り、かかとがきれいになった」というコメントもありました。実はアットノン、「効能・効果」としても、”手足のひび・あかぎれ、しもやけ、筋肉痛・関節痛”なども記されているのです。思いがけない効果を得られた人もいるようです。

アットノンはどのくらいで効果が出るの?

数々の絶賛の声を聞くと、早くドラッグストアに走って買ってこなければ、と急かされますね。でも効果はどれくらいで出るのでしょうか?口コミでは、「1週間で」なんてコメントもありましたが…。

肌のターンオーバーの28日かけてじっくり

皮膚のターンオーバーは28日周期。まずはこの期間を目安に使うようにすると良いようです。すぐに効果が出る場合もあるようですが、通常はゆっくり経過を見てみましょう。

1日1〜数回すり込むように使うよう指示されています。この根気強く、丁寧な使い方もポイントのようです。傷の深さや経過した期間、個人個人の肌の質などにもよるので、「28日で治る」と断言はできませんが、できる限り継続的に使っていけば、じっくりと効果が出る場合が多いようです。

傷ができて2年くらいまでなら効果大

先にもお話ししましたが、1〜2年経った程度の傷ならば、メーカー側でも効果を確認しているそうです。なんでも治療は早め早めが功を奏すイメージがあるので、「2年」というのはだいぶ長い印象があります。傷ができた時って、「ま、自然な新陳代謝で、1ヶ月もすれば治るでしょ」と思っていたのに、意外に傷跡が残ってしまって焦ったりしますよね。そんな時の傷にはとっても効果的なのでしょうね。

効果を実感できた方がいる一方で、口コミでは「3年前の虫さされのしこりが治るかなと期待したのですがダメでした」というコメントもありました。古い傷に使ってはいけないということはないので、早くには目に見える効果を感じることができなかったり、効果を実感する日にちが通常よりも長くなることは知っておいて、試してみる価値はあると思われます。

そして、それ以上経過したものでも効果があったという意見も上がっています。「5~6年前からある小さくて茶色いしこりがあるようなシミには3~4ヶ月使い続けてしこりが無くなり、色も分からないくらい薄くなりました」「20年も前の手術の傷跡がかなり薄くなってきました!」などという驚きのコメントも!

しかし、シミ自体にアットノンが作用してなくなるということではなく、傷跡が原因で色素沈着を起こしたものであれば、効果が期待できるということです。あくまでも、紫外線のせいでできてしまうシミとは違とということを覚えておいてください。

アットノンを使用する時に注意する点は?

アットノン、今までの特徴やコメントを聞くと、かなり優秀なことが理解できます。ではさっそく使ってみましょう…と言いたいところですが、注意点をきちんと確認してからですね。

顔全般で特に目の周囲や口周りにはダメ

基本的に顔への使用はNGとされていますが、特に目の周囲は、とても敏感な部分ですので使わないようにしてください。また、ニキビ跡ややけどなどが顔にできてしまった場合は、とても気になるとは思いますが、想像以上にデリケートな目の周囲、使用はできません。

目の下のクマや目の周りの赤みなどは、ありがちな気になる肌トラブルですが、アットノンはそういった症状には適しません。塗り薬の場合、粘膜に使用できないのはほぼ共通ですね。

発疹やかゆみ、腫れなどがでたら使用中止

当然ですが、副作用が出た場合は使用はすぐに中止しましょう。アットノンで考えられる副作用は、皮膚において、発疹や発赤、かゆみや腫れが出ることです。使用を中止してその症状が治れば、そのまま薬は使用しないでください。かゆみなどが治らない場合は、医師や薬剤師に相談してください。

また、血液を循環させる働きがあるので、血友病や血小板減少症、紫斑病などといった出血性血液疾患のある方は、アットノンを使用してはいけません。

4種類のタイプから適したものを選んで!

「アットノン」の特徴も注意点もよくわかりました。さあ、さっそく買いに行こう!とドラッグストアに走ったら…あらら、アットノンのコーナーには、4種類もタイプがありました!さて、どれを選んだらいいのでしょう?

1.口コミでも人気のジェルタイプ

もっとも一般的で、販売数も一番多い、「元祖アットノン」がジェルタイプ。「さらっと」した使用感が思っていたより気持ちが良いと評判です。迷ったらこちらをチョイス。約80%のユーザーから満足だと回答があるそうです。

by カエレバ

2.しっとり感が良いクリームタイプ

しっとりしたクリームタイプ。アットノンは、傷あとを直すだけでなくて、ひじ、ひざ、かかとの角化症や手足のひび、あかぎれなどにも効きます。そんな部位にはしっとりしたクリームタイプで効果を実感できるでしょう。

by カエレバ

3.傷を隠しなら治すコンシーラータイプ

2016年4月から発売されたコンシーラータイプ。前述のように、アットノンで傷が消えるのは、皮膚のターンオーバーの28日の周期です。でも明日にでも消したいときは、化粧品などで上からカバーするしかありませんよね。

そんなニーズに応えるように登場したコンシーラータイプ。傷あとを、肌色のクリームで隠しながら直していきます。患部に塗ったら、コンシーラーのように、肌との境目をたたくようになじませるようにして使います。赤茶沈着した傷あとが上手に隠れるペールオレンジで、かなり馴染む色のようです。色白の人には少しだけ濃い色味かもしれませんが、その場合は手持ちの明るい色のファンデーションを合わせるといいかもしれません。

by カエレバ

4.広範囲の傷にはローションタイプ

コンシーラータイプと同時に、2016年4月に登場。伸びの良いローションタイプは、広くかきむしって残った傷あとなど、広範囲の傷あとにオススメです。容量も多いので、たっぷり塗りたい人はこちらが最適です。

by カエレバ

傷あとを消して気持ちも新たに

アットノンの優秀さ、知らなかった、ではもったいないですね。できてしまってから1〜2年の傷に効くという事なので、もっと早く出会っていればと思った人もいるかもしれません。タイプも様々あるので、使い方や傷の種類で使い分けてみてもいいですね。見るたびに後悔や憂鬱の元になる傷あとは、治るものならきちんと治してしまって、毎日を晴ればれと過ごしたいものです。

合わせて読みたい!