牛乳ダイエットは飲むだけでやせられる!その効果と失敗しないためのコツを大公開!

牛乳は優秀な飲み物ですよね。そのまま飲んでも美味しいですし料理にも使えます。でも沢山飲んでも太らないの?と疑問に思っている方も多いのでは?実はダイエット効果はあります。しかもダイエットだけではありません。栄養の豊富さからダイエット中にありがちな肌荒れやイライラもカバーしてくれて、体質改善もしてくれる力強いサポーターです。

飲むだけ!牛乳ダイエットの効果とやり方とは?

牛乳ダイエットは、食前にコップ1杯の牛乳を飲んで満腹感を得て食事の量を減らすダイエット方法です。牛乳に含まれる豊富な栄養素によって、ダイエットによる栄養不足を補ってくれます。

牛乳に含まれるたんぱく質は、ダイエットによる食事制限による筋力低下を予防し、ビタミンは脂質や糖質を分解・排出、カルシウムはダイエットを続けることのストレスを軽減してくれます。

牛乳ダイエットの効果

代謝があがる

簡単にダイエットしたいと考えた時、思いつくのは食事量を減らす事ではないでしょうか。確かに即効性はあるかもしれませんがリバウンドに繋がりやすいものです。根本的な方法として体内の代謝を上げて筋肉量を増やし脂肪がつきにくい身体作りをするという事が大切であると思われます。

牛乳にはその筋肉を作る為に必要なたんぱく質を豊富に含んでいます。筋肉をつけるために運動も行いつつ牛乳を取り入れるとより一層効果があるのではないでしょうか。

脂肪と糖質分解

ビタミンB群は脂肪や糖質をエネルギーとして燃焼する働きがあると言われています。このビタミンB群が牛乳に含まれています。せっかく運動をしても脂肪を燃焼せず筋肉が燃焼してしまったら意味がありません。運動と牛乳をうまく組み合わせると脂肪と糖質が燃焼されてダイエットに効果があるのです。そしてカリウムが脂肪の吸収を抑える働きもあるのです。

ストレス抑制

ダイエットがうまくいっている時は良いのですが、いまいち効果がないとイライラしたり不安定になってしまう時があります。カルシウムには興奮状態の脳神経を静める効果があります。しかし、そのカルシウムが不足していると骨や歯からカルシウムを補い脳神経へと使われてしまいます。ダイエットして骨や歯がもろくなってしまっては困ります。
牛乳からカルシウムを摂取してイライラ解消と骨や歯の強化を心掛けましょう。

牛乳ダイエットのやり方

ホットミルクに

胃腸の弱い人は、冷たい牛乳を飲むとお腹が痛くなるケースもあります。牛乳をホットミルクにすることでお腹に優しくなります。特にホットミルクは寝る前に飲むと血中のカルシウムの濃度が低下するのを防いで、興奮状態を押さえてくれるので、質の良い睡眠を促す効果が期待でるので、牛乳ダイエットではおススメのタイミングです。

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を活性化するので、脂肪の燃焼を促進する効果、肌を修復する効果、新陳代謝を促す効果が期待できます。

1ヶ月以上行う

牛乳ダイエットには即効性はありません。しかし続けることでしっかりとした効果が実感できます。どんなダイエットもそうですが、最低でも1ヶ月以上は続けるようにしましょう。平均して2~3㎏の減量が期待でき、太りにくい体質改善にも効果が期待できます。

牛乳は噛むように飲む

ダイエットの方法として食事の際に30回噛んで食べましょうと言われることがあります。これは沢山噛む事により唾液の分泌量が増えて満腹中枢が働きます。食べていないけれども胃に食べたと勘違いさせる効果があるのです。

食事前にまず牛乳を飲みます。飲むだけでも満腹感を少し得ることが出来るかと思われますが、これに沢山噛むという動作を加えるだけでさらに満腹感が出ます。そうすることにより食事量を少なくする事が出来るのです。

焦らないで!やりすぎは禁物です

牛乳がこんなに良いなら、今日から沢山飲んでさらに効果アップ!と考えてしまいがちなりそうですが、ちょっと待って下さい。何事もやりすぎは禁物です。牛乳はもともとそれほど低カロリーではない飲み物です。それを沢山飲んでしまったらダイエットどころか太ってしまいかねないです。食事前に1杯づつ飲むと想定して1日3杯にしておくようにしましょう。

牛乳ダイエットへ効果的な飲み方は?

食事前に

牛乳ダイエットの効果を出すには飲むタイミングも重要です。食事量を調整したいという理由と脂肪吸収への働きを考えると食事前に飲むのが一番良いと思われます。空腹時に噛むように飲むことによりその効果を最大限に出す事が出来るでしょう。

起床後と就寝前

ダイエットに便秘はつきものですし最大の敵です。食事量が減っていることもあり注意しないと便秘になりがちです。起床したら、まず牛乳を飲む事で胃腸を目覚めさせて活動させましょう。

カルシウムを夜摂取すると入眠効果があります。ぐっすり眠って睡眠不足にならないようにすることも大切です。睡眠不足がイライラを引き起こしダイエットの妨げにもなり兼ねないからです。

運動後

牛乳ダイエットの目的の一つでもある筋肉をつけて代謝を上げ、痩せやすい身体にするためにも運動後の30分の間に牛乳を飲むことをおすすめします。筋肉をつけるにはプロテインが用いられる事が多いですが、牛乳のたんぱく質の中に含まれているアミノ酸の働きで十分に良質な筋肉を作ることが出来るのです。

空腹時

牛乳には空腹感をやわらげる効果があります。そのため食べ過ぎや間食を防止することで、摂取カロリーを控えることができます。さらに牛乳には豊富な栄養素が含まれているので、同じ量の飲み物に比べると満腹感を得ることができ、ダイエットをサポートしてくれます。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

牛乳ダイエットは太る?痩せる?

牛乳のカロリー

普通牛乳は100gあたり66kcal、低脂肪の場合は100gあたり46kcalです。ひと口に「牛乳」といってもいろいろなものがあり、現時点での食品衛生法での表示には7つもの種類があります。もしかしてあなたが牛乳だと思っているものは牛乳でない可能性もあります。

正式に「牛乳」と呼べるものは生乳100%の無調整牛乳だけです。低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、成分調整牛乳、加工乳、乳飲料など見た目だけではわからないものも多いので必ず成分表などを見て確認しましょう。

普通牛乳より低脂肪牛乳のほうが痩せる?

普通の牛乳はカロリーも高めで脂肪も含まれています。その点、低脂肪牛乳はカロリーも抑えられて脂肪も少なめです。出来るならそちらを選びたくなるところですが、それでは牛乳ダイエットの効果を半減させてしまうのです。

牛乳にはそれなりに脂肪が含まれているのでコップ1杯で満腹感を得る事が出来ていました。しかし低脂肪牛乳には少ない為、期待出来るほどの満腹感はないと思われます。脂肪が全てダイエットの敵というわけではないのです。

低脂肪牛乳は成分調整牛乳といって牛乳を加工しているのです。それは苦手な人だったりカロリーを制限されている人向けに作っているからです。しかし加工の為に、その中にある牛乳ダイエットに必要な物質も摂取出来なくなると全く効果を得られなくなってしまうのです。

飽きずに続けられる!牛乳ダイエットレシピ

牛乳カルボナーラ

生クリーム不使用の、牛乳カルボナーラ。生クリームを使ったときの1/5のカロリーでおいしいカルボナーラができます。味の引き締めにシソを添えて。

●食材(1人分)
・しそ 10枚
・ベーコン(厚切り 2枚
・パスタ 60g
・塩 適量
<ソース>
・卵 1個
・牛乳 100㏄
・パルメザンチーズ 大さじ2
・粗引き黒こしょう 小さじ1/2

●作り方
①シソは千切り、ベーコンも細切りにします。
②パスタを表示よりも1分ほど短く茹でます。
③.オリーブオイルを熱したフライパンでベーコンを炒め、茹でたパスタを加えます。
④混ぜ合わせたソースを加えてよくからめ、お皿に盛ってシソをトッピングしたらできあがりです。

バナナミルク

朝ごはんにおすすめのレシピ。お好みでシナモンやミントを飾っても風味が楽しめます。腹持ちをよくするためには、ヨーグルトとバナナの量を増やしてみましょう。

●食材(2人分)
・バナナ 2/3本
・牛乳 350ml
・ヨーグルト 100ml
・砂糖 小さじ2
・はちみつ 小さじ1
●作り方
すべての材料をミキサーなどで混ぜ合わせ、氷を加えてできあがりです。

フルーツ牛乳かん

フルーツ缶を使った牛乳寒天のレシピです。砂糖は加えず、フルーツ缶のシロップを活用することでカロリーオフ。食物繊維の豊富な寒天によって、便秘解消効果も期待できます。食事の少し前に時間をかけて食べておくと、食事時には満腹感が得られ、食事の量を得らすことができます。

●食材(2人分)
・ミックスフルーツ缶 1缶(110g)
・粉寒天 2g
・牛乳1 50~200ml
・ハチミツ 適量
・ミントの葉 適量

●作り方
①ミックスフルーツ缶は、フルーツとシロップに分けます。
②シロップと合わせて250mlになるように牛乳を準備します。
③シロップを鍋に入れて粉寒天を加え、しっかりと溶かしてから火にかけます。
④牛乳を加えて混ぜ、フルーツの半分を混ぜて型に流して、冷し固めます。
⑤食べやすく切り、フルーツ、はちみつ、ミントの葉とともに盛り付けてできあがりです。

牛乳ダイエットの注意点

牛乳は手軽に飲めて安価。1年中価格も安定していますから、ダイエットとしてはお金もかからず続けやすいというのが特徴です。しかし注意点もあります。それは飲む量です。

牛乳には、いろいろな栄養素が豊富であるとともに、それなりのカロリーがあります。
といってもコップ1杯で130kcalですから、20代の女性が1日に摂取する必要があるというエネルギー量の1割にも満たないのですが、それでもお腹が空いたからといって何杯も飲んでしまえば、それだけカロリーを多く摂取することになります。

牛乳ダイエットのひとつの決まりとして、一日に飲む量はコップ3杯、600㏄を限度として飲むように注意したいものです。

まとめ

小学生のときには給食でよく飲んでいた牛乳。最近はサッパリ飲まなくなってしまったという社会人の人も多いのではないでしょうか。

そもそも味が苦手だったり、アレルギーの為であったりという理由もありますが、やはりカロリーが高いからという理由も見逃せないかと思われます。カロリーの高さには栄養が豊富な点が挙げられます。しかしその中にはダイエットにも効果があるものが含まれているのです。

最近ではダイエットサプリや人工のもので痩せようとする人が多くなっています。痩せる為だけの目的で作られたものなので即効性や効果も期待出来るかもしれません。しかし自然のものでダイエットするほうが身体には優しいと思いませんか?

ダイエットの基本は続けること。急激なダイエットやお金がかかるダイエットは続きません。身近な「牛乳」を見直してダイエット計画に取り込んでみてはいかがでしょう。

合わせて読みたい!