脱毛ジェルって必要?無しだと意外なデメリットが!効率的に使うコツと市販のVeet(ヴィート)の特徴も紹介!

脱毛ジェルってあまりよく知られていないのですが、クリニックや脱毛サロンで施術を行う時に、肌ダメージを抑える為のジェル効果と、脱毛・除毛・抑毛効果のあるジェルがあります。効率的に使うコツと市販されているVeetの特徴について紹介しています。

脱毛ジェルって必要?

脱毛ジェル無しだとどんなデメリットが?

脱毛をする際に肌の摩擦からダメージを避ける為に、ジェルを使うのですが、サロンやクリニックによっては使うところとそうではないところに分かれます。ジェルを使わないと言うことは肌へのダメージを考えるとあまりより良い方法ではないと思ってしまいますが、具体的にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

直接照射をすることで、熱による無駄毛の打破により毛根から燃える形なのですが、この燃えた臭いが直接鼻に届くので、とても臭く感じます。ジェルが間にあることで臭いが緩和されていたのですから、この臭いに不快感を持つ人は多くなります。又、ジェルの成分には保湿効果もあるので、施術後のダメージを受けた肌を優しくケアする為にも必要なのです。

乾燥肌の人は特に注意しなければならないでしょう。

効率的に脱毛ジェルを使うコツ

業務用ジェルを使う

自宅で手軽にできる家庭用脱毛器を利用する場合、肌へのダメージを抑える為に脱毛ジェルを使うことになります。市販された一般の脱毛ジェルも良いのですが、やはり出来るだけ肌トラブルを避けるために、プロが使っている業務用ジェルを使うと良いでしょう。

脱毛サロンやクリニックで使われているものですから安心安全で、そして高い効果が望めます。「HAジェル」は格安で購入できる業務用ジェルで、ヒアルロン酸をはじめとして様々な保湿成分や抗炎症作用に有効な成分が豊富に配合されています。自宅でフラッシュ脱毛をしている人は是非一度使ってみてください。

冷たいジェルが効果的!

脱毛ジェルは肌を守る為に必要と分かっていても、どうしてもあの塗った時のひやっとした感触がとても冷たくて苦手!と言う人も多いのです。しかし、このひやっとした冷たいジェルこそが効果を発揮します。脱毛サロンやクリニック等で初めて脱毛する人はあまりに冷たさにびっくりするほどです。

初めてで緊張しているところへ冷たいものは特に感じやすいので、体が震えるほどの人もいます。なぜ冷たいのかと言うと、冷蔵で保存されているからです。特にフラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも効果が弱いと言われており、ジェルを塗ることで肌を守りながら効率的に脱毛が出来るように工夫されているからです。

冷え性の人にはちょっときついのですが、我慢して回数を重ねていくと慣れてくるでしょう。

口コミ情報を参考にする

自宅で家庭用脱毛器を使用する場合にもクリニックや脱毛サロンを利用する場合にも、選ぶ際に参考になるのが口コミ情報です。実際に体験している先輩の生の声がそのまま載っていますので、まさに生きた教科書となってくれるからです。

なので、脱毛を始める前にしっかりと口コミ情報を見て見るように心がけてください。ただし、それはあくまでも参考程度にとどめることが大事です。なぜなら、ネットには嘘偽りを平気で投稿する人もいますから、内容を全て鵜呑みにしてしまうのは危険です。

脱毛サロン・クリニックで脱毛ジェルは効果があるのか?

脱毛エステの場合

脱毛ジェルを使うと、冷たすぎることや拭き取る時に痛みを感じる、時間がかかると言ったデメリットもあるので、人気が低い点もありますが、逆に無しになってしまうと、肌ダメージが酷くなり脱毛効果も低下しそうと言ったイメージを持っている人も多いのです。

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ジェルを使っているサロンは脱毛ラボ、銀座カラー、エタラビ、TBC、ミュゼ等が挙げられます。逆にジェルを使っていないのはキレイモ、ジェイエステ等となっています。こう見るとジェルありのサロンの方が多いようです。光による照射は熱を持つことになり肌が軽い火傷状態になる程ほてりますから、この熱を取る為にも脱毛ジェルはとても効率的なのです。

クリニックの場合

クリニックの場合、高機能マシンを導入していることもあり、冷却装置が入っていることで、施術中も患部を冷やしながら脱毛すると言った効率的な方法で施術が可能です。その為、脱毛ジェルによって肌を守り、熱を冷ますような必要性は少なくなります。

全てのクリニックではありませんが、それでも多くのクリニックはマシン機能で十分対処出来るので、脱毛ジェルを必要としていない所が多いのです。勿論、施術後は軽度の火傷状態なので適したアフターケアが必要ですが、初めてクリニックを利用すると言う時は、どんな機械が入っているのかしっかりと調べた上で脱毛をしましょう。

市販の脱毛ジェルランキング上位のVeet(ヴィート)の特徴

1. Veet(ヴィート)」の効果

脱毛器による肌のダメージを抑える為に必要な脱毛ジェルですが、本来の脱毛効果(抑毛効果)を持った脱毛ジェルも市販されています。それがVeet(ヴィート)です。カミソリやシェーバー等で処理してから塗ると、再度生えてくる間隔が遅くなり、徐々に毛が薄く目立たなくなってくるのです。

勿論個人差はありますが、お風呂上りに毛の流れに逆らって塗ることで、後は特に何のケアも必要無いのでとても楽にお手入れが出来る点が魅力でしょう。

Veet(ヴィート)の成分

抑毛効果は期待できても、含まれる成分が肌に良くなければ意味がありません。そこで気になるVeet(ヴィート)の成分は、天然植物成分が主となっている点です。だからこそ肌ダメージを抑えて、敏感肌の人でも優しく毎日使うことが出来るわけです。無香料なので匂いも気にすることがありませんし、デリケート肌の大人だけでなく小さいお子様でも使うことが出来ます。

又、肌へのダメージオフだけの成分ではなく、肌を内側からツルツルにピカピカに美肌を作り上げる成分も配合されているので、無駄毛を抑えながら美肌効果もゲット出来るのです。

使用を止めると元通り?

せっかく無駄毛が目立たなくなり綺麗なツルツルボディになっても、Veet(ヴィート)の使用を止めてしまったら又元に戻ってしまうのではないかと不安に感じている人も多いでしょう。しかし実際はそのままの状態をキープすることが出来るようです。

勿論個人差はありますから一概には言えませんが、無駄毛は普段の生活リズムの狂いから、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが不安定になることで男性ホルモンが増えてしまうと、どうしても体毛も濃くなってくるので、又再発する恐れもあります。

出来れば普段使うローションといった考えで、毎日使い続けることをお勧めします。

サロン推奨の脱毛ジェル

一般的に販売されていますが、これは全国200店舗展開している大手ボディケアサロンで会員向け商品として採用しているハイクオリティ仕様となっている脱毛ジェルです。その為、今までは一般の人が手にする事が出来なかったのですが、このサロンレベルのジェルが家庭で使うことが出来るようになったのです。

勿論個人差はありますし、すぐに効果を実感できるものではありませんが、長く使い続けることで徐々に無駄毛の状態の変化を感じることが出来るでしょう。

まとめ

いかがですか?脱毛ジェルはサロンやクリニックで脱毛施術の際に使う肌ダメージを抑える目的のジェルもあれば、脱毛・除毛・抑毛の働きを持つジェルもあります。即効性から言うとサロンやレーザーで脱毛をする方が良いのですが、肌への負担も増えるのでこういったジェルを塗る措置は大事な要素です。

最もより良い方法はサロンやクリニックで施術をした後で、脱毛ジェルを使って肌ケアをしていくことで、何もしないでサロン・クリニック脱毛をするよりも高い効果が期待でき、通う回数も減らすことが出来るでしょう。お金に余裕があれば、セットで試してみてください。

by カエレバ

合わせて読みたい!