ブロッコリーダイエットとは?オススメな「5つ」の理由とより効果を高める方法!お勧めのレシピ・口コミや注意点などご紹介!

ブロッコリーダイエットというのを聞いたことありますか?ブロッコリーは栄養満点でダイエットに最適な食材と言われています。なぜ、ブロッコリーがダイエットに最適なのか?その効果とは?これから紹介したいと思います。

ブロッコリーダイエットとは?

ブロッコリーダイエットとはブロッコリーを食べるだけの、いたってシンプルなダイエット方法です。

ブロッコリーを食べるだけといっても、毎食ブロッコリーだけ食べるわけではなく、いつもの食事にブロッコリーを取り入れる方法です。

ブロッコリーは栄養豊富でダイエット中にありがちな肌荒れ、貧血、便秘など様々な不調を補いながら、健康的に痩せることが期待できるすばらしい食材なのです!

ブロッコリーダイエットが効果的でおすすめな5つの理由

食物繊維で便秘解消

ダイエット中は食べる量を減らしたり、食事の回数を減らしたりで便秘になりやすくなります。特に女性はダイエットをしてなくても悩んでいる方も多いと思います。

ブロッコリーには便秘解消に良い、「食物繊維・ビタミンC・ビタミンB郡」が多く含まれています。

食物繊維は脂質を吸収して体外には排出する働きがあります。ビタミンCにはお腹の中の善玉菌を増やしてくれる働きがあり、ビタミンB郡は自律神経に作用し、便の排出を促します。

ブロッコリーはただ食物繊維が豊富だけではなく、それ以外にも便秘解消に良い成分を含んでいるので、便秘で困った時にはブロッコリーを摂取すると便秘解消が期待できると言えます。

ダイエット中の貧血予防

ダイエット中にありがちな貧血の防止にも効果があると言われています。ダイエット中は食事制限などで、貧血を経験され方も多いかと思います。

ブロッコリーには葉酸、ビタミンB12、鉄分など貧血を予防する働きのある成分が含まれています。

特に、ほかの野菜に比べると、鉄分が豊富に含まれていて、鉄分の吸収を助けるビタミンCと造血作用のある葉酸、ビタミンB12もたくさん含まれていることから貧血の予防にも効果的といえます。

日頃から貧血気味の人は特に食べておきたい食材と言えます。

脂肪肝の予防にも

ダイエットには肝臓の機能が重要とも言われています。肝臓の機能が低下すると、体の代謝が落ち、肥満や脂肪肝の原因になってしまう恐れがあるのです。

ブロッコリーには「スルフォラファン」という成分が含まれています。
「スルフォラファン」には肝機能をアップさせる働きがあると言われています。肝機能がアップすると、脂肪や糖質がどんどん分解され、体の代謝がよくなり肥満の防止になるのです。
他にも肝機能以外の効果もあるようなので、ご紹介しておきます。

「スルフォラファンの効果」
・解毒作用
・抗酸化作用
・花粉症抑制
・ピロリ菌除菌
・内蔵脂肪の蓄積を防止

このように「スルフォラファン」は様々な効果が期待できるようです。

ブロッコリーダイエットでは腹筋が効果的!

ブロッコリーは筋トレに相性の良い食材と言われています。

ブロッコリーには、筋肉を付けるために必要なタンパク質を、かなり豊富に含んでいます。低カロリーで高タンパクなので、筋トレの時やダイエットの時にとても心強い食材なのです。

そして、ブロッコリーには女性ホルモンの一つであるエストロゲンの働きを抑える効果があります。エストロゲンは、筋肉の発達を妨げ、体脂肪の貯蓄など筋トレにはマイナス要因になってしまいます。

エストロゲンの働きを抑えると逆に男性ホルモンの一つであるテストステロンの働きを高めることができます。テストステロンが活発になると、筋肉がつきやすくなるので、筋トレの効果をアップすることが期待できるのです。

ダイエット中の肌荒れ防止にも!

ダイエット中は栄養が偏ることが多く、肌荒れの原因にもなります。

ブロッコリーには皮膚の粘膜を保護するビタミンA、シミ、ソバカスや免疫力に効果のあるビタミンCの他、ビタミンK、ビタミンE、カロテンなど美肌成分も豊富に入っているのです。

特にビタミンCは野菜のなかでもトップクラス!

このように、ブロッコリーがダイエットに効果的である事と、栄養豊富なのでダイエットにおすすめな理由なのです。

ブロッコリーダイエットの方法は簡単!

毎日の食事にブロッコリーを取り入れるだけでOK!

いつもの食事にブロッコリーを添えるだけでいいのです!
ブロッコリーの一日の摂取量の目安は100g程です。(1株の目安300g~400gぐらい)

ちょっとブレイク!
wake編集局
こちらの記事も多くの読者さんに読まれています!

【30代40代必見】胸大きくなった?女性ホルモンのせい?原因3選と女優バストUP法もご紹介!

2017.01.19

顎ニキビがひどい!痛い!治すことはできる?6つの原因と治し方3選!

2017.01.11

ブロッコリーはネガティブカロリーフード(食べれば食べるほどカロリーを消費する食材のこと)に含まれていますので、食べるだけでも効果は実感できると思います。

初めに食べよう!”ブロッコリー”

ダイエット中だと好きな物を好きなだけ食べることは難しいかと思います。食事の際に食べる順番を工夫するだけでダイエットの効果を上げることができます。

まず、ブロッコリーなどの野菜類を先に食べてから、お肉などダイエット中に食べるのを迷ってしまう高カロリーな食材を摂ることです。野菜に含まれる繊維質でお腹が膨れますので、その後に食べるお肉類などは少ない量で満足感が得られます。更によく噛んで食べれば、満腹中枢が刺激されて食事に対する満足度が上がります。ブロッコリーは歯ごたえのある野菜ですので、その効果も多く期待できます。

ブロコリーダイエットの効果をもっと実感するために

ブロッコリーの栄養を逃さず食べる

ブロッコリーは茹でるとせっかくの栄養が流れてしまいます。栄養をなるべく逃がさず食べるには、蒸したてを食べたり、もし煮込んでも、スープなどで溶け出した栄養ごと食べるなど、栄養を逃さず食べることがとても大事です。

まるごと食べて美味しく嬉しいブロッコリー

ブロッコリーは、柔らかく食べやすいつぼみの部分だけを食べる方が多いかもしれません。実は、ブロッコリーの茎は、甘味が強くてとても美味しいのです。また、歯ごたえがありコリコリとした食感を楽しめます。更に栄養や食物繊維が豊富に詰まっていますので、茎もつぼみも一緒に食べてみてください。丁寧に噛み砕くことにより、ダイエットの効果も上がりますよ。

30回を目安に!ブロッコリーを噛み砕く

噛む回数にもダイエットの効果の向上につながる目安の回数があります。ひとくちをおよそ30回咀嚼して食べるといいそうです。ゆっく咀嚼して食べたことにより、脳へ食事に満足したことが伝えられ、満足感が得られます。

細かく噛み砕かれた食べ物は、消化が良くなったり、栄養の吸収も上がるようです。ダイエットの効果として注目される新陳代謝を上げる働きなどがあり、ブロッコリーに多く含まれる”スルフォラファン”は、何回も咀嚼することで細胞が壊されて体内への吸収率が上がります。

ご飯をブロッコリーと差し替える

糖質制限のダイエットとして、ご飯の代わりにブロッコリーを食べるという方法もあります。短期間で効果を実感したい方におススメの方法です。

筋力アップに効果的な組み合わせ

ブロッコリーは筋トレに効果的と言うはなしをしましたが、もっと効果を実感したいなら、ささみとブロッコリーの組み合わせが効果的です。ボディビルダーやアスリートなど肉体改造の際によく用いる食材とも紹介されていたりします。

ささみは高タンパク質で低カロリーなので、ささみとブロッコリーの組み合わせは最適と言えます。
筋トレ後にはタンパク質を補うと効果が高いようなので、食べるなら筋トレ後がいいようです。

手軽に冷凍ブロッコリーでダイエット

手軽に取り入れやすいのでオススメなのが、冷凍のブロッコリーです。
すぐに調理ができて、毎日摂るのに手間が省けて続けやすいのが特徴です。野菜は季節や市場によっては値段が高くなることもありますが、冷凍ブロッコリーは安定して手に入れることができると思います。

ブロッコリーダイエットを実践する上での注意点!

ブロッコリーの食べ過ぎは嫌な臭いの原因に!

せっかくダイエットをして美しくなろうとしているのに、嫌な臭いがしてしまったら残念なことです。というのもブロッコリーは生臭い魚のような匂いの成分”コリン”が含まれているのです。

過剰に食べ過ぎてしまうと、体からコリンの臭いがしてしまうことがあるようです。ダイエットに良いからといって、ブロッコリーばかり食べるのは避けて、バランスの良い食事となるように気をつけましょう。

食べ方によっては低カロリーではなくなるので注意!

ブロッコリーは低カロリーですが、食べ方によっては効果がマイナスになってしまいます。
例えば、ブロッコリーにマヨネーズをかけて食べたりすると、マヨネーズのカロリーが高いのでせっかくの低カロリー食材が台無しになってしまうのです。

因みに、マヨネーズのカロリーは、「マヨネーズ10g=70キロカロリー」なんです。
できるだけ少しにするか、塩などで食べるようにしたほうが良いです。
しかし、塩もかけすぎると、水太りになる可能性があるので、やはりかけすぎ注意です!

甲状腺が気になる方は注意!

「甲状腺機能低下症」が気になる方は、ブロッコリーの食べ過ぎにご注意ください。「ゴイトロゲン」が影響する場合があるようです。ブロッコリーを沢山食べ過ぎると”だるい”などの症状がでることがあります。何か変化を感じた場合には、摂取を控えたほうが良いでしょう。

ブロッコリーのカロリーは?

ブロッコリーのカロリーは100gあたり33キロカロリーです。非常に低カロリーで栄養豊富ですが、だからと言って食べ過ぎには注意してください。

ブロッコリーダイエットにおススメのレシピ紹介!

ブロッコリーのごまあえ

材料 ブロッコリー ごま かつお節 醤油

〈作りかた〉
1ブロッコリーを食べやすい大きさにカットする
2ブロッコリーをレンジで蒸す
3蒸したブロッコリーにごま、かつお節、醤油を加え和える

ブロッコリーのごまあえは、簡単にできて且つ、レンジを使って蒸しているので栄養も壊すことなく食べれるお手軽なレシピです!毎日続けるのに最適だと思います。さっぱりしているのでペロリと食べられちゃいます!

ささみとブロッコリーのサラダ

材料 ブロッコリー ささみ 酒 好きなドレッシング

〈作りかた〉
1ブロッコリーは一口大に切って水洗いする
2ブロッコリーをレンジで蒸す
3耐熱皿にささみと酒を入れてラップしてレンジで蒸してほぐす
4ブロッコリーとささみを混ぜて好きなドレッシングをかける

筋トレ向きのレシピです。ジムのトレーナーもすすめるレシピでもあります。ドレッシングはダイエット中の場合はノンカロリーなどを選んだほうが良いと思います!ブロッコリーの茎も忘れず調理してください。先程もご紹介しましたが、食べるのは筋トレ後がいいと思います。

ブロッコリーダイエットの口コミは?

まとめ

ブロッコリーダイエットについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ブロッコリーは低カロリーに栄養満点で便秘解消からダイエット効果に加え、美肌や免疫力の向上など幅広くサポートしてくれる食材なのです!

「ブロッコリーを毎日食べるには飽きる」という声もたまにありますが、そんな時はお休みしても良いのではないかと思います。イヤイヤするダイエットより楽しくダイエットした方が達成できると思います。

ダイエット中の人も今から始める人も、頑張って理想のボディを目指してください!

合わせて読みたい!